「まれに見る力作だ」
ポン・ジュノ監督、宇垣美里、水道橋博士ら
各界著名人の絶賛コメント&監督メッセージ動画到着!

アジア・フィルム・アワードで2冠(主演男優賞・新人監督賞)に輝くなど、アジアの各映画賞を席巻中の話題作『声もなく』が、2022年1月21日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開となります。このたび、各界の著名人から絶賛コメントとホン・ウィジョン監督よりメッセージ動画が到着しました。

アジア・フィルム・アワードはじめアジアの各映画賞を席巻!
若手スター俳優ユ・アインが、本作で韓国の主演男優賞を総なめに!

世界が注目する韓国映画界において、若手演技派の筆頭株として知られるユ・アイン(『バーニング 劇場版』)が、無名の新人監督の低予算のオリジナル脚本作品に出演したことが韓国での公開前から大きな話題となっていた本作。

ユ・アインは、一切セリフがない難役に、体重を15kg増量して挑み、ベテラン俳優たちをおさえ韓国のアカデミー賞と呼ばれる青龍賞で最優秀主演男優賞を受賞し、韓国のゴールデングローブ賞とも称される百想芸術大賞では最優秀演技賞を受賞した。

さらには、アジア各国の映画が対象となるアジア・フィルム・アワードでは、『すばらしき世界』の役所広司もノミニーに並ぶなか見事最優秀主演男優賞を獲得するなど、主要映画賞を総なめにしている。

また、自身によるオリジナル脚本によって監督デビューをはたした1982年生まれのホン・ウィジョンは、犯罪映画の常識を覆すユニークな演出と個性的なキャラクター描写で、切なさとアイロニーの入り混じる全く新しいサスペンス映画を作り上げ、青龍賞と釜日映画賞、アジア・フィルム・アワードで新人監督賞を受賞。さらに百想芸術大賞では新人の枠を超え監督賞を受賞。

ホン監督は、その巧みな演出力とともに、社会性とエンターテインメント性を見事に融合させた脚本も高く評価されており、青龍賞、百想芸術大賞、アジア・フィルム・アワードで脚本賞にもノミネートされた。世界各国の映画祭で話題をさらった『はちどり』(18)のキム・ボラ監督と並ぶ、80年代生まれの女性監督が彗星のごとく現れた。

思いがけず誘拐犯になってしまった男と、身代金を親に払ってもらえない少女。
社会から疎外されて生きる者の邂逅を切なく描く珠玉のサスペンス。

貧しさゆえ犯罪組織からの下請け仕事で生計を立てる口のきけない青年テインと相棒のチャンボクは、身代金目的で誘拐された11歳の少女チョヒを預かる羽目になり、期せずして誘拐犯罪に巻き込まれていく。犯人と人質という関係でありながら、社会に居場所を持たない彼らはいつしか疑似家族のようになっていくが、彼らの“誘拐”は予測不可能な事態へと向かっていくーー。

本作は、「期せずして誘拐犯になってしまった男」と「女児であるがゆえに親に身代金を払ってもらえない少女」、出会うはずのなかった者たちの巡り合わせを切なく描き、韓国社会で生きる声なき人間たちの孤独感を浮き彫りにした珠玉のサスペンスだ。

ポン・ジュノ監督を筆頭に著名人からの絶賛コメント、ホン・ウィジョン監督からのメッセージ動画が到着!

そんな本作をいち早く鑑賞した各界の著名人からコメントが到着した。『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督は「善悪の境界がそもそも存在しないかのように、『声もなく』は我々の道徳感を麻痺させる。(中略)まれに見る力作だ」と称え、芸人の水道橋博士氏は「この映画の味わいには声もなく、『大傑作!!』と心で叫びたい。」と大絶賛。

「82年生まれ、キム・ジヨン」などの韓国文学翻訳家の斎藤真理子氏も「間違いなく、誰も見たことがないような誘拐映画」と驚きを表している。

ホン・ウィジョン監督はメッセージ動画の中で「日本の映画と日本のアニメをたくさん観て成長しました。日本で公開されるのは大変光栄です」と日本公開への喜びを語っている。

到着コメント一覧

<順不同・敬称略>
ポン・ジュノ(映画監督)
善悪の境界がそもそも存在しないかのように、
『声もなく』は我々の道徳感を麻痺させる。

延々と続く奇妙なユーモアにクスクスと笑っているうち、
じわじわと忍び寄る悲しみと恐怖に、観客は驚がくする。
我々の人生は、実際にこういうものではないかと…
改めて振り返るのである。

韓国のスーパースター、ユ・アインの驚きの変身と、
共演者たちのすばらしいアンサンブルが
ホン・ウィジョンという新鋭監督の演出によって
絶妙な調和を織りなす。
まれに見る力作だ。

水道橋博士(芸人)
スリラー×コメディ。
『レオン』×『ソナチネ』
数々の名作の掛け合わせを想起させる、
この映画の味わいには声もなく、
「大傑作!!」と心で叫びたい。

石井裕也(映画監督)
15㎏増量、つまりは本気を出したスター俳優と自由な感性の新人監督の融合。
こういう組み合わせは普通ありえない。
だから観たこともないような異様で新しい映画が生まれる。

宇垣美里(フリーアナウンサー)
口きけぬ男と誘拐された少女の束の間の家族ごっこ
それはあまりにも幸せそうに鮮やかで
シニカルな視線の分だけ輝きを増して
現実との落差が切なく苦しい
貧しさに寄り添うのは犯罪だけなのか
声は届かぬものなのか

樋口毅宏(作家)
ここ近年、独走の感がある韓国映画だが、また大きく引き離されてしまった。
『パラサイト 半地下の家族』、『イカゲーム』の次はこれだ。正真正銘の大傑作!

斎藤真理子(韓国文学翻訳家)
間違いなく、
誰も見たことがないような誘拐映画。
シーンとシーンの間の無限の奥行きがすごい。
『声もなく』以後、誘拐ものを撮る人は大変だと思う。

松崎健夫(映画評論家)
悪しき者の善意は報われない。
所詮それは、悪しき物事の土台の上に乗っかった善意でしかないからだ。
ならば、悪しき土台を打ち砕くほどの善意であれば適うのだろうか?
そんな“声なき”灰色の善悪論と不条理が、我々の胸を締め付ける。

金承福(クオン出版社・韓国の本専門店チェッコリ 代表)
ユ・アインが扮するテインは喋れない、社会の一人として位置づけられてない、
動きにスピードもない。そのテインが最後に動き出す。猛スピードで走り出す。
この映画を選んだユ・アインはすごい。

枝優花(映画監督•写真家)
ここに確かに存在しているはずなのに。
まるでいないかのように過ごす日々はどんなに苦しいか。
声を上げることもできず、この行き場のない想いをどうしたらいい。
寂しさと希望と絶望と光が何度も交錯していた。
私たちは決して1人で生きることはできない。

古家正亨(ラジオDJ)
わずか90分という上映時間に
韓国社会の縮図を収めた
新人監督とは思えないその手腕に驚嘆。
丸まった背中、メタボな腹回り、頭を撫でる仕草・・・
ユ・アインの“声なき”熱演は
むしろ現代が抱える闇、
そして、それらに関わる人々の
“声なき声”を感じさせる。

『声もなく』 監督メッセージ&予告編映像

あらすじ

犯罪組織から命令され死体処理などの裏稼業で生計を立てる、口のきけない青年テイン(ユ・アイン)と相棒のチャンボク(ユ・ジェミョン)。ある日、犯罪組織のボス、ヨンソクからの無茶な命令で、身代金目的で誘拐された11歳の少女チョヒ(ムン・スンア)を1日だけ預かることになる。ところが、依頼をしたヨンソクが組織に始末され、ふたりは予期せず誘拐事件に巻き込まれていくことに…。

キャスト

ユ・アイン『バーニング 劇場版』
ユ・ジェミョン「梨泰院クラス」
ムン・スンア

監督・脚本

ホン・ウィジョン

製作:キム・テワン『Okja/オクジャ』
撮影:パク・ジョンフン『悪女/AKUJO』
音楽: チャン・ヒョクジン&チャン・ヨンジン『鬼手(キシュ)
編集: ハン・ミヨン『藁にもすがる獣たち』

2020年/韓国/韓国語/99分/ビスタサイズ
原題:소리도없이 
英題:Voice of Silence
レイティング:G

配給:アット エンタテインメント
公式HP:koemonaku.com
© 2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & LEWIS PICTURES & BROEDMACHINE & BROCCOLI PICTURES. All Rights Reserved.

2022年1月21日 (金)
シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー!