家族や夫婦の在り方を考えさせられた…

1/15(土)より新宿K’s cinemaにて公開となる映画『なん・なんだ』に多くのコメントが寄せられました。

下元史朗&烏丸せつこが演じる、40年連れ添った夫婦がこれまでの人生、これからの生き方について真剣に向き合い、リスタートするまでを描いた本作。愛とは?家族とは?夫婦とは?ということについて、本作を観て考えさせられたというコメントが届いている。
なん・なんだ,画像
また初日1/15(土)には新宿K’s cinemaにて、主演の下元史朗、烏丸せつこなどキャストが登壇する舞台挨拶の開催が決定!

コメント全文

■東出昌大(俳優)
歪でも生きて行く。
騙し、怒り、憤り、罵り合い、愛とは何かを考え続ける。
歳を重ねることが楽しみになりました。

■高橋伴明(映画監督)
ラストの集合写真に泣けてくるのはなぜだろう。ばらばらの家族、なのに確り繋がっている家族。そして妻の不倫相手までが仲良く写真に収まっている。愛と業……これは”赦し”の映画なのだろうか。だとしたら、赦しが孕む残酷さに泣けるのかもしれない。 

■瀬々敬久(映画監督)
日本映画、ピンク映画を見続けてきた寺脇研プロデューサーのケツの拭き方をしっかりと見届けた気がした。若き山嵜監督は誠実に立ち向かっている。下元さん、烏丸さん、佐野さん、三人を見ているだけで感慨深い。本当のことというのは小さな処に宿るのだろう。逆にそれが果てしなく大きく思えた。

■茂木健一郎(脳科学者)
人がひととして生きるときに出会う面倒な「伏流」や感情の「山脈」をたんねんに深く描いた作品。すれ違っても人とひとは和することができるし、幸せにもなれる。ぼくはこの映画の画面から伝わる「質感」が好きです。

■前川喜平(元文部科学事務次官)
夫婦の40年は全て偽りだったのか?それでも、一緒にもつ鍋を食べた。子育てもした。笑顔で写真も撮った。それだけでいいじゃないか。いつか全て忘れる。いつかみんな死ぬ。薬師如来は全て見てくれている。

■三島有紀子(映画監督)
折り重なる地層のように、女は隠し事の澱をためていく。男は空虚の澱に沈んでいく。だけど、澱を見つめられる者同士が、“家族”なのかもしれない。人生の最期、記憶が薄れて行く中で誰の名前を呼ぶのか。
 心に響きました。

■緒方明(映画監督)
自分の事にしか興味のない監督が撮った映画が多い今、山嵜監督は他人しか描かない。熟年夫婦。認知症。長年の不倫。どれも山嵜にとっては「他人事」だろう。しかし他人事の中に自分を見つけようとする探求こそが映画なのだと思う。他人をキッチリと見つめた演出力が随所に光る映画が誕生した。

作品詳細

10年ほど前、自殺しようとしていたおじいさんを止めた経験から、老いた人間の残された時間の生き方についていつか描きたいと考えるようになった、という監督の思いが一本の映画として結実した。

結婚してもうすぐ40年になる三郎と美智子。ある日、文学講座に行くと出かけた美智子が何故か遠い京都で交通事故に遭い昏睡状態に。途方に暮れる中、美智子の趣味だった残されたカメラを現像してみると見知らぬ男の姿が映っていた。困惑した三郎は娘の知美とともに、浮気相手探しの旅を始める――。
なん・なんだ,画像
メガホンを取るのは、前作『テイクオーバーゾーン』(19)において東京国際映画祭で、その才能を高く評価された山嵜晋平。誰にでも訪れる「老い」や「夫婦」であること、「家族」であることを題材にした監督の原案を妻の秘密に触れ、そこから過去を辿っていく夫という40年を経た夫婦のさよならと始まりの物語に昇華させたのは、『戦争と一人の女』(12)や『さよなら歌舞伎町』(14)を手がけた脚本家の中野太

全編を支える柱である夫の三郎の哀歓を見事に演じきるのは、『痛くない死に方』(20)での好演が記憶に新しい下元史朗。ピンク映画史上の最高傑作『襲られた女』(81/高橋伴明)など数々の業績を残してきた名優が、妻への不審に心を揺らす男の哀しみを見せてくれる。
なん・なんだ,画像なん・なんだ,画像なん・なんだ,画像
妻・美智子には、『四季・奈津子』(80)で日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を受賞し、近年はNHK連続テレビ小説「スカーレット」でも、その存在感を確かなものにした烏丸せつこ。本作ではW主演として、長年連れ添った妻の部分と女である部分を見事に演じきっている。
なん・なんだ,画像
娘役に『岬の兄妹』(19)にて、高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞した和田光沙
なん・なんだ,画像
さらに脇を固めるのは、喉頭癌手術で声帯を失うも、『バット・オンリー・ラヴ』(16)で監督、主演復帰を果たした佐野和宏
なん・なんだ,画像
日本映画の全盛期から現在まで役者人生を貫く名女優、三島ゆり子。まさに実力派俳優がそろって、若手監督の新しい一歩を支える。
なん・なんだ,画像
本作が描くのは、年を重ねながら生きていく男と女が、自らに「何なんだ!」と苛立ったり、「何なんだ?」と迷いながら道を探しあぐね、それでも「(そんなもん)なんなんだ!!」と、その先に見えてくる光を掴もうとする姿である。
なん・なんだ,画像なん・なんだ,画像なん・なんだ,画像

『なん・なんだ』予告編映像

キャスト

下元史朗 烏丸せつこ
佐野和宏 和田光沙 吉岡睦雄 外波山文明
三島ゆり子

企画・監督

山嵜晋平

プロデューサー:寺脇研
脚本:中野太 
音楽:下社敦郎
助監督:冨田大策 
撮影:山村卓也 
照明:神野誉晃 
録音:篠崎有矢
美術:三藤秀仁 
衣装:米村和晃 
メイク:木内香瑠

デザイン:成瀬慧 
【2021年/日本/DCP/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ/107分】

ARTS for the future! 補助対象事業

配給・宣伝:太秦
公式HP:nan-nanda.jp
(C)なん・なんだ製作運動体

1月15日(土)新宿K’s cinemaほか全国順次公開