全米3週連続No.1
全世界累計興行収入は13億ドル(約1578億円)突破!

全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム2022年1月7日(金)より全国の映画館にて公開される!

全米累計興行収入歴代TOP10作品となった!

現地時間12月17日(金)に公開スタートし、全米におけるオープニング興行成績としては『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて歴代2位となった本作!

公開3週目の週末3日間(2021年12月31日〜2022年1月2日)の興行収入は5602万3590ドル(約64億円)となり、全米3週連続No.1を達成した!全米における累計興行収入は6億1360万0664ドル(約706億円)となり、『インクレディブル・ファミリー』を抜いて、全米累計興行収入歴代TOP10作品となった!

さらに、2022年1月2日(日)までの全米以外の海外では、累計興行収入7億5900万ドル(約873億円)となり、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は13億7260万0664ドル(約1578億円)となり、『ブラック・パンサー』を抜いて、全世界累計興行収入歴代12位に浮上した。
(※1/4付Box Office MojoおよびDeadlineおよびVariety調べ、1ドル=115円換算、1/4現在)

いよいよ日本でも「スパイダーマン」旋風を巻き起こす!

本作の第一弾予告編は、<公開後24時間の視聴数>が全世界で3億5550万回を記録し、これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編となった。日本でも劇場前売券の発売日から3日間の売れ行きが、驚異の前作対比376%のシリーズ最高記録を更新。全世界でのビッグヒットとともに、いよいよ日本でも「スパイダーマン」旋風を巻き起こす!

世界中に正体が開かされてしまったピーター・パーカー。ピーターがスパイダーマンだという記憶を人々から消すために、危険な呪文を唱えたドクター・ストレンジ。その結果、マルチバースの扉が開かれ、過去シリーズのヴィラン達がスパイダーマンに襲い掛かる!最大の危機に晒されたピーターの「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに、彼が下す選択とは――。今、ここに全ての運命が集結する!

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告編映像

キャスト

トム・ホランド
ゼンデイヤ
ベネディクト・カンバーバッチ
ジョン・ファヴロー
ジェイコブ・バタロン
マリサ・トメイ
アルフレッド・モリーナ
ウィレム・デフォー
ジェイミー・フォックス

日本語吹替版声優
榎木淳弥(スパイダーマン/ピーター・パーカー)
銀河万丈(ドック・オク/オットー・オクタビアス)
山路和弘(グリーン・ゴブリン/ノーマン・オズボーン)
中村獅童(エレクトロ/マックス・ディロン)
三上哲(ドクター・ストレンジ)
真壁かずみ(MJ)
ネッド(吉田ウーロン太)

監督

ジョン・ワッツ

脚本

クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ

製作

ケヴィン・ファイギ
エイミー・パスカル

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:https://www.spiderman-movie.jp/
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

1月7日(金)全国の映画館にて公開!