クイーン、デヴィッド・ボウイも訪れた音楽スタジオの秘話

1970年代から2000年代にかけて、ブリティッシュ・ロックの名曲を次々と生みだした伝説の音楽スタジオ、ロックフィールドの歴史を辿るドキュメンタリー映画『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』が、2022年1月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開いたします。

ウェールズの片田舎にある農場を世界初の宿泊可能な滞在型音楽スタジオに改修したキングズリー&チャールズ兄弟の軌跡を振り返ると共に、豪華ミュージシャンが続々と登場し、彼らがそこでどのように過ごし、どのように楽曲を制作したか、自らの言葉で知られざる名曲誕生の秘話を明かす。

<12.17(金)19時解禁>【予告編】『ロックフィールド』2022年1月28日より全国順次公開

あの名曲はどのように生まれた?

“ロンドンから西へ230キロ”という文字と共に、どこまでも緑が豊かな広大な土地に佇む農場が映し出される場面から始まる。ここが伝説の音楽スタジオ、ロックフィールドだ。その後、ブラック・サバスがまだ無名だった時代に初めて使用したスタジオであることを明かすオジー・オズボーン。

フレディ・マーキュリーの思い出を語るのはオーナーのキングズリー。シンプル・マインズのジム・カーは、デヴィッド・ボウイ&イギー・ポップとのエピソードを満面の笑みで話す。ザ・ストーン・ローゼズはここに14ヶ月滞在し、名盤「セカンド・カミング」を作りあげる。「やっとうまれた」と当時を振り返るのは彼らを世に送り出したプロデューサー、ジョン・レッキーだ。

ザ・シャーラタンズのティム・バージェスは「あの農場で俺たちだけの世界を作った」と思いを馳せ、「ノエルとよく揉めた」とオアシスのリアム・ギャラガーが平然と話す。コールドプレイのクリス・マーティンは名曲「イエロー」誕生の瞬間について触れる姿が映し出される。

クイーンがこの地で「ボヘミアン・ラプソディ」をレコーディングしたことが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でも描かれていることから、ファンの間では聖地のような存在として親しまれているロックフィールドだが、アーテイストの数だけ様々な物語があり、本編ではどんなエピソードが飛び出すのか楽しみな内容となっている。

『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』予告編映像

あらすじ

今から50年以上前。ウェールズの片田舎で音楽好きの兄弟キングズリーとチャールズが家業の酪農場を引き継ぐ。当時エルヴィス・プレスリーに夢中だったふたりは、農場の仕事の傍ら、屋根裏に録音機材を持ち込み、大胆にもレコーディングスタジオを作ってしまう。

当初は友人らと使用する目的だったが、空き部屋を宿泊施設に改修したことで、兄弟は無意識に“世界初”の宿泊可能な滞在型音楽スタジオ、ロックフィールドを設立。図らずもまたたく間に情報が広がり、バンドマンが録音したい場所として国際的な注目を集め出すが……。

キャスト

キングズリー・ウォード、チャールズ・ウォード、オジー・オズボーン、ロバート・プラント、リアム・ギャラガー、クリス・マーティン、ティム・バージェス、ジム・カー

監督

ハンナ・ベリーマン

撮影:パトリック・スミス
編集:ルパート・ハウスマン
音楽:アレクサンダー・パーソンズ

2020年/イギリス/ドキュメンタリー/96分/シネスコ/2.0ch/原題:Rockfield:The Studio on the Farm /日本語字幕:大塚美左恵
配給・宣伝:アンプラグド
公式HP:https://rockfield-movie.com/#
© 2020 Ie Ie Rockfield Productions Ltd.

2022年1月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開