快進撃止まらず、日本映画では62年ぶりの快挙

西島秀俊主演、村上春樹の短編を映画化した濱口竜介監督最新作ドライブ・マイ・カーが現在公開中。

この度、現地1月9日(日)PM6:00〈日本時間10日AM11:00〉に開催された第79回ゴールデングローブ賞授賞式にて、本作が非英語映画賞(旧・外国語映画賞)を受賞しました!!

日本映画として同映画賞の非英語映画賞の受賞は実に62年ぶりの快挙。(ノミネートは2019年の是枝裕和監督『万引き家族』以来3年ぶり)。アカデミー賞®の前哨戦の一つともいわれる同映画祭。本戦への期待もますます高まっている。

『ドライブ・マイ・カー』国内外で続々受賞!

既報通り、本作は現地1月8日(土)〈日本時間9日(日)〉に発表された第56回全米批評家協会賞でも、作品賞、監督賞(『ドライブ・マイ・カー』『偶然と想像』の2作品に対して)、脚本賞、主演男優賞(西島秀俊)の主要4部門を受賞

これまでに第74回カンヌ国際映画祭にて日本映画初の脚本賞を含む4冠を受賞したのち、第94回米国アカデミー賞®国際長編映画賞部門ショートリストに選ばれている本作。ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞作品賞・脚本賞・監督賞次点、ボストン映画批評家協会賞にて西島秀俊の最優秀男優賞を含む4冠の獲得など、世界中で既に35以上の賞を受賞している。

さらに国内外のメディアが選ぶ、2021年ベスト作品でも次々上位にランクイン。主演の西島秀俊は<New YorkTimes>〈VanityFair〉、〈SlantMagazine〉にてベストパフォーマーのひとりに選出されており、〈TheFilmStage〉では1位を獲得。同サイトでは三浦透子もベストパフォーマー12位に選ばれるなど、本作キャストにも世界から注目が集まっている。

日本では公開されるや「大傑作!美しいラストシーンに涙がこぼれた」「今年No.1!」「時間を忘れて見入ってしまった」「観るたびに発見がある、3回見ても足りない!」などSNSでは熱量のある口コミとリピーターたちの感想が溢れ、8月の公開から5か月近く各地でロングラン上映が続く盛況ぶり。都内劇場でも満席が続いている
ぜひ劇場にて、ご覧いただきたい。

『ドライブ・マイ・カー』作品情報

妻との記憶が刻まれた車。孤独な二人が辿りつく場所――。
俳優であり演出家の家福は、愛する妻と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさきと過ごすなかであることに気づかされていく――。原作は、村上春樹による珠玉の同名短編小説。この作品に惚れ込み映画化を熱望、自ら脚本も手掛けるのは、いま世界が最も熱い注目を寄せる気鋭・濱口竜介監督。カンヌ映画祭コンペティション部門に選出『寝ても覚めても』、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞を果たした短編集『偶然と想像』、脚本を手掛けた『スパイの妻』がヴェネチア映画祭銀獅子賞に輝くなど、国際的な舞台でその名を轟かせてきた。 主演を務めるのは日本映画界に欠かせない名優、西島秀俊。みさきを三浦透子が演じるほか、岡田将生、霧島れいか、と実力派俳優陣が集結した。

『ドライブ・マイ・カー』90秒予告編映像

キャスト

西島秀俊
三浦透子 
霧島れいか
パク・ユリム 
ジン・デヨン 
ソニア・ユアン
ペリー・ディゾン 
アン・フィテ 
安部聡子
岡田将生

監督

濱口竜介

原作

村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」 (短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)

脚本

濱口竜介 
大江崇允

音楽

石橋英子

製作:『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント

2021/日本/1.85:1/179分
レイティング:PG-12
配給:ビターズ・エンド
公式HP:dmc.bitters.co.jp
©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員

全国大ロングラン上映中!

【ご紹介のお願い】シカゴ国際映画祭、濱口竜介監督作品ダブル受賞_『ドライブ・マイ・カー』