短編映画『異物』『適応』『増殖』『消滅』の4篇が繋がった

『黒い暴動♥』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那健一監督が手掛けた短編映画『異物』(出演:小出薫、田中俊介 他)、『適応』(出演:石田桃香、吉村界人、田中真琴 他)、『増殖』(出演:宮崎秋人、ダンカン、高梨瑞樹)、『消滅』(出演:小出薫、田辺桃子)の4作品が繋がった映画『異物 -完全版-』が、2022年1月15日(土)よりユーロスペース渋谷ほか全国順次公開します。

数々の海外映画祭及び映画賞で入選&受賞を続ける
宇賀那健一監督の最新作!

『異物 -完全版-』は、エロティック不条理コメディの短編映画『異物』からはじまる、4つの短編作品が繋がった長編作品です。<『異物』シリーズ>は、トリノ映画祭、モントリオール・ヌーヴォー・シネマ映画祭、エトランジェ映画祭などを筆頭に米国アカデミー賞公認映画祭3つ、英国アカデミー賞(英国映画テレビ芸術アカデミー)公認映画祭3つ、カナダのアカデミー賞(カナダ・スクリーン・アワード)公認映画祭2つ、スペインのアカデミー賞(GOYA)公認映画祭1つのコンペを含む(情報解禁前の映画祭を含め)20ヶ国70以上の映画祭及び映画賞で入選しています。

今回は本作の劇場公開に向けて、宇賀那監督と交流のある、内田英治監督(『ミッドナイトスワン』『獣道』)、上田慎一郎監督(『カメラを止めるな!』『ポプラン』)、長久允監督(『WE ARE LITTLE ZOMBIES』『DEATH DAYS』)、菊地健雄監督(『ハローグッバイ』『体操しようよ』)より応援コメントが到着しました。

応援コメント

内田英治(映画監督)
ストーリー展開がとても観念的であり、引き込まれて行くというよりは、考えているうちに終わってしまう。そんな映画である。80年代B級ホラーが好きな私には、唸ってしまう楽しいBテイストな描写を楽しみながら、ああだこうだ小難しいことも考えてしまった。そんな映画である。とにかく、コロナウィルスという未知の「異物」が、我々の様々な共同体や、人間のつながりを変えてゆく今の時代に、本作を見たことは大きいのかもしれない。

上田慎一郎(映画監督)
なんだこの脳をくすぐる面白さ!
白黒で描かれる白黒つけられない不条理劇。
あの“異物”とはなんだったのか?
人によって喜劇にも悲劇にも映る鏡のような作品。

長久允(映画監督)
純怪奇映画だ。中でも『適応』が好きです。ダウンバイローをみてるんじゃないかと錯覚しました。わけがわかりません。とても好きです。

菊地健雄(映画監督)
またしても宇賀那監督がやってくれた!怖いんだかエロいんだかお茶目なんだか分からない「あいつ」に気がつけばすっかりヤラれてた。嗚呼、深くて下らないB級スペクタクル!最高です!!

『異物-完全版-』予告編映像

あらすじ

何かが噛み合わないカップル、カオル(小出薫)とシュンスケ(田中俊介)。そんな日々に不満を抱えているカオルのもとへ突然“異物”がやってくる。そして最終的には二人のもとへ…。その頃、トモミ(石田桃香)の働くカフェには、元恋人同士のコウダイ(吉村界人)とミナ(田中真琴)がやってくる。煙草をくゆらせながら神妙な面持ちで話をしはじめる二人…。それから数カ月後、工場で働くリュウ(宮崎秋人)はとあるものを見つけ、事務員であるミサト(高梨瑞樹)と共に工場長のタケシ(ダンカン)にとあるお願いをしに向かうのだった。
そうして気が付けば、カオルのもとに“異物”が現れてから一年が経過していた。一年前とうって変わって何かが吹っ切れた様子でとあるバーへ出かけたカオルは、謎の女(田辺桃子)と会うこととなる…。

キャスト

小出薫 田中俊介 石田桃香 吉村界人 田中真琴 宮崎秋人 ダンカン 高梨瑞樹 田辺桃子
佐倉仁菜 春野恵 璃乃 宮藤あどね 樹智子 オクヤマ・ウイ フカミ・アスミ ムラタ・ヒナギク

監督・脚本

宇賀那健一

エグゼクティブプロデューサー: 中原隆(サウスキャット) 
撮影・編集:小美野昌史 
照明:加藤大輝、本間光平
録音・整音・効果:紫藤佑弥 
音楽:小野川浩幸 
助監督:平波亘、伊藤祥、猫目はち、工藤渉
スタイリスト:松田稜平、小笠原吉恵 
ヘアメイク:中村まみ、寺沢ルミ、くつみ綾音
特殊造型:千葉美生、遠藤斗貴彦 
VFX:若松みゆき 
ポスタースチール:James Ozawa 
製作:『異物-完全版-』製作委員会

配給:Vandalism
公式HP:http://extraneousmatter.com
©『異物-完全版-』製作委員会

2022年1月15日(土)より
ユーロスペース渋谷ほか全国順次公開