松永監督「ディーン・フジオカには“日本のトム・クルーズ”になってほしい」

映像・音楽・ファッションなど様々なカルチャーシーンで活躍するディーン・フジオカ(『空飛ぶタイヤ』『海を駆ける』)が企画・プロデュースを手掛け、さらに主演も担う『Pure Japanese』1月28日(金)に全国公開となります。

『朝が来る』で渾身の演技を披露し、映画界が注目する若手女優・蒔田彩珠をヒロインに、国内外で数々の映画賞を受賞した『トイレのピエタ』、『ハナレイ・ベイ』の松永大司監督によるタッグが実現。そんな松永大司が監督、脚本は『合葬』の小林達夫による完全オリジナル作品。そして共演者として、別所哲也、渡辺哲、金子大地、村上淳、嶋田久作といったヴァラエティに富んだ個性派俳優たち、さらにDDTプロレスリングプロレスラー・元総合格闘家として活躍する坂口征夫が参加!

本作の完成を記念し、完成披露舞台挨拶が開催され、本作の企画・プロデュース、主演を担ったディーン・フジオカ、共演の蒔田彩珠、坂口征夫といった豪華キャスト陣に加え、メガホンをとった松永大司監督が登壇

企画・プロデュースを手掛け、さらに主演も担うディーンは「シンプルに感動しています!」と完成披露舞台挨拶の開催をよろこび、「素晴らしい出会いに恵まれ、このクルー(仲間たち)と一緒に、企画立ち上げから、脚本完成、撮影オールアップ、ポスプロなど、都度都度フレッシュな感動と向き合ってきました」としみじみ語り、「まずは、お客様に観ていただくこの場所にたどりつきました!」と感謝を伝えた。

「言い出しっぺなので、責任を持って最後までやり遂げることこそが、自分がやるべきことだと思っていました」と映画作りを振り返り、スタッフ、キャストだけでなく、作品を観る観客も、仲間、同志のような気持ちでいると明かすディーンに会場から労いの拍手が贈られた。
Pure Japanese,画像
蒔田は撮影中のディーンについて「自分の役だけでなく登場人物全員の役のことを考えていらっしゃいました。真っ直ぐ作品と向き合っている姿がかっこよかったです」とにっこり。
Pure Japanese,画像
蒔田のコメントに少し照れた表情を浮かべながら「現場の指揮は監督に任せて、撮影中は役者として立っていたいという思いでした」と振り返ったディーンだったが、「(現場で仕事を)お願いした人に委ねることが信頼の表現の形だと思っていました。ただ、溢れる思いが(自分の中に)あったのでしょうね。さまざまな場面でその想いが滲み出ることはありました」と微笑んでいた。

ショットガンを使用したアクションシーンに挑戦した蒔田が「女子高生のアユミには自分と近いところが多いと感じていました。怖い人たちとやりあうシーンは、刺激的でした(笑)」と地元のヤクザ長山組を率いる陣内を演じた坂口を見つめ微笑むと、「すみません、怖い人で」と坂口がお詫びをする場面もあった。
Pure Japanese,画像
坂口はディーンの姿から、ただならぬ決意と覚悟と侍を感じたという。「すべてにおいて真っ直ぐなんです。話をしていても、芝居をしていても。自分は曲がってばかりなので(笑)、憧れの目で見ていました」と思いを伝えると、ディーンは「恐縮です」と深々とお辞儀をした。

坂口の出演は映画の勝敗を分ける大きな要素だったと説明したディーン。俳優同志のアクションは、怪我をしないようにと考え、もう一歩踏み込めない部分があるのですが、坂口さんからは“当ててくれないと困る”と言われて(笑)。その言葉が僕にとっては安心感でした」と改めて感謝を伝えた。坂口の佇まい、肉体に“強い”という説得力があるからこそ、胸を借りて思いっきり演じることができたと明かしたディーン。「坂口さんが積み上げてきたレガシーみたいなものをお借りした形です」と解説した。

佇まいについては松永監督からも言いたいことがあったようで、「坂口さんは現場で本当に組長みたいになっていきました。コロナで食事に出かけられないので、坂口さんはロビーでお酒を飲んでいたのですが、気づくとそこに組の人たちが集まっている(笑)。アクションシーンの撮影でも同じ光景が見られて。アクションシーンの撮影後、ディーンさんの周りにはトレーナーの方たちが集まり、坂口さんの周りには組員がいました」と笑わせた。

また、坂口は「ディーンさんってこんなに体大きかった?」と驚くことが何度もあったという。松永監督が「撮影から東京に戻ってきて、体を鍛え直したんですよね?」と坂口にツッコミを入れると、「負けていられない、という思いで鍛え直しました」と返していた。

タイトルにちなみ「自身のピュア」について語るコーナーも

タイトル『Pure Japanese』については、「現代社会においての日本人ってなんだろう」という考えがきっかけだったという。そこから、日本人っぽいという表現を検査キットによって数値化できたらというアイデアに至ったという。そのような側面もありつつ、作品としてはバイオレンスではあるが、アクション映画というエンターテイメントとして楽しんでほしいという思いも伝えていた。イベントではタイトルにちなみ「自身のピュア」について語るコーナーも。

坂口は「撮影中の自分」と回答。その理由を「長山組一同、どうやったら立石(ディーン)を倒せるのか、組長としてひと肌脱ぐというピュアな気持ちで現場にいました」とコメント。

蒔田は「まだ、ピュアだと思います」と微笑み、「撮影現場などで上司からきつい指導を受けている人を見ると、一緒に悲しい気持ちになったりします」とピュア度を説明していた。

ディーンは「ピュアでいたいと思います」とアピール。「自分が作るものに対してピュアでいれたらいいなと思いながらやっています」と仕事、作品作りへの姿勢を表現した。そんなピュアな姿勢で仕事をするディーンについて松永監督が「ディーンさんは“こういう人と一緒にモノを作れたらいいなと思える人”です。日本のトム・クルーズになってほしい」と提案すると会場は大きな拍手に包まれる。

松永監督のこの言葉に「責任重大」と照れながらも「引き続き、地道に一歩一歩、ピュアな精神で作品を作り続けていくこと大事だと思っています」と決意を述べた。

イベント最後に“今年の抱負”を訊かれたディーンは「コロナに負けないでがんばりましょう!」と力強く呼びかけた後、「コメント準備していなかったので、なんだか普通のことを言ってしまったような気もします」と少ししょんぼりとしながらも、作品に関しては「初めてのことなので、いろんな思いがあふれちゃいます。素敵なチームで作った作品です。ぜひ、楽しんでください」と笑顔で呼びかけ、挨拶を締めくくった。

『Pure Japanese』予告編映像

あらすじ

日光大江戸村で働く立石大輔(ディーン・フジオカ)は抜群の身体能力の持ち主だが、社交性がなく、一方日本の文化に傾倒している変わった男で、周囲からは距離をおかれていた。忍者ショーでも任されているのは、立ち回りではなく効果音担当。神社で人知れず、非科学的なトレーニングに勤しむのが日課だった。

同僚の送別会が行われたパブには高校生でありながら、年齢をごまかして働くアユミ(蒔田彩珠)、アユミが祖父・隆三(渡辺哲)と暮らしている土地一帯を県議・黒崎(別所哲也)と結託し、中国人ブローカーに売り払ってしまおうと画策している地元のヤクザ長山組・陣内(坂口征夫)、佐伯(二ノ宮隆太郎)らの姿も。

P(ure)J(apanese)キットという、日本人の純度を図る試薬が出回っていた。結果が50%と中途半端な数字だった佐伯は腹を立て、江戸村の忍者たちにも検査を強いる。その場での検査を拒否した立石だったが、自宅でPJキットを使用してみると、数値は100%。何故か湧き上がる高揚感。立石はショーである役に参加することになるが、アユミたちが見に来ているとき、派手に失敗してしまう。立石が立ち回りをできないのは過去に参加していた撮影現場でおこった事故によるトラウマで暴力に対するリミットをかけているのであった。

アユミの家には相変わらず嫌がらせが続いていた。ある日、隆三が怪我をし、入院する。アユミと立石は黒崎の仕業だと思い込み、黒崎の事務所に乗り込むが、しらをきられ怒りを爆発させた立石は黒崎事務所を破壊する。立石は初めてアユミに己の暴力を肯定される。アユミの家の敷地は重機が搬入され、強引に掘削が着手される。アユミは立石に助けをもとめ、立石は今まで封印してきた暴力衝動を爆発させるのだった。

キャスト

ディーン・フジオカ 蒔田彩珠/渡辺哲 金子大地 坂口征夫(DDTプロレスリングプロレスラー・元総合格闘家)村上淳 嶋田久作 別所哲也

監督

松永大司(『ハナレイ・ベイ』『トイレのピエタ』『ピュ〜ぴる』)

脚本

小林達夫(『合葬』)

企画・プロデュース:ディーン・フジオカ 
製作:アミューズ 
企画・制作協力:ブリッジヘッド

配給:アミューズ 
配給協力:クロックワークス
公式HP:https://purejapanese-movie.jp/
©2021「Pure Japanese」製作委員会

1月28日(金)全国ロードショー