愛に性別なんて…
映画『フタリノセカイ』

結婚もできない。 子どももできない 。 愛し合う二人の愛は可能か?

本作は、トランスジェンダーとして葛藤する彼とその彼女(シスジェンダー)の二人の10年間の軌跡を描いたラブストーリー。
出会った時から互いに惹かれあった、ユイとトランスジェンダーの真也。
恋愛し、いずれ結婚して家族をつくり、共に人生を歩んでいきたいという願いをもつフタリがその願いを叶えるには、ひとつひとつクリアしなくてはならない現実があった。
時にすれ違い、別々の道を歩むが再び出会ったフタリ。
愛を確かめあい、ある決断をする。それはもしかすると常識を越えているのかもしれない。だが、安らぎに満ちたフタリには、確かに感じる未来があった…。
監督・脚本を務めたのは、飯塚花笑 (かしょう )。自身もトランスジェンダーの彼は、ぴあフィルムフェスティバル PFFアワード 2011において自伝的作品『僕らの未来』で審査員特別賞を受賞、国内外で高い評価を受けた。以降は、彼だからこそ描き出せる世界観で映画制作を続けている。
ユイを演じるのは、今年 5月に公開した映画 『茜色に焼かれる』 (石井裕也監督)で強い印象を残した 片山友希 。
ユイは、トランスジェンダーの彼に対し様々な葛藤に揺れつつも、一緒に生き、支えていくことを選択する。
また、真也を演じるのは、『弱虫ペダル』『スパイの妻』など話題の映画やドラマに出演し、確かな演技力で人気上昇中の 坂東龍汰 。真也は、子どもの頃から違和感に感じていた自身の性に対し、向き合い、自分らしく生きていこうとしている。
そして、フタリの理解者・俊平を演じるのは、松永拓野 (『沈黙−サイレンス−』 など )。ユイと真也が作りたいと願う家族に欠かせない存在となる。

あらすじ・ストーリー

保育園に勤める今野ユイ(片山友希)と実家の弁当屋を手伝っている小堀真也(坂東龍汰)は、出会ってすぐに恋に落ちる。
付き合い始めた2人は、将来結婚する約束を交わし、幸せな日々を過ごしていた。
真也には、ユイに伝えていないことがあった。それは、体は女性、心は男性のトランスジェンダーだということ。
真也が時折見せる思い詰めた顔に不安を感じていたユイは、ある時、その理由を知る。結婚もできない、子どももできない・・・。
子どもが大好きで家庭を持つことが夢だったユイは、真也と一緒にいるべきか否かを悩む。
だが2人は、事実上の結婚をし、同棲生活をスタートさせた。

数年後。確かな愛を感じながらも、ユイは子どもや家庭を持つ夢を捨てきれずにいた。このまま真也と一緒にいていいのだろうか。
そう思い悩むユイの気持ちに真也もまた気づいていた。真也はユイに別れを切り出し、2人は別々の道を歩むことになった。

ユイは、新しいパートナー・内田勇人(関幸治)と出会い、結婚する。一方、真也は友人・添田俊平(松永拓野)と静かに暮らしていた。子どもを持つことに憧れていたユイは、妊活に励む。だが夫との間に子どもは出来なかった。
夫と気持ちが徐々にすれ違う日々のなか、真也と再会したユイは胸が高まる。実は、真也もユイのことを忘れられずにいたのだ。
お互いの気持ちを確かめ合った2人は、再び一緒に生きることを選択する。
そうして歩み始めたユイと真也は、ある決断をするのだった・・・。

画像,フタリノセカイ 画像,フタリノセカイ 画像,フタリノセカイ

予告動画

作品情報

片山友希
坂東龍汰
嶺 豪一 持田加奈子 手島実優 田中美晴 大高洋子
関 幸治 松永拓野 クノ 真季子
監督・脚本
飯塚花笑
撮影:根岸憲一
照明:本間光平 録音・効果・整音:紫藤佑弥
音楽:小野川浩幸
助監督:松下洋平 エンディング曲:秀吉 「ひだまりのいろ」
製作:「フタリノセカイ」製作委員会
配給:アークエンタテインメント
特別協賛:セントラルサービス
企画・製作:ブレス
©️2021 フタリノセカイ製作委員会
2021年 / 日本 / カラー / 5.1ch / 1:1.66 / DCP / 83分 PG-12
公式URL:futarinosekai.com
twitter:@futari_world ハッシュタグ:#フタリノセカイ

2022年 1月 14日(金) 新宿シネマカリテ ほか 全国順次ロードショー