驚愕の実話に基づく超頭脳派スパイサスペンス!

第二次世界大戦時に英国がナチスを騙すために講じた≪驚愕の奇策≫を映画化した『オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―』が2月18日(金)より全国公開となります。

場面写真6点を一挙解禁

1943年、第二次世界大戦下、英国諜報部(MI5)がヒトラーを欺くために実施したまさかの奇策<ミンスミート作戦>を、英国を代表する名優コリン・ファースと、『恋におちたシェイクスピア』の名匠ジョン・マッデンが映画化。

戦後長らく極秘扱いされていた驚愕の作戦の全容がいま明らかとなる――。
オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―,画像
オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―,画像
オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―,画像
オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―,画像
オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―,画像
オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―,画像

『オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―』本予告編映像

あらすじ

第二次世界大戦時、1943 年、イギリスはナチスを倒すため、イタリア・シチリアを攻略する計画を立てていた。だが敵の目にも明らかな戦略目標であるシチリア沿岸はドイツ軍の防備に固められている。状況を打開するため、英国諜報部のモンタギュー少佐(コリン・ファース)、チャムリー大尉(マシュー・マクファディン)、イアン・フレミング少佐(ジョニー・フリン)らが練り上げたのが、欺瞞作戦“オペレーション・ミンスミート”だ。“イギリス軍がギリシャ上陸を計画している”という偽造文書を持たせた死体を地中海に流し、ヒトラーをだますという奇策だ。彼らは秘かに手に入れた死体をビル・マーティン少佐と名付け、100%嘘のプロフィールをでっち上げていく。こうしてヨーロッパ各国の二重三重スパイたちを巻き込む、一大騙し合い作戦が始まるが――。
第二次世界大戦の行方を変える決定的な分岐点で秘密裏に実行され、戦後長らく極秘扱いされてきた驚くべき欺瞞作戦の全容がいま明らかになる――

キャスト

コリン・ファース『キングスマン』『英国王のスピーチ』
マシュー・マクファディン『エジソンズ・ゲーム』
ケリー・マクドナルド『T2 トレインスポッティング』
ペネロープ・ウィルトン『ダウントン・アビー』
ジョニー・フリン『スターダスト』
ジェイソン・アイザックス『フューリー』

監督

ジョン・マッデン『女神の見えざる手』『恋におちたシェイクスピア』

原作

「ナチを欺いた死体:英国の奇策・ミンスミート作戦の真実」 ベン・マッキンタイア―著(中公文庫)

原題『Operation Mincemeat』
128 分/イギリス/2022 年/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:栗原とみ子

配給:ギャガ
公式HP:gaga.ne.jp/mincemeat/
lms Limited/ Te Britishlm Institute / Curzon Film Rig

2 月 18 日(金)TOHO シネマズ日比谷 他全国公開