『∞ゾッキ シリーズ』「見張り台」撮影前日決起集会

孤高の天才と称される人気漫画家、大橋裕之の幻の初期作品集『ゾッキA』『ゾッキB』に収録された珠玉の作品たちを、日本を代表する俳優であり、クリエイターとしても異能を示す、竹中直人×山田孝之×齊藤工という三人が共同監督を務め、一本の長編映画としてまとめ上げた映画『ゾッキ』、その裏側をドキュメンタリーとして描いた映画『裏ゾッキ』の公開から約1年。

続編として、地域ごとに展開する、ドラマ・ドキュメンタリー・旅番組を融合した、全12回『∞ゾッキ シリーズ』の製作が決定しました!映画『ゾッキ』でも監督を務めた竹中直人監督、山田孝之監督、齊藤工監督がドラマシリーズでも再度監督を務めます。『∞ゾッキ シリーズ』は、4月3日(日)よりBSデジタル放送「BSJapanext」で先行放送開始!5月には撮影地域でのイベント上映会、7月よりAmazon Prime Videoほか配信スタートが決定し、順次世界に発信予定です。
∞ゾッキシリーズ,画像

山田孝之監督「見張り台」 撮影前日決起集会イベント概要

■日時:4月20日 (水) 18:30〜19:10 イベント
■場所: emCAMPUS1 階 emCAMPUS FOOD(愛知県豊橋市駅前大通2丁目81番地)
■登壇者:山田孝之監督、伊藤主税プロデューサー、
豊橋市実行委員会約300人の豊橋市民宣伝部

日常をシュールに、くだらなくも愛おしい人間たちを描く、 蒲郡出身の人気漫画家・大橋裕之の短編集「ゾッキ」。 竹中直人・山田孝之・齊藤工の共同監督した実写映画から約1年。

この度、地域ごとに展開する、旅番組・ドラマ・ドキュメンタリーを融合した全 12 回『∞ゾッキ シリーズ』の製作が決定!4 月 3 日(日)より BS デジタル放送「BSJapanext」で先行放送スタート!
5 月には撮影地域でのイベント上映会、7 月より Amazon Prime Video ほか配信スタートも決定し、順次配信コンテンツとして世界に発信される。

『∞ゾッキ シリーズ』は、「企業版ふるさと納税」の制度を活用した 企業による行政の地域振興事業に対する寄付金によって 蒲郡市、豊橋市、豊田市の3市で撮影され、映像コンテンツをきっかけとした地域連携と地域創生の新しい形が、ここに誕生した。

山田孝之監督が監督を務める、『∞ゾッキシリーズ』内ドラマ「見張り台」の撮影日前日決起集会イベントを実施!

現在、愛知県の蒲郡市、豊橋市、豊田市の三都市をロケ地として制作中のドラマ『∞ゾッキシリーズ』で放映される山田孝之監督の「見張り台」の撮影が豊橋市で行われることを受け、豊橋市でも官⺠一体の実行委員会を組成し、豊橋市⺠自らがプロジェクトを盛り上げようと決起集会イベントを企画。豊橋で有名なエキストラ集団に声をかけ、豊橋市民宣伝部として約300人が集まった。

今回、働く人々をバックアップする商品を販売されるワークマンのご協力もあり、お揃いのジャンバー、コラボ缶バッジを身につけ、撮影前の大決起会となった。

イベントは『∞ゾッキシリーズ』豊橋市実行委員会の豊橋商品開発チームと豊橋企画チームによって豊橋市民より山田監督、伊藤プロデューサーに取り組みを報告し交流する形で進められた。

まずは豊橋商品開発チームと交流。

伊藤プロデューサーより、「こんばんは。今日はありがとうございます。映画『ゾッキ』を蒲郡からスタートして、豊橋、豊田、愛知県三地域にこの取り組みが広がっていきました。『∞ゾッキシリーズ』は旅ゾッキとドラマのゾッキ、まさに山田監督の「見張り台」、そして裏ゾッキ、まさに映画や街を支える皆様に焦点を当てたドキュメンタリーの作品を作っております。豊橋も旅、ドラマ、ドキュメンタリーの3本立てでBSJapanext先行放送で、Amazon Primeでも配信されます。

映画をただ撮るというよりも、映画をきっかけに、街がつながって、街が宣伝されて、とにかく新しい取り組みが作れたらと思って山田孝之さんとずっと取り組みをさせていただいております。皆様もこの作品を盛り上げるためにいろんなアイデアを出していただいていると伺っております。僕らも頑張りますのでよろしくお願いいたします!」と挨拶。

続いて山田監督は、
「こんにちは、山田です。皆さんお集まりいただきありがとうございます。
映画『ゾッキ』を蒲郡で撮らせていただき、『∞ゾッキシリーズ』は豊橋でできることになり、また別の作品でも愛知に来ることが増えるのですが、、、嬉しいです!本当に映画や映像制作は大勢で作るので、トラブルやアクシデントが日常茶飯事ですが、どうか皆さん、その時は焦らずに相談しあって、助け合って、作品完成に向かえれば思います。大変なこともあるかと思いますが、何より楽しむということを大事にしていただけたらと思います!よろしくお願いいたします。」と挨拶。
∞ゾッキシリーズ,画像
豊橋商品開発チームからは、本作撮影地の蒲郡市・豊橋市・豊田市のそれぞれの名産品や特産品を 1 つの箱に詰め合わせたゾッキ箱の紹介をし、山田監督との交流を図った。

続いて、豊橋企画チームと交流。
山田監督は「この人数で企画会議ができるのはなかなかないので、きっと面白いアイデアが出てくるのではと楽しみにしております。撮影以外の広がったところも面白いことができたらと思います。煮詰まったり言い争いになったりすることもあると思いますが、それぞれ通したい商品など意見があると思いますが、話し合って仲良く喧嘩しないように。僕らの現場も大変ですけど、みんなで助け合って、楽しみながら面白いプロジェクトに全体がなったら良いなと思います。よろしくお願いいたします。」と挨拶。

企画チームからは、豊橋駅にフラッグを立てたり、本イベントの300人一斉ツイート企画、豊橋市内の等身大パネルを作るという企画をしていることが報告された。

最後に山田監督、伊藤プロデューサー、約300人の豊橋市民と記念写真を撮影。本イベントの肝でもある、約300人一斉リツイートを実施し、会場は大盛り上がり。イベントは幕を閉じた。
∞ゾッキシリーズ,画像
なお豊橋市で撮影した『∞ゾッキシリーズ』は下記の日程でBS デジタル放送 「BSJapanext」で先行放送開始

5/15 日(日)旅番組『旅ゾッキ 豊橋編』旅人:松井玲奈
5/22 日(日)ドラマ『∞ゾッキ 見張り台』山田孝之監督
5/29 日(日)ドキュメンタリー『裏ゾッキ 豊橋編』

タイトル:∞ゾッキ シリーズ
協力:蒲郡市シティセールス推進協議会 豊橋市 豊田市 愛知県 後援:蒲郡市
寄付者:アラミック モリリン ジャパネットたかた
製作幹事:and pictures Your Films W TOKYO
制作プロダクション:テレビマンユニオン Your Films
©2022 and pictures, Inc

■ドラマ『∞ゾッキ』
原作:大橋裕之「ゾッキA」「ゾッキB」「ゾッキC」(カンゼン刊)
「平田さん」
監督:竹中直人
脚本:和田清人・竹中直人

「見張り台」
監督:山田孝之
脚本:小寺和久

「シーン1」
監督:齊藤工
脚本:倉持裕

プロデューサー:伊藤主税 山田孝之 田嶋康弘
制作プロダクション:Lat-Lon and pictures Your Films

■ドキュメンタリー『裏ゾッキ』
ナレーション:松井玲奈
監督:篠原利恵 榊原有佑 原田大誠
プロデューサー:牧有太 伊藤主税 山田孝之 田嶋康弘
制作プロダクション:テレビマンユニオン Your Films

■旅番組『旅ゾッキ』
旅人:松井玲奈 鈴木福
監督:篠原利恵 榊原有佑
プロデューサー:牧有太 伊藤主税 山田孝之 田嶋康弘
制作プロダクション:テレビマンユニオン Your Films

『∞ゾッキ シリーズ』公式HP: https://mugen-zokki.jp/
公式Twitter公式Instagram公式Facebook

4月3日(日)よりBSデジタル放送「BSJapanext」で先行放送開始
7月よりAmazon Prime Video他配信開始