永野芽郁「マリコが奈緒ちゃんじゃなかったら私はシイノになれなかった」

平庫ワカのコミック『マイ・ブロークン・マリコ』が、タナダユキ監督のメガホンで映画化、主演に永野芽郁を迎え、2022年秋に全国公開となります(配給:ハピネットファントム・スタジオ、KADOKAWA)。

原作の『マイ・ブロークン・マリコ』は、2019年に無料WEBコミック誌「COMIC BRIDGE」で連載(全4回)されるやいなや毎話SNSでトレンド入りし、翌年出版された単行本(全1巻)では即重版が決定するなど、爆発的な反響を呼んだ。

また、「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞を受賞、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位にランクインしたほか、2021年に文化庁が主催するメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞するなど、ほぼ無名に近い新人作家の初連載作にも関わらず、異例の快挙を成し遂げ話題となった。

「親友の遺骨を持って旅に出る」という今までにない斬新な物語設定と、みる者に投げかける答えの見つからない問いかけが、多くの読者の心に刺さり一瞬にしてその世界に引き込んだ。

映画では、タナダ監督の力強さと繊細さを兼ね備えた演出、永野芽郁のこれまでのイメージを大胆に覆す役柄と演技、そして原作の持つ物語の力がひとつになり、人間の儚さと逞しさが、優しく熱をもって描かれる。ともに生き、ともに旅をするシイノとマリコ、ふたりの物語が誕生した。

シイノの親友で突然亡くなるマリコ役に奈緒、旅先で出会うマキオ役は窪田正孝

主人公・シイノトモヨの親友・イカガワマリコを演じるのは、奈緒。学生時代から父親の虐待を受け、ある日、突然命を絶つマリコについて、タナダ監督は「理不尽が押し寄せ、ついに自分を壊すことでしか生きられなくなっていった」と語る。

そんなマリコというヘビーな役を奈緒に託した経緯を、「いつも変幻自在に作品の中に存在している俳優が浮かびました。マリコ役を、全信頼を置いて託すことができ、一緒に闘えるであろう人、それが奈緒さんでした」 と振り返る。

幼馴染のシイノは、マリコの魂を救うために、その遺骨を奪うことを決心する。「刺し違えたってマリコの遺骨はあたしが連れて行く!」。親友を亡くしたシイノの旅路と、共依存とも受け取られかねないふたりの関係が、過去と現在を行き来しながら紡がれていく。

奈緒は「盲目的な2人の友情と愛がどこまでも哀しく優しく、この作品はきっと誰かの救いになると感じました」とコメント。「マリコの喜びも悲しみも苦しみも、奈緒さんが身を持って体現してくれました」とタナダ監督が語るように、全身全霊をかけ奈緒が臨んだマリコがもたらす様々な感情、自身を突き動かすなにかにきっと心揺さぶられるだろう。

原作者の平庫ワカも「あまりに胸が痛んだため思わず駆けて行って抱き締めたくなりました」と感じずにはいられなかった奈緒演じるマリコの姿はきっとみる者を捉えてはなさない。

シイノ役の永野芽郁と奈緒は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(2018年)に続き、2度目の親友役だ。撮影が始まる前から「マイ・ブロークン・マリコ」について沢山話し合っていたというふたりだが、永野は「初めてマリコになった奈緒ちゃんを見て感動しました」と明かし、「マリコが奈緒ちゃんじゃなかったら私はシイノになれなかったと思います。最高で最強な相棒でした!」と熱い思いをこめたコメントを寄せている。

奈緒も「『いつかまた一緒に2人でお芝居をしよう』と約束をした、あの日の夢を叶えることができてとても幸せです」とあふれる喜びを語っている。

シイノが旅先で出会うマキオ役には窪田正孝。衝撃的な原作に心打たれた窪田は、シイノとマリコについて「周りになんて理解されなくたっていい。どこまでも2人で突き進む強さに応援してしまう感情が湧き上がってきました」。

そんな感情を抱き演じたマキオの人物像や佇まいにしばらくは思いを馳せていたい。タナダ監督が「ちゃんと傷つき、それでも生きてきた人だからこそ言える言葉を、マキオとして確かに紡げる人、それが窪田正孝さんでした」と起用の理由を語る通り、マキオの言葉は何かを変えるかもしれない。

マリコの実父役は、尾美としのり、その後妻・タムラキョウコ役には吉田羊がキャスティングされた。

尾美は、幼い時から理不尽な暴力をふるいマリコを苦しめた実父役について、「畜生の役を振ってもらい、二つ返事で引き受けさせていただきました」と明かした。コロナ禍での撮影を振り返ながらも、「永野芽郁さんの新たな一面が観られます!とても良い気分になれると思います」と作品をアピールする。

吉田は、『ふがいない僕は空を見た』(2012年)以来、10年ぶりのタナダ監督作品出演となる。「タナダ監督の優しい世界に生きるシィちゃんとマリコの、愛と友情を超越した魂の結びつきが、この世界の誰かの希望となりますように」と祈りにも似た思いを綴っている。

コメント

●奈緒(イカガワマリコ役)
原作を読む手が止まらず読み終わった後は涙が止まりませんでした。
盲目的な2人の友情と愛がどこまでも哀しく優しく、
この作品はきっと誰かの救いになると感じました。
母の様に愛を持って現場を包んでくださるタナダ監督のもと、
永野芽郁さんと「いつかまた一緒に2人でお芝居をしよう」と約束をした、
あの日の夢を叶えることができてとても幸せです。
沢山の方に届きますように。

永野芽郁より
撮影が始まる前から「マイ・ブロークン・マリコ」について沢山話し合っていましたが、
初めてマリコになった奈緒ちゃんを見て感動しました。
マリコが奈緒ちゃんじゃなかったら私はシイノになれなかったと思います。
最高で最強な相棒でした!

タナダユキ監督より
理不尽が押し寄せ、ついに自分を壊すことでしか生きられなくなっていったマリコ。そんなヘビーな役をやれるのは誰だろうと思った時、いつも変幻自在に作品の中に存在している俳優が浮かびました。マリコ役を、全信頼を置いて託すことができ、一緒に闘えるであろう人、それが奈緒さんでした。
シイノとマリコのキャスティングが決まった時、まだ撮影してもいない段階から、二人の姿が鮮やかに見えてくる気がして、時に心が折れそうになるなか、私に大きな力を与えてくれました。
この物語のシイノの全ての行動はマリコに起因します。そしてそのマリコの喜びも悲しみも苦しみも、奈緒さんが身を持って体現してくれました。
罪もなく、寄る辺もない、けれどそれでも生きようとした二人ぼっちの女の子を、ぜひスクリーンでご覧いただければと思います。

原作者・平庫ワカより
撮影で目撃した奈緒さん演じるマリコがあまりに儚く、親の健全な庇護のもとにあるべき生身の子供を感じさせ、
あまりに胸が痛んだため思わず駆けて行って抱き締めたくなりました。
ですが奈緒さんが演じるマリコのエネルギー、パワーを信じておりますので妄想のハグは妄想のままにして、
完成作品のために心の準備をしておきます。

●窪田正孝(マキオ役)
衝撃的な原作に心打たれました。
脆くても仲睦まじい2人。
簡単に壊れてしまう心と身体。
周りになんて理解されなくたっていい。
どこまでも2人で突き進む強さに
応援してしまう感情が湧き上がってきました。
ぜひ劇場でご覧いただければと思います。

タナダユキ監督より
マキオはとても好きなキャラクターでした。ちゃんと傷つき、それでも生きてきた人だからこそ言える言葉を、マキオとして確かに紡げる人、それが窪田正孝さんでした。普段は気さくなにーちゃんなのに、芝居に関してはいつだって自分のことを疑える真摯な姿は昔と全く変わらず、そんな人が演じるマキオだったからこそ、放つ言葉に真実味と優しさが溢れたのだと思います。終盤のシーンを撮影していた時、私自身が、窪田さん演じるマキオの言葉に救われた思いがしました。再び作品を作れたこと、それが『マイ・ブロークン・マリコ』だったことは、幸運なことでした。

あらすじ

鬱屈した日々を送るOL・シイノトモヨは、テレビのニュースで親友・イカガワマリコが亡くなったことを知る。学生時代から父親に虐待を受けていたマリコのために何かできることはないか考えたシイノは、マリコの魂を救うために、その遺骨を奪うことを決心する。「刺し違えたってマリコの遺骨はあたしが連れて行く!」。マリコの実家から遺骨を強奪、逃走したシイノは、マリコの遺骨を抱いてふたりで旅に出ることに。マリコとの思い出を胸にシイノが向かった先は・・・

キャスト

永野芽郁
奈緒
窪田正孝
尾美としのり
吉田羊

監督

タナダユキ

原作

平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』(KADOKAWA)

脚本

向井康介 タナダユキ

製作:映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会
製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ
制作プロダクション:エキスプレス
制作協力:ツインズ・ジャパン

配給:ハピネットファントム・スタジオ、KADOKAWA
公式HP:https://happinet-phantom.com/mariko
©2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

2022年秋 全国ロードショー