茂木健一郎・辛酸なめ子・宇野維正ら各界の著名人から絶賛コメントが到着!

『ファンタスティック・ビースト』シリーズのジュード・ロウと『ゴーストバスターズ/アフターライフ』のキャリー・クーンが夫婦役を演じ、サンダンス映画祭で受賞歴を持つショーン・ダーキンが監督を務めた『不都合な理想の夫婦』に魅せられた各界の著名人から絶賛コメントが到着しました。

本作は4月29日(金)より、kino cinéma横浜みなとみらい、kino cinéma立川髙島屋S.C.館、kino cinéma天神 ほか全国順次公開を決定。
不都合な理想の夫婦,画像

ジュード・ロウ待望の主演最新作
虚飾と野望が家族を引き裂く、極限の心理スリラー

21年度英国インディペンデント映画賞で6部門にノミネートを果たした本作。主人公を演じたのは『ファンタスティック・ビースト』シリーズのジュード・ロウ。その妻役には『ゴーストバスターズ/アフターライフ』のキャリー・クーン。監督は『マーサ、あるいはマーシー・メイ』でサンダンス映画祭の監督賞を受賞したショーン・ダーキン。英米の両国で暮らした体験から、自身で感じた文化的な差異をもとに脚本を手掛けた。

この度、本作をいち早く鑑賞した著名人からの絶賛コメントが到着。脳科学者の茂木健一郎「この傑作はレクイエムであると同時に愛の讃歌。ジュード・ロウの名演、忘れない。」と語り、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子「激しい夫婦喧嘩も、妻の挑発も、テストステロン強すぎ夫にとっては刺激的なプレイなのかもしれません。」とコメント。

映画ジャーナリストの宇野維正は「隠れた傑作『マーサ、あるいはマーシー・メイ』から約10年ぶりのショーン・ダーキンの長編監督作。ずっと待っていた甲斐があった!」、作家・ジャーナリストの佐々木俊尚「あまりにも虚栄であまりにも愚かな男を演じる、ジュード・ロウの演技にクラクラした。」と、それぞれ作品の魅力について感想コメントを寄せてくれました。

著名人からのコメント全文 ※敬称略・順不同

茂木健一郎(脳科学者)
人は幸せを求めて幸せから離れてしまうことがある。
着地のわからないドキドキの最後にあった心の「巣」にぼくは救われた。
この傑作はレクイエムであると同時に愛の讃歌。ジュード・ロウの名演、忘れない。

辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
激しい夫婦喧嘩も、妻の挑発も、テストステロン強すぎ夫にとっては刺激的なプレイなのかもしれません。
一周回って夫婦円満な気がしてきました。

宇野維正(映画ジャーナリスト)
ミニマムなファミリードラマでありながら、ラストシーンまで一瞬も緊張が緩むことがない。
隠れた傑作『マーサ、あるいはマーシー・メイ』から約10年ぶりのショーン・ダーキンの長編監督作。
ずっと待っていた甲斐があった!

佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)
あまりにも虚栄であまりにも愚かな男を演じる、ジュード・ロウの演技にクラクラした。
狂っていく歯車の物語がリアルすぎて、つらいけど目が離せない面白さ。

山崎まどか(コラムニスト)
美しい見かけの下で、自分を見失い、倦み、崩壊して、虚しくなっていく。
野心に燃えて空回りする夫の横で、そんな妻の変化を言葉少なに表現する
キャリー・クーン、やっぱりすごい女優だ。

赤ペン瀧川(映画プレゼンター)
あぁ、超恐い!深い谷底に向かって傷つきながら転がり落ちていく家族の物語。
平和な日常がゆっくりと地獄に変わっていく恐ろしさを存分に味わえるぞ…。
そして悶絶必至のあのラスト!あぁ、早く誰かと語り合いたい!

『不都合な理想の夫婦』予告編映像

あらすじ

1986年。NYで貿易商を営む英国人のローリーは、米国人の妻アリソンと、息子と娘の四人で幸せに暮らしていた。満ち足りた生活を送っているように思えたが、大金を稼ぐ夢を追って、好景気に沸くロンドンへの移住を妻に提案する。かつての上司が経営する商社に舞い戻ったローリーは、その才能を周囲から評価され、復帰を歓迎される。プライベートではロンドン郊外に豪邸を借り、息子を名門校に編入させ、妻には広大な敷地を用意。それはまるで、アメリカン・ドリームを体現した勝者の凱旋のようだった。しかし、ある日、アリソンは馬小屋の工事が進んでいないことに気付く。業者に問い合わせると、支払いが滞っており、更には驚くべきことに新生活のために用意をしていた貯金が底を突いている事を知ってしまうのだった・・。

キャスト

ジュード・ロウ
キャリー・クーン

監督・脚本

ショーン・ダーキン

2019年|イギリス|英語|107分|カラー|ビスタ|5.1ch
原題:The Nest
字幕翻訳:高山舞子 
映倫:R15+
提供:木下グループ

配給:キノシネマ
公式HP:https://movie.kinocinema.jp/works/thenest
©Nest Film Productions Limited/Spectrum Movie Canada Inc. 2019

4月29日(金)より
kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開