14名から豪華推薦コメントが到着!

「全国水平社」創立 100 周年を迎えた今年 2022 年は、水平社の歴史や日本初の人権宣言ともいわれる「水平社宣言」がさまざまなメディアで取り上げられています。

本作『私のはなし 部落のはなし』は、「部落差別」の起源と変遷から、根強く残る差別の現状までを丸ごと描いた、いまだかつてないドキュメンタリー映画です。

5月21日(土)の公開に先立ち、予告編が解禁になりました。また、極めてセンシティブなテーマに現代的な方法でアプローチし、映画作品としてもたいへん魅力的に仕上がった本作に対して、「新しい地平を開く傑作」「驚くべき総合力の傑作」と大絶賛するコメントが届いています。

日本の〈差別〉を丸ごと見つめて学びほぐす
いまだかつてないドキュメンタリー映画

かつて日本には穢多・非人などと呼ばれる賤民が存在した。1871 年(明治4年)の「解放令」によって賤民身分が廃止されて以降、かれらが集団的に住んでいた地域は「部落」と呼ばれるようになり、差別構造は残存した。現在、法律や制度のうえで「部落」や「部落民」というものは存在しない。

しかし、いまなお少なからぬ日本人が根強い差別意識を抱えている。なぜ、ありえないはずのものが、ありつづけるのか? この差別は、いかにしてはじまったのか?

本作は、その起源と変遷から近年の「鳥取ループ裁判」まで、堆積した差別の歴史と複雑に絡み合ったコンテクストを多彩なアプローチでときほぐし、見えづらい差別の構造を鮮やかに描きだす。

監督は、屠場(とじょう)とそこで働く人々を写した『にくのひと』(2007 年)が各地で上映され好評を博すも、劇場公開を断念せざるをえなかった経験を持つ満若勇咲。

あれから十数年、プロデューサーに『なぜ君は総理大臣になれないのか』『香川1区』の大島新、音楽に世界を舞台に活動をつづけるMONO を迎え、文字通り〈空前絶後〉のドキュメンタリー映画をつくりあげた。

コメント *50 音順/敬称略

多くの人がややこしいと思って、遠ざけてきた問題を文字通り直視した作品。

人々の語りから解きほぐすことで、公式にはないはずのものを、そして目に視えないものを確かに「そこ」に存在させた。
石戸諭(ノンフィクションライター)

差別を「描く」とき、差別言動の場面だけが切り取られれば、差別の拡散になる。そうならないためにはじっくり丁寧に描く必要がある。だからこそこの作品は長い。そしてそれは、映画館で観る映画という手法だからこそできることでもある。

差別を「観る」ことは、それを追体験することでもある。観終えた後は頭も身体も大変に疲れ、モヤモヤが残る。そこに部落差別の現実がある。
内田龍史(関西大学社会学部教授)

被差別部落は、なぜ残ったのか。中世から現代に至るまでの共同体の歴史をたどりつつ、さまざまな立場の人びとが、自分と部落を語った傑作ドキュメンタリー。
角岡伸彦(フリーライター)

たがいに分かり合えない、それでも分かりたい、という想いの結晶が、きっとこの映画なのだ。
小林エリカ(作家、マンガ家)

差別、運動、生活の話を、泣いて、怒って、微笑んで、ときには大笑いして語る姿をみて、人間の深さ、複雑さをうかがい知ることができます。

この映画を通じて、部落問題をめぐる当事者たちに出会ってほしいと思います。そして、新しい考え方を得たり、ほんのわずかでも行動を変るきっかけになったりしてほしいです。それは、私が調査を通じて経験したことと、似ていると思います。
齋藤直子(大阪教育大学 特任准教授)

私が住む東京・練馬区にもかつて被差別部落があった。漫画家の白土三平はその体験から『カムイ伝』を誕生させた。私のテーマである暴力団も、被差別部落や貧困と密接な関係にある。なのに原稿で被差別部落問題に触れるのを躊躇してしまう。抗議も糾弾もされていないのに。私の中に部落差別が存在しているから恐れるのではないか。私は本当に差別をしていないのか。何度も考えさせられた。
鈴木智彦(フリーライター)

いま、それぞれの立場に置かれた人間たちの「部落」をめぐる朴訥な語りと、過去の資料を読み直そうとする眼差しに支えられたひとつの映画によって、学びの機会がやわらかく開かれている。
わからないからと避けてきたその扉を開くと、そこには、「私」に向けられた問いが待っている。
ともに、学び始めませんか。すこしでもマシな未来のために。
瀬尾夏美(アーティスト/フィールドワーカー)

具体性がないまま膨らみ、実態を確認せずに強い拒否反応だけが生まれる。それは、今、この社会のあちこちで起きていることではないか。歴史を知ると、強烈な問いが現在の自分に向けられる。
武田砂鉄(ライター)

複雑だと思われがちな部落問題の歴史を追っていくと、その道のりがまさに現在の自分の目の前に通じていることに気づく。眩しいほど青い空の真下で。
ダースレイダー(ラッパー)

部落問題は話題にしづらい。しかし、この映画に出て来る人たちは、みんなよく話す。明確な答えがあるわけではない。だからこそ、観る者は「はなし」に加わり、差別を乗り越える共同作業に誘引される。新しい地平を開く傑作だ。
中島岳志(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)

「寝た子を起こすな」という言葉。何も教えなければその事実を知ることはないのだから黙っておけという「解決策」のことだ。
しかしそうはならなかった。現在もあらゆる差別や偏見、ヘイトは何も知らないからこそ起きている。だからこの映画は「時事映画」でもある。
プチ鹿島(時事芸人)

この映画は「部落差別はこんなに悲惨だ」とか「差別はやめよう」と訴える作品ではない。差別される人、差別する人、自分は第三者だと思っている人に、ひたすら思うところを語ってもらうだけだ。だから、あらゆる立場の観客を拒まない。でも、見た後には、どんな告発のドキュメンタリーよりも、「部落差別ってマジしんどすぎる」と肌で実感するのではないか、と私は思う。
星野智幸(小説家)

タブーを撃つ、大胆な切り込み。いたずらに問題を再燃させないための細やかな配慮。優しさ。TED 以上の情報提示力。構成の妙。画面に息づく、取材に応じてくれた方々へのまっすぐな尊敬と愛情。驚くべき総合力の傑作だ。
観客の理性、感情、判断力、すべてに訴えかけ、複雑に絡まりあった問題の核心に連れていってくれる。自分が何も知らなかったことがしみじみ分かった。
三浦哲哉(映画研究者)

地域づくりのワークショップをしていると、たまに「部落のはなし」が出る。しかし、根掘り葉掘り聞き出していい雰囲気ではない。だから、気になるけど理解が進まない。
この映画はそれを「私のはなし」として聞き出してくれた。おかげで理解は進むが、同時に新たな問題意識も生まれる。
山崎亮(コミュニティデザイナー)

プロフィール

監督:満若勇咲(みつわか・ゆうさく)
私のはなし 部落のはなし,画像
1986 年京都府生まれ。05 年大阪芸術大学入学。映画監督の原一男が指導する記録映像コースでドキュメンタリー制作を学ぶ。在学中にドキュメンタリー映画『にくのひと』、『父、好美の人生』(監督・撮影)を制作。『にくのひと』が各地で上映され好評を博すも、その後封印。映像制作・技術会社ハイクロスシネマトグラフィに参加後、TV ドキュメンタリーの撮影を担当する。19 年からフリーランスとして活動。主な撮影番組に「ジェイクとシャリース〜僕は歌姫だった〜」(20/アメリカ国際フィルム・ビデオ祭 ゴールド・カメラ賞)、「ETV 特集 僕らが自分らしくいられる理由〜54 色のいろ鉛筆〜」(21)など。ドキュメンタリー批評雑誌「f/22」の編集長
を務めている。

プロデューサー:大島新(おおしま・あらた)
私のはなし 部落のはなし,画像
1969 年神奈川県生まれ。ドキュメンタリー監督、プロデューサー、95年早稲田大学第一文学部卒業後、フジテレビに入社。「NONFIX」「ザ・ノンフィクション」などドキュメンタリー番組のディレクターを務める。99 年にフジテレビを退社し、フリーランスとして活動。「情熱大陸」、「課外授業 ようこそ先輩」などを演出。09 年に映像製作会社ネツゲンを設立。監督作品に『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』(07/第 17 回日本映画批評家大賞ドキュメンタリー作品賞受賞)、『園子温という生きもの』(16)。衆議院議員・小川淳也の 17 年を追った監督 3 作目の『なぜ君は総理大臣になれないのか』(20)で第 94 回キネマ旬報文化映画ベスト・テン第 1 位などを受賞。21 年、小川や自民党・平井卓也らが出馬した第 49 回衆議院選を与野党両陣営の視点から描いた『香川1区』を同年 12月に発表。主なプロデュース作品に『カレーライスを一から作る』(16/前田亜紀監督)、『ぼけますから、よろしくお願いします。』(18/信友直子監督)、『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』(20/田部井一真監督)など。

『私のはなし 部落のはなし』予告編映像

監督

満若勇咲

プロデューサー

大島新

撮影:辻󠄀智彦
編集:前嶌健治
整音:高木創
音楽:MONO
語り・テキスト制作:釆奈菜子
2022/日本/205分/ドキュメンタリー

配給:東風
公式HP:https://buraku-hanashi.jp/
(C)『私のはなし 部落のはなし』製作委員会

5/21(土)より
[東京]ユーロスペース、[大阪] 第七藝術劇場、シネマート心斎橋にて、
ほか全国の映画館で順次公開!