濱口竜介監督最新作
芸術大国・フランスで大ヒット!

昨年開催された第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)に輝き、フランス国内プレミア上映のナント三大陸映画祭では最高賞〈金の気球賞〉、観客賞のW受賞、第17回CineFestミシュコルツ国際映画祭では最高賞にあたる〈エメリック・プレスバーガー賞を〉受賞するなど、昨年日本で公開されるやBunkamuraル・シネマで連日満席が続出、傑作と称賛する反響を呼んだ映画『偶然と想像』。

関連記事:世界が注目濱口竜介監督!脚本開発や役者との関係性に迫る!【インタビュー】

濱口監督の『ドライブ・マイ・カー』アカデミー賞国際長編映画賞受賞により、本作の注目度もより一層高まり、本作の公開国は現在で20カ国以上の国と地域で上映決定、40以上の映画祭に出品になりました。

日本国内では2021年12月17日(金)の公開から動員数は7万人を超え、現在も4ヶ月以上の大ヒットロングラン中。本作の公開館Bunkamuraル・シネマでの上映が5/5(木)で終了します。

そして、2022/4/6にフランス全土で公開された本作が、公開からわずか3週間足らずで動員が10万人を突破!!(2018年公開 濱口竜介監督『寝ても覚めても』はフランスの最終動員が約10万人。)

フランス版ポスタービジュアルは、白を基調とした日本版とは全く異なり、第2話「扉は開けたままで」の奈緒(森郁月)が中心に大きく描かれ、パープル一色で構成された鮮明で印象的なポスターとなっています。

さらに韓国でも5/4(水)〜公開が決定。本作の第一話に出演している玄理が韓国での本格的活動を目指し、『偶然と想像』韓国公開に合せて訪韓も予定しています。

今、世界中から注目を集める濱口竜介監督の最新作『偶然と想像』は、日本でもまだまだ公開中ですので、ぜひ劇場でご覧ください!!

今後の上映予定館詳細は公式サイトをご確認ください。

映画『偶然と想像』作品情報

偶然と想像_クレジット表記,画像 偶然と想像_クレジット表記 偶然と想像_クレジット表記

監督・脚本:濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』(監督) / 『スパイの妻』(共同脚本)

出演キャスト:
古川琴音 中島歩 玄理 渋川清彦 森郁月 甲斐翔真 占部房子 河井青葉

配給:Incline 配給協力:コピアポア・フィルム(2021年/121分/日本/カラー/1.85:1/5.1ch ) ©2021 NEOPA / fictive

Bunkamuraル・シネマほか全国公開中!