すべてのアーティストに捧ぐ―――うるせえ馬鹿野郎。

平成から令和へと変わりゆく時代を生きる”持たざる者”たちの激苦な愛と青春のラプソディ。

 TAMA NEW WAVEでグランプリ他3冠に輝いた傑作「ウルフなシッシー」やYouTubeドラマから発展した怪作「アストラル・アブノーマル鈴木さん」など、不器用で一筋縄ではないキャラクターたちの日常と”ジワる”人間臭さを照射し、心に刺さる台詞の数々と骨太な構成でファンを獲得し続けている鬼才・大野大輔監督が描く物語。

鳴かず飛ばずのシンガーソングライター、月見ゆべしを演じたのは、映画やドラマ、舞台と幅広く活躍する俳優・早織。

それまでギターを持ったことがなかったものの、今回の出演にあたり、劇中歌を手掛けた西山小雨のサポートを受けながら練習を重ね、撮影時には吹き替えなしで演奏できるまでに上達しました。

夢を捨ててゆべしを支えるマネージャーとなる信太役には、大野大輔監督自ら出演。

そのほか、濱正悟(『ナポレオンと私』「恋せぬふたり」)、元AKB48の加藤玲奈、川上なな実(『東京の恋人』「全裸監督」)、ミスiD出身のひらく(『恋愛依存症の女』)、福永朱梨(『本気のしるし』『彼女はひとり』)、小竹原晋(『街の上で』)などが脇を固めます。

映画『辻占恋慕』作品情報

あらすじ

ロックデュオ「チカチーロンズ」のボーカル・信太はある日の対バンライブでギターの直也にドタキャンを食らわされる。

路頭に迷う信太に救いの手を差し伸べたのはシンガーソングライターの月見ゆべしだった。売れない、金ない、時間ない、三十路同士の二人は共鳴し、やがて信太はゆべしのマネージャー、そして恋人となる。

しかしメジャーに進出させたい信太と自分のスタイルを頑なに曲げないゆべしの溝は日に日に深まっていくばかりで…。

予告動画

キャスト
早織
大野大輔
濱正悟
加藤玲奈
川上なな実
ひらく
福永朱梨
小竹原晋
堀田眞三

監督・スタッフ
監督・脚本:大野大輔

5月21日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

公式サイト
http://tsujiurarenbo.com/

© 2021 E&E