ドイツ映画界のトップスター主演作!

ベルリン国際映画祭で絶賛され、ドイツ映画賞最多10部門ノミネート主要3部門受賞の注目作『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』が、6月10日(金)よりBunkamura ル・シネマ他全国順次公開です!

本作は、「飛ぶ教室」のE・ケストナー唯一の大人向け長編小説をドイツ映画界のトップスター トム・シリング主演で映画化!
さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について
1931年、狂躁と頽廃のベルリン。ひたひたとナチズムの足音が聞こえてくる。作家を志してベルリンにやってきたファビアンだったが、目的のない毎日を繰り返すばかり。

女優を夢見るコルネリアとの恋、ただ一人の「親友」ラブーデの破滅。世界が大きく変わる予感と不安の中で、青年ファビアンは「これからどこへ歩き出せばいいのか」と惑う。
さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について
原作は、「飛ぶ教室」「ふたりのロッテ」などで知られる児童文学の大家エーリヒ・ケストナーが書いた唯一の大人向け長編小説にして最高傑作と謳われる「ファビアン あるモラリストの物語」。

本作が日本初登場となるドイツの名匠、ドミニク・グラフ監督が、ドイツ映画界のトップスターとなったトム・シリングを主演に、縦横無尽に映像を駆使して、90年前の小説を「今、この世界の映画」として完成させた話題作です!
さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について
ヒロイン・コルネリア役のザスキア・ローゼンダール(『さよなら、アドルフ』)の美しさ、当時のベルリンの退廃的な風景やファッションも見逃せません!

このたび、本作の劇場公開直前の一般試写会を実施、映画ログプラスをご覧の方から抽選で5組10名様をご招待いたします!

6月8日(水)一般試写会に合計5組10名様ご招待!

日時:6月8日(水)16:30開場/17:00開演(上映時間178分)
場所:ゲーテインスティトゥート東京
〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-56

募集人数:5組10名様

上映終了後、主演 トム・シリングによる約20分のオンライントークを予定しております。(終演20:20)
※マスコミ取材が入る場合があります。
※変更・中止の場合は映画公式サイト、映画公式SNSにてお知らせいたします。

■トークゲスト:主演(ファビアン役)トム・シリング(俳優)予定
1982年、東ベルリン生まれ。2012年に『コーヒーをめぐる冒険』に主演し、ドイツ映画賞主演男優賞はじめ数々の俳優賞に輝く。

大ヒット作『ピエロがお前を嘲笑う』(2014)も大きな話題を集め、ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門出品作『ある画家の数奇な運命』(2018)での若き天才芸術家役も絶賛され、国際的な人気俳優ダニエル・ブリュールに続く、ドイツ映画界のトップスターに。

本作での演技もドイツ映画批評家賞最優秀男優賞にノミネートされるなど高く評価されている。

◆当選のご連絡やコロナ感染対策の注意事項に関しましては、下記注意事項を必ずお読みください。

※ご来場の際は、当選通知メールをご持参ください。
※当選権は、ご本人様とお連れ様1名様のみ有効です。
※当選権利の譲渡、換金はできません。
※開映後のご入場、及び、満席の際はご入場をお断りさせて頂くことがございます。ご了承ください。
※会場入場時に、ご本人様確認と持ち物検査を実施する場合がございますのでご了承ください。
※本試写会は、天候や災害などでやむを得ず、急遽中止する場合がございます。その先の振り替えや交通費の払い戻しはできませんので、あらかじめご了承ください。
※会場までの交通費は、当選者さまのご負担となります。また、会場内でのトラブルなどについての責任は負いかねます。
※中学生以下の方は保護者同伴でお越しください。
※マスク着用、事前に検温及び手指消毒をお願いいたします。
※会場内での撮影、録音行為は禁止です。カメラ・ビデオカメラなどの録音・録画機器の持ち込みはご遠慮ください。
※下記症状のある方はご入場をお控えいただくよう、ご協力をお願いいたします。
①ご来場前に検温を行い37.5度以上の熱がある場合/②咳・咽頭痛などの症状がある場合/③新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある場合/④同居家族や身近な知人の感染が疑われる場合/⑤過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある場合/⑥マスク着用、手指消毒、検温、ソーシャルディタンス等の注意事項を守って頂けない場合。

応募方法

手順①:映画ログプラス公式ツイッターアカウント(@eiga_log_plus)をフォロー。
手順②:注意事項の内容に同意の上、プレゼントツイートをRTして応募完了です!

※当選者の方々には編集部からDMにて当選のご連絡をさせていただきます。その際、氏名等個人情報をお預かりさせていただきます。また、当選ハガキは本作配給のムヴィオラ社より送付いたします。

応募締め切り:2022年5月31日(火)AM11:59までのご応募分有効

『さよなら、ベルリン』予告編映像

作品情報

英題:Fabian – Going to the Dogs|原作:エーリヒ・ケストナー「ファビアン あるモラリストの物語」(みすず書房)

監督:ドミニク・グラフ
出演:トム・シリング(『コーヒーをめぐる冒険』『ピエロがお前を嘲笑う』『ある画家の数奇な運命』)、ザスキア・ローゼンダール(『さよなら、アドルフ』『ある画家の数奇な運命』)

2021年|ドイツ|178分|スタンダード|PG12|字幕:吉川美奈子
© 2021 LUPA FILM / DCM Pictures / ZDF / Arte

配給:ムヴィオラ
公式HP:https://moviola.jp/fabian/
さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について

6月10日(金)より
Bunkamura ル・シネマ他全国順次公開