医師 中村哲の生き方をたどる ドキュメンタリーの完全版!
劇場版 「荒野に希望の灯をともす」百の診療所より一本の用水路を

アフガニスタンとパキスタンで 35 年に渡り、病や貧困に苦しむ人々に寄り添い続けた医師・中村哲。戦火の中で病を治し、井戸を掘り、用水路を建設した。なぜ医者が井戸を掘り、用水路を建設したのか?そして中村は何を考え、何を目指したのか?

これは「生きるための」戦いだ。

中村の誠実な人柄が信頼され、医療支援が順調に進んでいた 2000 年。思いもよらぬ事態に直面し、中村の運命は大きく変わる。それが“大干ばつ”だ。渇きと飢えで人々は命を落とし、農業は壊滅。医療で人々を支えるのは限界だった。
荒野に希望の灯をともす,画像
その時、中村は誰も想像しなかった決断をする。用水路の建設だ。大河クナールから水を引き、乾いた大地を甦らせるというのだ。
荒野に希望の灯をともす,画像
荒野に希望の灯をともす,画像
しかし、医師にそんな大工事などできるのか?戦闘ヘリが飛び交う戦火の中で、無謀とも言われた挑戦が始まった―。
荒野に希望の灯をともす,画像
荒野に希望の灯をともす,画像
戦火のアフガニスタンで 21 年間継続的に記録した映像から、これまでテレビで伝えてきた内容に未公開映像と現地最新映像を加え劇場版としてリメイク。混沌とする時代のなかで、より輝きを増す中村哲の生き方を追ったドキュメンタリー!
荒野に希望の灯をともす,画像
荒野に希望の灯をともす,画像
荒野に希望の灯をともす,画像

コメント

中村哲さんの魂が、混迷した時代に、進むべき道を指し示す。
自ら動き、戦争の愚かしさを訴え、人々の命に光をあてる。圧巻だ。
アメリカの軍用機が飛び交う中、命の河を掘り進める。
その20年にわたる記録を撮り切った撮影隊にも敬服する。
今、全ての人が見るべきドキュメンタリーだ。
————塚本晋也(映画監督・俳優)

中村先生のコトバ一つ一つに魂を感じては泣いた。『自分の出来ることを、する』
もがきながらも、突き進む姿。先生の眼差しの先にはいつだって『ひと』がいる。
今の時代に、今の私たちに、必要な助言が溢れている今作。『先生、今の時代をどうみていますか?正直、生きてて欲しかった。』と最後に何度も呟いた。
————サヘル・ローズ (俳優・タレント)

人間は、街や村を破壊し、無数の人々を不幸のどん底に落とすことができる一方で、砂漠に水を引き、緑を蘇らせ、無数の人々に幸福をもたらすこともできる。
すべては私たちの選択にかかっている。私たちは中村医師に続かなければならない。
この映画を全世界のあらゆる人に観てほしい。
特に権力のある政治家たちには必修にしたい。
————想田和弘(映画作家)

ほか推薦コメント多数!

企画 ペシャワール会
朗読 石橋蓮司
語り 中里雅子
撮影・監督 谷津賢二
取材 柿木喜久男/大月啓介/アミン・ウラー・ベーグ
CG 平野雄一
音効 渡辺真衣/大島亮
演奏 中村幸
編集 櫻木まゆみ
構成・制作 上田未生
文化庁文化芸術振興費補助金/独立行政法人 日本芸術文化振興会
製作 配給 日本電波ニュース社
2022年/日本/カラー/90 分

7月23日(土)よりポレポレ東中野にてロードショー!
ほか全国にて順次公開