暴力で支配された“安心・安全な町”富士見町
従わないものは殴りつけリンチする町に
中年の刑事が大・大・大・大・大激怒!!

映画『激怒』は、8月26日(金)より新宿武蔵野館、テアトル梅田ほか全国ロードショーです。

企画・脚本・監督は高橋ヨシキ(本作『激怒』で長編監督デビュー)、主演を務めるのは近年の日本映画で最も多数の映画に出演していると言われる川瀬陽太。この2人がタッグを組んで贈る注目のバイオレンス映画『激怒』がついに完成した。

 

脇を固めるのは『横須賀綺譚』の小林竜樹、『太陽の子』の奥野瑛太ら、邦画界で活躍する注目の若手。ヒロインを演じるのは本作で映画デビューを飾る彩木あや

冒頭シーンには話題作『岬の兄弟』(片山慎三監督)主演の和田光沙松浦祐也も登場して驚かせる。

また『ローリング』『あのこは貴族』の渡邊琢磨と、三島賞作家で音楽家の中原昌也が担当したサウンドトラックは本作の見どころの一つであり、重低音とオーケストレーションが交錯するユニークな音楽が脳髄を直撃する。

さらに実写版『キングダム』、『アイアムアヒーロー』の藤原カクセイが特殊メイク・特殊造形を担当。

さらに米津玄師をはじめ数多くの人気アーティストの映像作品を手掛ける佐伯雄一郎がモーション・グラフィックを提供、オープニングとエンディングのアートはスティーヴン・キングやクライヴ・バーカー作品の装丁で世界的な人気を誇るゴシック・アーティストのダニエル・セラの手によるもの(https://www.danieleserra.com/)。

ユニークで優秀なスタッフ&キャストが集結したことで、大作をも凌ぐ前代未聞のバイオレンス・エンターテインメント映画が誕生した。ご期待ください。

迫力の本予告解禁!

このたび解禁となる本予告では、川瀬陽太演じるいったん激怒すると見境なく暴力を振るってしまう中年刑事、深間が、とある暴力事件をきっかけにニューヨークの医療施設に入れられ、3年の精神治療を経て日本に戻るところから始まります。

空港で若手刑事に迎えられ「最近はいい感じなんで、世の中」と聞かされる深間。しかし、帰国した彼を待っていたのは、「町内会」が暴力で支配する、変わり果てた狂気の町でした。

町の中では絶えず拡声器から「安心、安全、富士見町」というスローガンが流れ、通りの壁には「みんなが見ているよ!」と書かれたポスターがビッシリ…。

見回りを行う町内会のメンバーは、駐車料金を踏み倒した男を容赦なくリンチし、挙句の果てには気に食わない人間を残酷な処刑方法で焼き殺すなど、まさにやりたい放題!

異常な町の姿に、最初はなんとか怒りを抑えつけていた深間でしたが、立て続けに起こる理不尽な暴力に耐え兼ね、ついに怒りが爆発。「俺は、お前らを殺す!」と大激怒し、町内会を相手に血みどろの戦いを繰り広げます。狂った町に一人の中年刑事が立ち向かう、迫力の予告編が解禁です!!

新規場面写真を一挙7枚解禁!!

激怒,画像
激怒,画像
激怒,画像
激怒,画像
激怒,画像激怒,画像

『激怒』予告編映像

あらすじ

中年の刑事・深間(川瀬陽太)には、いったん激怒すると見境なく暴力を振るってしまうという悪癖があった。かつてはその暴力を活かして街から暴力団を一掃した功労者と讃えられたこともあったが、度重なる不祥事に加え、大立ち回りで死者まで出してしまった責任を問われ、海外の治療施設へと送られることになる。

数年後、治療半ばにして日本に呼び戻された深間は、見知った街の雰囲気が一変してしまったことに気づく。行きつけだった猥雑な店はなくなり、親しくしていた飲み仲間や、面倒をみていた不良たちの姿もない。

一方、町内会のメンバーで結成された自警団は「安心・安全」のスローガンを掲げて高圧的な「パトロール」を繰り返している。

一体、この街に何が起きているのか? 深間の中に、久しく忘れていた怒りの炎がゆらめき始める……。

キャスト

川瀬陽太『ローリング』「レッドアイズ監視捜査班」(TV)
小林竜樹
奥野瑛太
彩木あや
森羅万象

企画・脚本・監督

高橋ヨシキ

プロデューサー:森田一人、高橋ヨシキ、川瀬陽太
撮影:高岡ヒロオ
照明:岩丸晴一
特殊造形:藤原カクセイ
モーション・グラフィック:佐伯雄一郎
VFXスーパーバイザー:鹿角剛
音楽:中原昌也・渡邊琢磨

日本映画/2021年/100分/スコープサイズ/ドルビーデジタル
映倫:R15+

配給:インターフィルム
公式HP:https://gekido-rageaholic.com
(C)映画『激怒』製作委員会

8月26日(金)より
新宿武蔵野館、テアトル梅田ほか全国順次ロードショー