「主夫、なめたらあかんで!」”不死身の龍”として語り継がれる伝説の極道が足を洗って選んだ道は、専業主夫だった!人気コミックがドラマ、アニメに続きついに映画化!

おおのこうすけの同名コミックを原作とする人気テレビドラマ「極主夫道」を映画化。

最強の主夫力であらゆる家事をこなし、ご近所トラブルを解決してきた龍が、劇場版ではシリーズ最大のピンチに直面!
保育園を狙う極悪地上げ屋に対峙することになった龍の元に集まったのは、元レディースの総長、ドスの効いた保育士などクセ強すぎな面々。
シリーズ最大のチーム戦、隠し子騒動、龍を巡って勃発する恋愛バトル……
すべてにケリをつけるため、龍は“ある決戦”を開幕する!

原作は2018年からウェブコミックサイト「くらげバンチ」で連載中の、おおのこうすけによる同名コミック。
単行本の累計発行部数はすでに550万部を突破し、2021年春にはアニメ化もされている。
ドラマ版に続いて玉木宏が龍を演じるほか、川口春奈、志尊淳、竹中直人、稲森いずみ、滝藤賢一ら鉄板のレギュラー陣が総出演!
さらに吉田鋼太郎が謎のイタリアかぶれのマフィアを、松本まりかが龍に惚れる元レディースを、安達祐実がキレると豹変する保育士を演じるなど“濃いキャラ”たちが大渋滞!

『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の瑠東東一郎監督がドラマに続いてメガホンをとり、いま最も勢いのあるヒップホップ・ユニットCreepy Nutsが主題歌を手がけるなど祭の準備は万端!
この夏、豪華俳優陣が役者生命をかけ、スクリーンで全力で暴れ倒す!

笑って、笑って、ラストは感動!夏先取りの”お祭り”ムービー。

映画『極主夫道 ザ・シネマ』作品情報

あらすじ

かつて“不死身の龍”と恐れられた伝説の極道・黒田龍 (玉木宏)は美久(川口春奈)との結婚を機に足を洗い、最強の専業主夫として血のつながらない娘・向日葵(白鳥玉季)と3人で穏やかに暮らしていた。

そんなある日、街に近藤(吉田鋼太郎)率いる極悪地上げ屋が現れる。
彼らが狙うのは、白石(安達祐実)が園長を務める「かりゅう保育園」の土地。
近藤の手下による執拗な嫌がらせは続き、龍は元舎弟の雅(志尊淳)と用心棒を買って出るが、近藤たちの行動はエスカレートしていく。

やがて元武闘派ヤクザで現在はクレープ屋の虎二郎(滝藤賢一)、その妹で元レディース総長の虎春(松本まりか)も龍の仲間に加わるが、龍の家の前に男の子が捨てられていたことで”隠し子騒動”が持ち上がったり、龍の男気に虎春が惚れたことで美久との間に龍を巡る恋愛バトルが勃発するなど、問題が次々に出現!

龍は抗争を終わらせるため、すべてにケリをつけるために“史上最大の夏祭り”を開幕する!

予告動画

キャスト
玉木宏
川口春奈
志尊淳
古川雄大
玉城ティナ
MEGUMI
安井順平
田中道子 ほか

監督・スタッフ
監督:瑠東東一郎
脚本:宇田学
原作:おおのこうすけ

配給
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

6月3日(金)より公開

公式サイト
https://www.gokushufudo-movie.jp/

© 2020-2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.