阿部サダヲ 岡田健史 白石監督お祝い3ショット
トラウマが緩和されるオフショット到着!

2013年度賞レースを席巻した、史上最悪の凶悪事件とその真相を描いた問題作『凶悪』で注目を集め、恋愛ミステリーに挑戦した『彼女がその名を知らない鳥たち』や、警察とやくざの血で血を洗う攻防戦を過激な描写も辞さずに描いた『孤狼の血』でも数々の映画賞を獲得しただけでなく、高い支持を得ている、今日本映画界で最も注目される白石和彌監督が、注目の作家・櫛木理宇の最高傑作を映画化。映画『死刑にいたる病』大ヒット上映中です。

好成績でロングランの大ヒットを記録し、先日も富川国際ファンタスティック映画祭とニューヨーク・アジアン映画祭の2つの海外映画祭への出品が決定した本作。

この度、ついに興行収入がついに10億円を突破し、その記念にお祝い3ショット&撮影オフショットが到着!

10億突破の記念に主演の阿部サダヲ、岡田健史、白石和彌監督の3ショットが到着!

公開7週目を迎え、興行収入が6/22時点で興行収入1,009,724,660円を記録し、ついに10億円を突破した。2022年映画興行収入で10億超えた邦画実写作品は、インディペンデント配給邦画作品の中で本作が唯一となり、『ドライブマイカー』(21)以来の快挙となる。

また、白石和彌作品の中で“初の10億突破”作品となり、櫛木理宇の原作「死刑にいたる病」(ハヤカワ文庫刊)は電子書籍とあわせて20万部突破した。

公開から1か月以上経つ現在も多くの観客が映画館に足を運んでいることを知り、阿部は「若い方がたくさん観てくださっていると聞いて嬉しいです。怖いイメージがついたので変えていかなきゃと思っています!」

岡田は「多くの方に観ていただいているのを日々感じていて、本当にありがたいです」と喜び、この作品が自身にとって「集大成になりました!」とコメント。

監督は「本当に嬉しいです!皆さんがアップしてくださっているSNSの投稿も見ています!可能性を広げてくれて、新たにチャレンジできるきっかけをくれた作品になりました」と感謝を述べた。

また、SNS上では阿部演じる連続殺人犯・榛村大和の狂気に怯える声が続出しているため、少しでもトラウマを緩和いただけるよう10億突破記念で撮影オフショットを大放出!
死刑にいたる病,画像死刑にいたる病,画像
死刑にいたる病,画像死刑にいたる病,画像
写真には阿部や岡田をはじめ、白石組お馴染みの音尾琢真、爪を笑顔で見せる宮﨑優、そして榛村の餌食になる学生役の山時聡真、竹村浩翔、清水ららが阿部と笑顔で映る姿が収められている。
死刑にいたる病,画像
死刑にいたる病,画像
死刑にいたる病,画像死刑にいたる病,画像死刑にいたる病,画像
作品からは想像もつかない満面の笑顔で楽しそうに撮影を行っていたことが伺える微笑ましいカットだ。まだ劇場へ足を運ぶ勇気のない方は、ぜひこのオフショットを脳裏に焼き付けてから映画館でお楽しみいただきたい!

映画『死刑にいたる病』本予告映像

あらすじ

理想とは程遠いランクの大学に通い、鬱屈した日々を送る雅也(岡田健史)の元にある日届いた1通の手紙。それは世間を震撼させた稀代の連続殺人事件の犯人・榛村(阿部サダヲ)からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行を行っていた当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」。榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。そこには想像を超える残酷な事件の真相があった――

キャスト

阿部サダヲ 岡田健史
岩田剛典
宮﨑優 鈴木卓爾 佐藤玲 赤ペン瀧川 大下ヒロト 吉澤健 音尾琢真
中山美穂

監督

白石和彌

原作

櫛木理宇「死刑にいたる病」(ハヤカワ文庫刊)

脚本

高田亮

配給:クロックワークス
公式HP:siy-movie.com
©2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

大ヒット上映中!

死刑にいたる病,画像