ミステリアスで美しい映像と⾳楽が印象的な予告編が解禁!

フランス映画界の名優であり『さすらいの⼥神たち』(10)など数々の監督作でも知られるマチュー・アマルリックの最新作で、昨年のカンヌ国際映画祭[カンヌ・プレミア]部⾨に選ばれた『彼⼥のいない部屋』8/26(⾦)より Bunkamura ル・シネマほか全国公開となります。
彼⼥のいない部屋,画像

バラバラのピースが、突然つながる瞬間。涙が堰を切る。
個性的な名優マチュー・アマルリック、監督としての最⾼傑作。

監督・脚本は、個性的な名優であり、カンヌ国際映画祭監督賞に輝くなどすでに監督としても⾼く評価されるマチュー・アマルリック。本作ではかつてないモンタージュで⼈間の感情を表現し切り、「彼の最⾼傑作」とフランス国内で絶賛が寄せられている。

海外資料にあるストーリーは「家出をした⼥性の物語、のようだ」という 1 ⾏のみ。フランス公開時にも物語の詳細は伏せられ、展開を知らない観客がある真実に気づいたときに⼤きな衝撃で⼼が動揺するほど感動したという作品だ。主⼈公クラリスを演じるのは、最も旬な⼥優とも⾔われるヴィッキー・クリープス(『ファントム・スレッド』『オールド』『ベルイマン島にて』)である。
彼⼥のいない部屋,画像
このたび公開に先駆け予告編が解禁。ひとり遠くへ⾞を⾛らせる主⼈公クラリス、彼⼥の夫や娘、息⼦の姿、ピアノを弾く娘、雪⼭を歩くクラリスと、時系列のわからない場⾯が連なり、最後までミステリアスな予告編になっている。

中でもクラリスとその夫が⽬を閉じて“⼼の声”でやりとりをしているように⾒える場⾯は印象的だ。そして、映像とともに印象的なのが⾳楽。

予告編では、ベートーヴェン「エリーゼのために」に始まり、フランス・バロックのラモー作曲「ガヴォット」をピアノが奏で、伝説のサイケロックバンドとも⾔われるブライアン・ジョーンズタウン・マサカーの知られざる名曲「OPEN HEART SURGERY」がメロディアスに響く。

⾳楽にもこだわりを⾒せるアマルリック監督は、本編では J.J.ケイルの「チェリー」やマルタ・アルゲリッチのピアノも使⽤しているという。

予告編最後には監督からの「彼⼥に何が起きたのか、映画を⾒る前の⽅々には明らかにしないでください。」というメッセージが添えられている。バラバラのピースが突然つながるとき、深い感動が観客を包む、マチュー・アマルリック監督渾⾝の傑作、公開をどうぞご期待ください。

『彼⼥のいない部屋』予告編映像

キャスト

ヴィッキー・クリープス(『ファントム・スレッド』『オールド』)
アリエ・ワルトアルテ(『Girl/ガール』)

監督

マチュー・アマルリック

原題:SERRE MOI FORT
英語題:HOLD ME TIGHT
2021 年|フランス|97 分|DCP|1:1.85 ビスタサイズ|5.1ch|カラー
レイティング:一般 G
日本語字幕:横井和子

配給:ムヴィオラ
公式HP:http://moviola.jp/kanojo
© 2021 – LES FILMS DU POISSON – GAUMONT – ARTE FRANCE CINEMA – LUPA FIL

8 月 26 日(金)より、Bunkamura ル・シネマ他全国順次公開