いろんな意味で暴力的な作品で、恐らく今日なら撮りません

チャーリー・シーン主演、『ザ・デクライン』(81)『反逆のパンク・ロック』(83)『ウェインズ・ワールド』(92)のペネロープ・スフィーリス監督による『ブロークン・ジェネレーション』(85)が 8 月 19 日(金)より新宿シネマカリテにてデジタル・ニューマスターで日本初のロードショー公開となる。
この度、日本版予告編が完成、場面写真が追加解禁となった。

地平に新たな絶望の青春を叩きつけた衝撃の残酷作

とある小さな田舎町。高校卒業を迎えた二人の青年たちは、工場で働く退屈な日々を目前に控え、衝動的にハリウッドへ現実逃避の旅に出る。未来への夢や希望はない。心、友情が次第に引き裂かれていくなか二人は犯罪と殺人に手を染め追い詰められていく・・・。
ブロークン・ジェネレーション,画像ブロークン・ジェネレーション,画像
パンク・ドキュメンタリー映画の最高峰といわれる『ザ・デクライン』(81)でアメリカン・パンクの生態を捉え、『反逆のパンク・ロック』(84)では社会から排除された孤児たちの儚い日常を切り取り、『ウェインズ・ワールド』(92)で興行収入1億ドル突破したペネロープ・スフィーリス監督が、実在の連続殺人鬼の記事を目にしたことを動機に不安定な若者の苦い青春像を描き出した衝撃作。
ブロークン・ジェネレーション,画像
本作は米国初公開時、ジョナサン・カプラン監督『レベルポイント』(78)や、テレンス・マリック監督『地獄の逃避行』(73)と比較され、誰もが抱える大人への成長の不安と殺人鬼の心理を描ききり、あからさまな共感を求めない淡々と絶望を綴る演出で高く評価された。

主演は『処刑ライダー』(86)、『プラトーン』(86)、『ウォール街』(87)などでスター街道を突き進むこととなるチャーリー・シーンと、主演作『グリース2』(82)の大コケで干され気味だったマックスウェル・コールフィールド
ブロークン・ジェネレーション,画像
主演二人の鬼気迫る演技と、ドキュメンタリー映画出身の監督ならではのリアルな描写と設定は、フィクションという枠を超えて人間の抱える本物の恐ろしさに満ちている。どこにでもいる普通の若者が些細なきっかけで破滅への道を辿ることとなる展開は如何にもリアルなもので、海外では本作はホラー映画を観るよりもはるかに恐ろしい映画体験と語る者が多い。
ブロークン・ジェネレーション,画像
監督は近年のインタビューにおいて本作の暴力描写を悔いており、本作を作らなければよかったとまで語っている。いまやアメリカ映画史上の傑作といわれる『地獄の逃避行』に主演したチャーリー・シーンの父、マーティン・シーンは本作の試写で途中退席した。
ブロークン・ジェネレーション,画像
『ブロークン・ジェネレーション』は公開当時も今も、変わらず観る者に現実に起こり得る恐怖を与える役割を果たしている。劇中にフィーチャーされた音楽は CODE BLUE、THE CRAMPS、GREAT WHITE、IGGY POP など。
ブロークン・ジェネレーション,画像
日本では未公開、VHS の発売やテレビ放送で終わっていたが、制作から 37 年を経て、最新のデジタル・ニューマスターで初公開となる。

日本版予告篇が完成!

今回解禁された日本版予告編では、どこにでもいる若ものたち(チャーリー・シーン、マックスウェル・コールフィールド)は希望を求め、田舎町から LA を目指す。だが 80 年代のロサンゼルスの街並み、夜景はその危険性と共にふたりを少しずつ蝕み、自分の中に秘めた何かはやがて狂暴化する。
ブロークン・ジェネレーション,画像
また、冒頭は「この映画を撮ったことを、後悔している。」という、監督の衝撃的な言葉から始まる。実際ペネロープ・スフィーリス監督は海外メディアの取材に対し、本作の暴力性を悔いていることを常に語っており、今現在ならば本作を撮っていないだろうと話している。
ブロークン・ジェネレーション,画像
併せて、この度届けられた日本向けのビデオメッセージにおいても、「皆さんに楽しんでほしい」と語ると同時に「暴力的な作品で恐らく今日なら撮りません」と監督は話しており、本作の強烈な暴力を単なるエンタテインメントとして捉えてもらいたくない、あくまで反暴力のメッセージを込めたものだ、ということを観る者に理解してほしいということだと推測できる。

『ブロークン・ジェネレーション』は 8 月 19 日(金)より新宿シネマカリテにて公開。
9月 9 日(金)よりシネ・リーブル梅田、アップリンク京都にて、以降全国順次公開となる。

『ブロークン・ジェネレーション』予告編映像

https://youtu.be/6hJIeJHoVDc

ペネロープ・スフィーリス監督メッセージ動画

https://youtu.be/rmnQ95XGTLc

キャスト

チャーリー・シーン、マックスウェル・コールフィールド、パティ・ダーバンヴィル、ハンク・ギャレット、クリストファー・マクドナルド、ムーン・ザッパ

監督

ペネロープ・スフィーリス

脚本

グレン・モーガン、ジェームズ・ウォン

音楽:ジョージ・S・クリントン
撮影:アーサー・アルバート

1985 年|アメリカ|91 分|PG12|VHS
邦題:ブロークン・ジェネレーション/撲殺!射殺!極限の暴力少年たち
テレビ邦題:隣の少年たち
原題:THE BOYS NEXT DOOR

配給:ビーズインターナショナル
公式HP:newworldpicturesmovie.jp
© 1984 The Killer Venture. All rights reserved.

新宿シネマカリテにて 8 月 19 日(金)より公開
シネ・リーブル梅田/アップリンク京都にて 9 月 9 日(金)より、
以降全国順次公開