すべての始まりは、2大カリスマの暗殺事件

90年代アメリカのヒップホップ・シーンを代表する二大カリスマ“2PAC”と“ノトーリアス・B.I.G. (ビギー)”が暗殺された実在の未解決事件を題材に、ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーが豪華競演を果たしたクライム・サスペンス。

『L.A.コールドケース』,画像

「四半世紀、ヒップホップ・ファンを悩ませた「未解決事件」の答えがここにある。20世紀最高のラッパー2人の殺害事件の裏に、これほどの巨悪があったとは。いまの世相にも通じる、真実を追う側と隠蔽する権力の闘いがスリリングだ。」池城美菜子(音楽ライター/翻訳)

あらすじ

『L.A.コールドケース』,画像 『L.A.コールドケース』,画像 『L.A.コールドケース』,画像 『L.A.コールドケース』,画像

加害者は麻薬取締担当の覆面捜査官フランク・ライガ。一方、被害者のケヴィン・ゲインズもロス市警に勤務する警官だった。サザンロック・バンド、ブラックフットの曲をかけながら信号待ちをしているライガの車の隣に、スヌープ・ドッグの“Murder Was The Case”を大音量で流すゲインズの車が停まり、二人は口論となってしまう。

『L.A.コールドケース』,画像 『L.A.コールドケース』,画像 『L.A.コールドケース』,画像

『L.A.コールドケース』,画像

そして、同じ警察同士だと知らずに起こった路上のいざこざは、カーチェイスのすえに殺人事件へと繋がってしまう。

しかし、被害者のゲインズには一つの秘密があった。彼は警官であると同時にギャング・グループ“ブラッズ”のメンバーだったのだ。

事件を追い続けた実在の刑事プールが辿り着いた“真実”とは一体…?

『L.A.コールドケース』予告編映像

https://youtu.be/CMn8QyoHMm0

出演キャスト:ジョニー・デップ フォレスト・ウィテカー トビー・ハス デイトン・キャリー

監督:ブラッド・ファーマン(『潜入者』『リンカーン弁護士』)
原作:ランドール・サリヴァン「LAbyrinth」
脚本:クリスチャン・コントレラス
2018年│アメリカ・イギリス│英語・スペイン語│112分│カラー│スコープ│5.1ch│G│原題:CITY OF LIES│字幕翻訳:種市譲二
© 2018 Good Films Enterprises, LLC.
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ

公式HP:la-coldcase.jp

8月5日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷
グランドシネマサンシャイン 池袋 ほか公開