CG 全盛の時代に問う、スタントマンの存在。その意義と理由―。豪華キャストで贈るアクション快作が誕生。
南翔太主演。
現役スタントマン・髙橋昌志ほか、石黒賢、池上季実子ら実力派が結集!

この度、12 月23日(金)より、新宿武蔵野館での公開が決定しているなか、タイトルを『狼 LONEWOLF』から『狼 ラストスタントマン』への改題となります。スタントマンの世界を描く本作をよりダイレクトに訴求させるべく、そしてCG全盛の時代に問うべく、副題
に〝ラストスタントマン〟と決定。製作委員会で協議の上、決定に至りました。また、改題と併せてポスター・ビジュアルが解禁となります。

解禁されたビジュアルでは、実際に前代未聞のスタントを敢行した≪ジャンピング・ロール・オーバー・シー・ダイブ≫を上部に配置。下部に、石黒賢演じる元スタントマン、藤堂仁の下でスタント修業に励む、南翔太演じる星アキラの一コマを配置。静と動のコントラストが、キャッチ・コピー、「スタントで父を失った青年は、ある男に復讐を誓う―。」と、ボディ・コピー、「恩讐の彼方に、運命は導かれる。

それは前例がない、ジャンピング・ロール・オーバー・シー・ダイブ。」に、どう繋がっていくのか、観る者の興味を惹きつける仕上がりとなっております。

あらすじ・ストーリー

星アキラ(南翔太)は、早くに父を亡くして母親とアメリカへ渡ってモトクロスのプロレーサーになるが、母の死をきっかけに帰国する。
その理由は、父の事故死の原因となった元スタントマン、大久保豪(髙橋昌志)への復讐の為。叔母の夏目瞳(池上季実子)から「殺さないと約束するなら」と居場所を聞き出し、「俺もスタントマンになってケリをつける」と啖呵を切るが、豪は何も語らず、日本を代表する存在だった頃の面影はなかった。

アキラは元スタントマンの藤堂仁(石黒賢)の下でトレーニングを始めるが、得意だったバイクも上手く操れない。藤堂から「事故なく早く走るのがレースだが、カースタントは派手にクラッシュを起こす。生きるか死ぬか。スリルの芸術だ」と諭されて練習を重ねていく―。

ある日、車を回転させながら空中へと飛ばして海にダイブする仕事の依頼がアキラに舞い込む。それは、父が事故死したスタントだった…。さらに風雲急を告げる事態が巻き起こる―。

作品情報

■キャスト
南翔太/髙橋昌志/石田卓也/池上季実子(友情出演)/粟野如月/藤澤志帆/丸りおな/倉田昭二/安田龍生/石黒賢
■スタッフ
監督・脚本:六車俊治 プロデューサー:髙橋昌志 六車俊治 音楽:谷地村啓
製作:「狼 ラストスタントマン」製作委員会(シールズ/六歌仙フィルムス) 配給:武蔵野エンタテインメント株式会社
2022/カラー/日本/86 分/ビスタサイズ/G/©2022「狼 ラストスタントマン」製作委員会
公式サイト:lonewolf-movie.com
公式ツイッター:@wolf_laststunt

12月23日(金)より、新宿武蔵野館にてロードショー!