1993年より日本で開催され、今年で26回目を迎えるフランス映画祭。6/21(木) オープニングイベントにナタリー・バイ常盤貴子是枝裕和ら豪華映画人が参加!

2006年からは場所を横浜から東京に移して開催されていましたが、日仏交流160周年を迎える今年は2005年以来13年ぶりに横浜で6月21日(木)から24日(日)に開催。

4/23(月)には、フェスティバル・ミューズの常盤貴子さんらを迎え「フランス映画祭 2018」ラインアップ発表記者会見が都内で行われました。みどころ満載のフランス映画祭2018、是非横浜へ足を運んで映画祭を楽しんで下さい。

■ 上映作品一覧
セラヴィ!(Le Sens de la Fête)
顔たち、ところどころ(Visages Villages)
子どもが教えてくれたこと(Et Les Mistrals Gagnants)
2重螺旋の恋人(L’amant Double)</a>
See You Up There(Au Revoir Là-haut)
グッバイ・ゴダール!(Le Redoutable)
メモワール・オブ・ペイン Memoir of Pain(La Douleur)
REVENGE リベンジ(Revenge)</a>
CUSTODY/カストディ(Jusqu‘à la Garde)
とてもいじわるなキツネと仲間たち(Le Grand Méchant Renard)
マルヴィン、あるいは素晴らしい教育(Marvin ou la Belle Éducation)
ブラッディ・ミルク(Petit Paysan)

■ 期間・会場
2018年6月21日(木)〜6月24日(日)全4日間
みなとみらい地区中心に開催

6/21:オープニングセレモニー・上映
(横浜みなとみらいホール)

6/22〜24:通常上映
(イオンシネマみなとみらい)