and pictures地方上映特集【連載第3回】
美術館で映画上映
金沢に才能あるクリエイターを集めたい

『TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY「No Pain, No Gain」』上映
文:八田真(株式会社ノーワーク)

2019年7月、8月に山田孝之さんのドキュメンタリー映画『TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY「No Pain, No Gain」』の上映会を開催し、多くの方にご来場いただきました。
映画上映は自社事業との関連性は低いですが、自分たちが興味のある面白そうなことにチャレンジしていきたいという想いを大切に行動しています。

金沢は文化的な都市のイメージが強い一方、人口や市場などキャパシティの規模も関係があり、才能がある方々、特に個人の方々が表現をする場所がまだまだ少ないと感じています。そんな中、北陸新幹線開通後に多くのクリエイターの方が移住してきている背景があり、金沢で芸術を表現したいという方々がさらに集まるきっかけになればと思っています。今後は自身でそういった場所をつくることも目標にしています。その流れで、才能あるクリエイターの方々の空気に少しでも多く触れていきたいです。

会場料と上映料を支払いながら自力で集客している上映会スタイルでは、利益創出が極めて難しく、赤字は覚悟の上で開催していますが、将来的な目標に繋げるための投資と考えています。

映画を好きになるきっかけになったはじめての自主上映

映画鑑賞は人並み以下、ましてやストリーミング配信やテレビもほぼ観ない。本業は映画や映像とはまったく関連無し。そんな人間が上映会を開催することになった。

2019年に『TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY「No Pain, No Gain」』『メランコリック』『デイアンドナイト』と3作品の上映会を主催してみた中で、SNSを通していろんなメッセージをいただいた。
その中で、自分でも上映会を企画してみたい、どうやって開催したのか、という問い合わせを何通もいただいた。素人が上映会を開催した情報はあまり聞かず希少性を感じたので、今後上映会を主催する方への参考情報として少しでもお手伝いできればと思い書いてみます。