and pictures地方上映特集【連載第4回】
精神医療と地域をつなぐ 臨床心理士による映画上映【前編】

『デイアンドナイト』 上映&トークライブin鳥取 イベントリポート【前編】
文:谷口敏淳(一般社団法人Psychoro)

2019年12月1日。公開から10ヶ月を経て、初めて鳥取市で「デイアンドナイト」が上映されました。
小さな団体が主催したこの上映会には約420名が来場。素晴らしい映画と豪華ゲストを迎えてのトークライブは地域でも話題になったのですが、それはエンターテインメントの枠を超え、この上映会が一つのミッションを持って開催されたためでもありました。

自己紹介:谷口敏淳(一般社団法人Psychoro)

このイベントを主催した小さな団体というのがPsychoro(サイコロ)。私が代表理事を務める一般社団法人です。「精神医療と地域をつなぐ」ため、2016年に設立しました。まずは私、谷口とPsychoroについて紹介させてください。

私は総合病院の精神科で臨床心理士として勤務したのち、大学の心理学科に赴任。同時に精神医療と地域の間にある壁をなくすべくPsychoroを設立し、医療、教育、産業で臨床実践を行いつつ、講演やイベントなどで精神保健に関する普及啓発活動にも取り組んできました。2019年3月に大学を退職し、Psychoroの活動に専念しています。

精神医療に関する問題は今やもっとも身近な話題の一つとなり、いわゆる “自閉症”などの発達障害や“うつ病”、センセーショナルに扱われがちな依存症などの言葉をメディアで見聞きしない日は無いほどです。この記事を読んでくださっているあなたやその周囲にメンタルヘルスに関する悩みなどを抱えている方がいる可能性も低くはないと思います。

問題はそこに病名がつくかどうかではありません。WHO(世界保健機構)は人間の「障害」について、機能の程度や有無ではなく「社会参加」を一つの軸として考えています。つまり人間としてどのような機能的ハンデがあったとしても、社会に参加できる環境があればそれは障害ではないという考え方です。障害はその人個人の中にあるわけではなく、“個人と社会との間”で生じるものなのです。

精神医療やメンタルヘルスに関する情報に触れるチャンスはあちこちにあり、比較的簡単にリーチできます。自身や身近な誰かのためにそこにアクセスする人はすでにたくさんいて理解が深まっていることは素晴らしいことです。しかし社会全体の理解を深めるには、まだ興味がない人たちにアプローチしなくてはならない。Psychoroが立ち上がった目的はそこでした。

ダイニングバーでお酒をや料理を楽しみながら精神科が実際はどんなところなのかについて聴くイベントなど、精神医療に関する話題を時にポップに、時に腹を割って話すトークイベント「サイコロトーク」を中心とした普及啓発だけでなく治療・予防に関わる活動も行っています。

ダイニングバーで開催した「精神科へGO‼︎〜謎だらけです、ドクター!」(2016年10月16日 鳥取市)