家も人生も、自分たちの手で建て直す。
生きづらいこの世界に立ち向かう母娘と隣人たちの、奮闘と希望の感動作。

『マンマ・ミーア!』のフィリダ・ロイド監督最新作『サンドラの小さな家』を4月2日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開。


本作は、アイルランドのダブリンを舞台に、夫から逃げてきた母娘が、隣人たちに助けられながら自らの手で小さな家を建てようとする物語。この困難な時代を照らす、奮闘と希望の感動作だ。


『女王陛下のお気に入り』を手掛けた製作会社のエレメント・ピクチャーズ、そして『マンマ・ミーア!』のフィリダ・ロイド監督という一流のスタッフが惚れ込んだのは、無名に近かったアイルランド出身の女優クレア・ダンだ。ダンは、「ホームレス状態になった」という親友からの電話に衝撃を受け、本作の脚本を執筆。その初脚本を読んだロイド監督は「天性の脚本家」と絶賛し、ダン自身が主演することを条件にこの映画の監督を買って出た。



2020年のサンダンス映画祭で初お披露目されるや、「力を与えてくれる、タイムリーな物語」(Variety)、「クレア・ダンという驚くべき才能の出現」(IndieWire)、「最高傑作」(LittleWhite Lies)とメディアや批評家が絶賛!米映画批評サイト「ロッテントマト」では満足度93%(2021/1/24時点)を記録し、Variety誌が選ぶ2020年ベスト映画第4位に選出された。


いま世界が熱い注目を向けるクリエーターのクレア・ダン。そして、彼女に共鳴したイギリス・アイルランドの実力派チームが結集した話題作『サンドラの小さな家』にどうぞご期待ください!

『サンドラの小さな家』予告映像

あらすじ

シングルマザーのサンドラ(クレア・ダン)は、2人の幼い子どもたちと共に、虐待をする夫のもとから逃げ出すが、公営住宅には長い順番待ち、ホテルでの仮住まいの生活から抜け出せない。ある日、娘との会話から小さな家を自分で建てるというアイデアを思いつく。

サンドラはインターネットでセルフビルドの設計図を見つけ、清掃人として働いている家のペギー(ハリエット・ウォルター)、建設業者のエイド(コンリース・ヒル)など、思いがけない人々の協力を得て、家の建設に取り掛かる。しかし、束縛の強い元夫の妨害にあい…。サンドラは自分の人生を再建することができるのだろうか?

監督

フィリダ・ロイド(『マンマ・ミーア!』、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)

キャスト

クレア・ダン
ハリエット・ウォルター(『つぐない』、「ザ・クラウン」)
コンリース・ヒル(「ゲーム・オブ・スローンズ」)

共同脚本

クレア・ダン、マルコム・キャンベル(『リチャードの秘密』)

配給:ロングライド
©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
公式サイト:https://longride.jp/herself/

4月2日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開