『GReeeeN初告白』ディレクターズカット版

当時、事故を起こした福島第一原発の20キロ圏内から、放射能に汚染された多くの遺体を見つけ出し、身元確認のため検死の作業に力を尽くした人たちがいた。その中に、『キセキ』などのヒット曲で知られるボーカルグループ、GReeeeNのリーダー・HIDEがいた。

「そのときみんな必死でしたからね、警察官の方も自衛官の方も…この方を家族に会わせるんだと」

メンバー4人全員が歯科医師で、福島県で誕生したGReeeeN。音楽と歯科医師の両立をするため、顔を出さず、メディアの取材を受けることはなかったが、震災から5年が経ち、福島の被災地で経験した事実について、初めて取材に応じた。「すごい衝撃があったので、いつもだったら頭の中で音楽のメロディを探すんですけど、思いつかなくなったというか、自分の中で音楽を見失ったというか、必要なんだろうかとか」。

「ご遺族の方にお会いできるお手伝いをできたのは、歯科医師になってよかったなって本当に思えた瞬間でした」。

ひとりでも家族のもとに帰したい、その思いで被ばくをしながら作業を続けた警察官、自衛隊、そして歯科医師たち。GReeeeNのHIDEが福島県の被災地を歩き、告白した。

実は、あのときHIDEが語っていたことは他にもあった。なぜ原発事故で取り残された遺体の検死作業に名乗り出たのか、その経験はHIDEに何を残したのか、そして被災地の応援ソング『Green boys』に込められた想いとは…。追加取材も交えた、『GReeeeN初告白』ディレクターズカット版。

GReeeeN(ぐりーん)

HIDE、navi、92、SOHの男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。
2007年1月24日シングル『道』でメジャーデビュー。メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。『キセキ』は今も日本国内においてもっとも多くダウンロード販売されたシングルとしてギネス記録を持っている。楽曲だけでなく、GReeeeNを題材にした書籍「それってキセキ〜GReeeeNの物語〜」(著・小松成美)や、映画「キセキ -あの日のソビト-」(松坂桃李・菅田将暉ダブル主演)の大ヒットによりその“生き方”にも注目が集まっている。2020年3月30日から放送開始のNHK 連続テレビ小説「エール」では、主題歌を担当。また、LINE公式アカウントのフォロワーは270万人を越え、クラウドのカリスマとして彼らの歌声に耳を傾ける人が増え続けている。

武石浩明(たけいし・ひろあき)監督プロフィール

1967年4月19日生まれ、千葉県出身。現・TBSテレビ報道局次長。
1991年TBS入社、朝の情報番組『モーニングEye』担当、統一教会問題など取材。 1994年報道局にて、夕方ニュース番組『ニュースの森』特集担当ディレクターとして、阪神大震災、オウム真理教事件、北極、ヒマラヤなど取材。 1996年TBSビデオ問題検証特番『証言』ディレクター、1997年報道局社会部『警視庁記者クラブ』担当記者。2001年夕方ニュース番組『ニュースの森』『イブニングファイブ』デスク、 2006年報道局社会部『司法記者クラブ』キャップとなり、防衛事務次官汚職事件、ライブドア事件裁判など取材。2008年朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』プロデューサー〜チーフプロデューサー、2013年報道局夕方ニュース番組『Nスタ』チーフプロデューサー、2014年朝の情報番組『あさチャン!』チーフプロデューサー、年末特別番組『報道の日2014』総合プロデューサー、報道局社会部デスクとなり東日本大震災5年GReeeeN初告白、地下鉄サリン20年の企画など放送。2017年社会部長、2020年現職。

監督

武石浩明

カメラ:金子孝礼 VE:寺谷和佳奈 編集:金野雅也
2021年/ステレオ/30分
© TBSテレビ


TBSドキュメンタリー映画祭
テレビで伝えきれないことがある

名称:TBSドキュメンタリー映画祭
上映作品一覧
期間・会場:2021年3月18日(木)〜21日(日)ユーロライブにて開催
プログラム:TV放映版から新たに編集をした作品に加え、劇場公開作を含む全22作品を上映!各上映には監督、その他ゲストによるトークイベントを開催予定。
主催:TBSテレビ
共催:ユーロスペース
公式サイト: www.tbs.co.jp/documentaryeigasai2021/
TBSドキュメンタリー映画祭,画像
TBSドキュメンタリー映画祭,画像

2021年3月18日(木)〜21日(日)ユーロライブにて開催