「どこにでもおるようで、どこにもおらん」奇妙で稀有なラッパー
小林勝行の生の記録
映画『寛解の連続』

熱狂的支持を集め、突如活動を休止したラッパー、小林勝行。隔離病棟での生活を経て、日常に復帰する姿を描いたドキュメンタリー
兵庫県神戸市出身のラッパー、小林勝行。2011 年に発表した 1st アルバム『神戸薔薇尻』で日本の地方都市に生きるアウトローの半生を生々しく描き、一部批評家やリスナーから熱狂的な支持を集めた彼は、その後の活躍を期待されていた矢先、活動を休止する。それは自身の抱えていた躁うつ病の症状が悪化した為だった。医者から「一生完治することがない病い」と診断された彼は、隔離病棟での生活を経て、ようやく日常に復帰する。
寛解の連続,画像
制作に 6 年の歳月をかけ、不世出のラッパー、小林勝行の人生と創作に焦点を合わせたのは、今作が長編初監督作となる光永惇。新しいアルバムの制作ドキュメンタリーを撮ることから企画は出発。神戸に向かい、小林にカメラを向けるなかで、いつしか監督自身も神戸に居を移し、生活を共にするようになる。小林が運転する軽自動車で、神戸の街を巡りながら語られる小林勝行という一人のラッパーの記憶は、いつしか神戸という街の記憶にオーバーラップし、絶望も希望も真剣に語るその表情は、鏡のように観る者を映し出していく――。
寛解の連続,画像
本作の完成と併せて、2017 年に 2nd アルバム『かっつん』が発表された。これはその傑作アルバムのメイキングドキュメンタリーであると同時に、いまも地方都市のそこかしこで生きているであろう、名もない誰かのドキュメンタリーでもある。
寛解の連続,画像
「寛解」とは、病気の症状や徴候が一時的に軽快した状態、あるいは見かけ上、消滅して正常な機能に戻った状態を指す。それを続けて生きていくこと。『寛解の連続』と名付けられたこの映画は、まさにそれでも生き続ける小林の生の記録そのものだ
寛解の連続,画像

あらすじ・ストーリー

退院した後の小林が、ラッパーとして復活するまでの一部始終を親密な目線で描いていく。隔離病棟での記憶、介護の仕事について、幼いころから信仰する宗教のこと。そして、自室にこもり真剣に自らと向き合いリリックを書く姿、それを楽曲としてレコーディングする姿…。感情を露わにさらけ出すその表情や生身の言葉は、活き活きとした生の肯定感に溢れている。
寛解の連続,画像
寛解の連続,画像

寛解の連続,画像
寛解の連続,画像

『寛解の連続』予告動画

公式HP

kankai-movie.com

キャスト

小林勝行
市和浩

映画『寛解の連続』作品情報

撮影・編集・監督・プロデューサー:光永惇
製作:sardinehead Pictures
配給・宣伝:ブライトホース・フィルム
2019/日本/112 分/DCP/カラー/16:9/ステレオ
©2019sardineheadpictures

2021年4月23日(金)よりアップリンク渋谷にて公開!