<技能実習生のリアル>
本編映像一部解禁!
上出遼平氏、福永壮志監督より
新たにコメント到着

昨年開催の第68回サンセバスチャン国際映画祭で新人監督部門に選出、また第33回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門に出品され話題を呼んだ藤元明緒監督による長編第2作目『海辺の彼女たち』が5月1日(土)より公開となります。
このたび公開にあわせて本編映像の一部を公開、さらにテレビ東京ディレクターの上出遼平さん、福永壮志監督より新たに届いたコメントを解禁いたします。

コメント

上出遼平 (テレビ東京・ディレクター)
台本のないドキュメンタリーこそリアルだ、と思う。
けれど、人はカメラを向けられた瞬間に通常の振る舞いを奪われる。
フィクションでしかリアルは映し出せない、とも思う。
しかし、その物語は嘘である。
この映画は、そのちょうど間にあった。
3人のベトナム人女性はこのスクリーンの中で、”ありえたもう一つの人生”を歩んでいる。
希望を抱いて越えた海の激しさも、雪の冷たさも、魚の生臭さも、全て現実として3人を刺している。
そして、現代の奴隷制とも揶揄されるグロテスクな技能実習制度に取り込まれた同郷の者たちの悲しみもまた、3人を刺している。
だからこの映画には、紛れもない真実の一つが映し出されている。
あなたが嬉々として嵌めている婚約指輪のデカいダイヤモンドは、アフリカ人の家族をまるごとひとつ殺してから日本に来たものかもしれない。
あなたがよだれを垂らして頬張る旨そうな牡蠣は、心ない日本人による搾取の渦中でベトナム人が涙を流し梱包したものかもしれない。
つまりこれは、あなたの物語なんだ。

福永壮志 (映画監督)
映画の中の彼女達は、その後もあの漁港で働き続けているかのような実在感を持っていた
人の弱さも強さも真っ直ぐに描いているこの映画を、何かの線を引かないで観てほしい。
「社会派映画」という言葉では言い切れない、本質的な人間の姿がそこには映っている。

『海辺の彼女たち』予告動画

公式HP

umikano.com

あらすじ・ストーリー

ベトナムから来た3人の女性たち、アン、ニュー、フォン。

海辺の彼女たち,画像

彼女たちは日本で技能実習生として3ヶ月間働いていたが、ある夜、過酷な職場からの脱走を図った。ブローカーを頼りに、辿り着いた場所は雪深い港町。

海辺の彼女たち,画像

海辺の彼女たち,画像

海辺の彼女たち,画像

海辺の彼女たち,画像

海辺の彼女たち,画像

海辺の彼女たち,画像

不法就労という状況に怯えながらも、故郷にいる家族のため、幸せな未来のために懸命に働き始めたが……。より良い生活を求めて来日したベトナム人女性たちを主人公に、きらめく未来を夢見ながら、過酷な現実と闘う姿を描く。

キャスト

ホアン・フォン
フィン・トゥエ・アン
クィン・ニュー

映画祭

第68回 サンセバスチャン国際映画祭 新人監督部門 出品
第33回 東京国際映画祭 ワールド・フォーカス部門 出品
第42回 カイロ国際映画祭 インターナショナル・パノラマ部門 出品

映画『海辺の彼女たち』作品情報

脚本•監督•編集:藤元明緒
撮影監督:岸建太朗
音響:弥栄裕樹
録音:keefar
フォーカス: 小菅雄貴
助監督・制作: 島田雄史
演出補: 香月綾
DIT: 田中健太
カラリスト:星子駿光
アソシエイトプロデューサー: キタガワユウキ
プロデューサー: 渡邉一孝、ジョシュ・レビィ、ヌエン・ル・ハン
協賛:坂和総合法律事務所、株式会社ビヨンドスタンダード、⻑崎⼤学多⽂化社会学部
協⼒:外ヶ浜町、平舘観光協会、⽇越ともいき⽀援会、⽇本ミャンマーメディア⽂化協会
後援:国際機関⽇本アセアンセンター
共同制作会社:ever rolling films
企画•製作•配給:株式会社E.x.N
宣伝:高田理沙
(2020/⽇本=ベトナム/88 分/カラー/5.1ch/1:1.85/ベトナム語・⽇本語/ドラマ/DCP)
©2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

2021年5月1日(金)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

海辺の彼女たち,画像

海辺の彼女たち,画像