『息子のままで、女子になる』
予告編&著名人コメント&コメント動画一挙解禁!!

パンテーンCM「#PrideHair」起用や「AbemaTV」コメンテーター出演をはじめ多くのメディアへ出演し、トランスジェンダーの新しいアイコンとして注目される、サリー楓
建築家としての夢、息子として期待に応えられなかった葛藤、家族との対話。これは彼女が、”楓“として自分らしく、いまを生きようとする現在進行形の物語。
 
【動画】予告動画はこちら

新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓が、“女性”として踏み出した瞬間を追ったドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』(英題:You decide.)が2021年6月19日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開することとなりました。
息子のままで、女子になる,画像

そこには、“自分らしく”生きるためにもがき苦しむ、青春の1ぺージがあった。

本作は日本映画史上初、ロサンゼルス・ダイバーシティ・フィルムフェスティバルでドキュメンタリー賞を受賞し、数多くの海外映画祭にて評価・注目されております。監督は、ニューヨークで映画製作を学び、三宅洋平の選挙活動を撮った『選挙フェス!』(15年)が話題になった、新進気鋭の監督・杉岡太樹

慶應義塾大学で建築を学び、大手建設会社に内定し、8歳からの夢だった建築家としての未来を歩み始めた楓。男性として入学し、女性として卒業し、社会に出ていく中で、彼女は世間にある“トランスジェンダー”という既成概念に疑問を抱く。そして自らのビューティーコンテスト出場、LGBT就職支援活動、講演活動などを通し、これまでのステレオタイプとは違う、新しいリアルな“一個人”としてのトランスジェンダー女性像を打ち出そうとする。
息子のままで、女子になる,画像
しかしそんな中で楓の心には、父親の期待に応えられなかった息子としてのセルフイメージが残っていた。新しい自分、本当の自分として世界に出た時に、家族はそれをどう受け止めるのか。その対話にもカメラは同行する。

さらに楓は日本の“トランスジェンダー”を代表する存在である、はるな愛との対話を通し、世間の求めるレッテルに抗うがあまり、いつの間にか自分もがんじがらめになって「闘い過ぎている」ことに気づかされる。
息子のままで、女子になる,画像
何かを志し、何かを変えようとしたことがある人であれば、誰もが経験するだろう挫折、葛藤……。そこには、“自分らしく”生きるためにもがき苦しむ、青春の1ぺージがあった。

世界トップ5のビューティーコンテストのディレクターで、今秋に日本で初開催するプラスサイズ女性のビューティーコンテスト「Today’s Woman」を主催するスティーブン・ヘインズがエグゼクティブプロデューサーを務めた。
息子のままで、女子になる,画像
サリー楓と共にLGBT就職支援活動を行う株式会社JobRainbow代表星賢人・星真梨子、日本アカデミー賞2冠に輝いた映画『ミッドナイトスワン』の脚本監修を務め、女の子になりたい男性を応援する「乙女塾」を主宰する西原さつき、浄土宗の僧侶でミス・ユニバース世界大会のメイクを担当し、Netflixの人気番組『クィア・アイ』日本シリーズに出演した西村宏堂など、新時代の旗手たちが登場するのも見逃せない。
息子のままで、女子になる,画像
息子のままで、女子になる,画像

予告編解禁に合わせ、映画へのコメントとコメント動画が到着!

本作に出演したはるな愛は、「この映画で描かれているのと同じような悩み、生きづらさを感じている方がたくさんいると思います。そういう方が、リアルな親子関係を見て、どう思うか、どう感じるか、ということを、家族の中で話し合っていただける機会になればと思って います。」と、コメント動画で本作への思いを寄せた。

はるな愛さんコメント動画映像

コメント到着!
御田寺圭(文筆家・ラジオパーソナリティー)
だれも、なにも間違っていない。
だからこそ、生きることは、ときにつらい。
苦しんでいる人がいて、苦しみを与えている人がいる。被害者がいて、加害者がいる――そのような二分法的な物語ではなく、すべての人が葛藤や躊躇(ためら)いを抱えながら、それでも前を向く。
「多様性」という言葉を世間で見聞きするようになって随分と久しくなりましたが、本作は「多様性」という美しい言葉の響きとその理想だけでは想像の及ばない、ときに苦しく、哀しく、息の詰まる世界の表情をも真正面から伝えてくれます。
「多様性が肯定されるのはすばらしいことだ」――そう多くの人が考えているはずの今日もなお、すべての人がその人らしく生きることが、どうしてこうも難しいのか。重大な問いを、私たちに投げかけています。
自分らしく生きる――だれもが望んでやまないその道を、私たち一人ひとりは選べているのでしょうか。選べていないとしたら、いったいそれはなぜでしょうか。

西原さつき(俳優・「乙女塾」創立者)
トランスジェンダーは守られるべき、という風潮がもしあるならば、
この映画はそれをことごとく打ち破って対等に向き合ってくれている。

渡辺志保(音楽ライター)
本編スタート直後から、サリーさんの美しさと強さ、そして葛藤が滲み出てくるような映像でした。そして、あらゆる場面において、こちらまで彼女が味わっている緊張感が伝わってもきた。
彼女がどのように過去と向き合っていきながら未来の自分を見つめているのか、ということをあらゆる角度から見せつけられた作品でした。

下山田志帆(女子サッカー選手)
ありのままの自分を好きになる難しさと、ありのままの誰かを認める難しさ。
私自身、過去に親から求められていた自分の姿に長年悩まされ続けてきました。
そのことをカミングアウトした後も引きずってきた身なので、深く共感する部分が多く、
楓さんが”今の自分”に葛藤する姿にものすごく辛くなりました。
それでいて改めて今ここにいる自分を大切にしようと思わせてもらいました。

五十嵐LINDA渉(アートディレクター)
「人とは、性別とは?、家族とは、そして自分とは?」
を私自身も再認識、再行動したいと”勇気”をもらえました。
これは、単なるドキュメンタリーではなく、楓さんという一人の人間のヒューマンストーリー。
自分と戦いながら、周りを動かしていく生きざまや優しさ強さを感じ、
自分の日常をイキイキと過ごすきっかけにもなりました。
そして、何よりも、楓さんがとてもキュート♡そこもお見逃しなく。

■クラウドファンディング情報 5/18(火)まで!!
映画『息子のままで、女子になる(英題:You decide.)』劇場公開支援プロジェクト
新しい世代を代表するトランスジェンダーアイコン、サリー楓に密着したドキュメンタリー映画「息子のままで、女子になる」(英題:「You decide.」)。劇場公開を全国に拡げるための配給・宣伝費用のご支援をよろしくお願いいたします!
https://motion-gallery.net/projects/youdecide

『息子のままで、女子になる』予告編映像

キャスト

サリー楓 
Steven Haynes 
西村宏堂 
JobRainbow 
小林博人 
西原さつき
はるな愛

制作・監督・撮影・編集

杉岡太樹

息子のままで、女子になる,画像

(C)Shinichiro Oroku


エグゼクティブプロデューサー:Steven Haynes
監督助手:新行内大輝  
撮影:新行内大輝、小禄慎一郎  
リレコーディングミキサー:伊東晃  
テキスト:舩木展子
ヴィジュアルデザイン:ヒノキモトシンゴ
音楽:tickles、yutaka hirasaka、Lil’Yukichi、Takahiro Kozuka、Ally Mobbs、ruka ohta

106分/日本語・英語/カラー
配給:mirrorball works
配給協力:大福 
宣伝:大福、大西夏奈子
公式HP:www.youdecide.jp/
©2021「息子のままで、女子になる」

2021/6/19(土)よりユーロスペース他全国順次公開!
6/26(土)より名古屋シネマスコーレ公開決定! 
大阪シネ・ヌーヴォ、京都みなみ会館ほか順次公開劇場続々決定!!

息子のままで、女子になる,画像