映画『「アララト」誰でもない恋人たちの風景vol.3』
行平あい佳さん&越川道夫監督インタビュー

2021年5月15日(土)よりK’ s cinema にて 2 週間限定ロードショーの映画『アララトは、キングレコード社と『アレノ』『海辺の生と死』『二十六夜待ち』の越川道夫監督が手掛ける【誰でもない恋人たちの風景】シリーズの第3弾です。

本作で主人公のサキを演じるのは、城定秀夫監督作品『私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください』で鮮烈な初主演を飾った行平あい佳さん。当時のインタビューでは、映像に対する熱い想いを打ち明けていただきましたが、その後数々のドラマや映画でご活躍され、表現の幅が広がっている行平さんの魅力が本作には溢れています!!

アララト,行平あい佳,画像

主人公サキ役の行平あい佳さん

“なぜ、行平さんはこんなにも魅力的なのか?”ずばり、越川監督とご本人に直撃しました!後半は、動画インタビューで語っていただきましたので、そちらも注目です!!

【動画】『「アララト」誰でもない恋人たちの風景vol.3』行平あい佳さん&越川道夫監督インタビュー

アララト,行平あい佳,画像

アララト,画像,越川道夫

越川道夫監督

―― 本作は、行平さん演じるサキと左半身に麻痺を抱える夫・スギちゃん(役:荻田忠利さん)とのラブストーリーになっていますが、なぜこの設定を描かれたのでしょうか?

越川道夫監督
このシリーズは3本目なのですが、ヒロインの女優が美しく撮れればいいなと思っています。それは一変通りにキレイ、キレイで美しいわけではなくて、一人一人が綺麗に見えればいいなと。なぜならばお客さんは女優を観にくるし、特にこのシリーズは女優のものだと思っているからです。

今回は行平さんで映画を作ることが決まっていて、作品は拝見していましたが、一緒にお仕事をしたことはなかったので、渋谷の喫茶店でお会いしました。そこでどうしたら行平さんが綺麗に見えるかを考えたんです。その時に、“強さのある役をやったら行平さんは綺麗だろうな”って思ったんです。

行平あい佳という女優の本性が観たいわけです。それが引き出されればおのずと行平あい佳という女優の中にある良さが美しく見えるだろうと。

ちょっと小難しい話をしてもいいですか?(笑)
日本の古典に「説経節(せっきょうぶし)」というのがあるんです。それは俊徳丸が呪いで病になり失明をして、物乞いをやっている。その俊徳丸を乙姫が親に反対されながらも探しにいくわけです。ボロボロになっている俊徳丸を見つけた時に、俊徳丸をガっと肩に担ぐんです。それで街の方に歩いていくのですが、行平さんと何をやればいいのかを考えた時、“そういうことをやればいいじゃん!”と思ったんです。

乙姫は凄く強くて逞しくて魅力的だから、行平さんが相手を担ぐような、プロレスのように持ち上げるわけじゃないんだけど(笑)支えるとかじゃなくて、肩に担ぎ上げるような映画にしたら行平あい佳の強さが出るんじゃないか、美しく見えるんじゃないかと思ったんです。

荻田君は舞台俳優なんですけど自身も左半身が麻痺の俳優で、彼の芝居を幾つか観ていて好きだったので、一緒に重ね合わせてやったら撮れると思ったのが最初でした。

―― 監督の思う壺ですね(笑)。この作品について「行平さんは強い人ですよね」という感想をまず抱きましたし、行平さんが以前にもまして魅力的に見えました。

越川道夫監督
前半と後半で違っていて、その振幅がいいなと思っています。

―― サキの輝き方に対して、観ている側として安心する気持ちにもなりました。そういう風に自分(スギちゃんを自らに置き換えた時に)のことを観てくれるんだ、と。行平さんはどういう気持ちでこの作品に向き合っていかれたのでしょうか?

「アララト」誰でもない恋人たちの風景 vol.3,画像

行平あい佳さん
まず、脚本を拝読するときに目に入るのはタイトルだったのですが、『アララト』の文字を見た時に登場する誰かしらの救済の話になるんだなと解りました。最初の印象は最後まで消えなかったので、内容を読み進めている間もずっと救いの物語になっていればと思って読んでいました。

ともすれば、共依存になってしまいそうな、そう観られたら破綻するとずっと思っていて。共依存にならないためには、自分(の気持ち)が揺れる上で、絶対的に強くないといけないというか、ユキオ(役:春風亭㐂いちさん)とのシーンは結構グラグラのシーンなので、それ以外は張り詰めてやりたいと思ったので…本当にこのタイトルですね。タイトルがお守りになっていたというか、「ノアの箱舟」が浮かぶし、それが錘(おもり)になっていたと思います。

アララト,行平あい佳,画像

―― “行平さんの本性を引き出したかった”というお話がありましたが、撮っている瞬間に「これだ!」と思うような場面はありましたか?

越川道夫監督
初めて仕事をする場合、“こういう人だ”と決めちゃうと本性が見えないじゃないですか。

それだと僕のイメージを行平さんはやってくれるとは思うけど、行平さんの本性が見えない。だから、僕も行平あい佳とはどういう女優かと探りながら撮るわけです。厳密には順撮りではないけれど発見するものがその都度毎日毎日あるわけです。行平あい佳に強さを代入した時にどういう演技が出てくるのかを凄く楽しみにしていました。

完成した映画を観ていると後半の幾つかに“綺麗だな”と思う瞬間があり、何かしら出来たとは思っています。生々しい美しさは撮れたんじゃないか、キャラクターを演じるのではなくて、行平あい佳という生身の人と、女優と役の間というか、そこから出てくるものがこの映画の中に映っているんじゃないかな、と思っています。

行平あい佳さん
ありがとうございます。

キャラクターについての質問は(監督に)随時していたので、ちょっとずつ積み上げていたんですけど、こうやって聞いて“なるほど”というか、私もそうなりたいと思って演じていました。

撮影中は結構考え込んでしまって、登場人物も少なかったので孤立してしまいそうな瞬間もあったというか。そういう時はどうするかを監督が話してくれたので、納得しながらやれました。

特に後半のシーンは残り2日くらいの時で、移動中の車の中で話したりして、そこで“危なかったな、本当に一人で終わっちゃってたかもな”って。心を開かないで、“もういい、もう分からない”となっていたのでは?というぐらい、言葉は悪いですけど追い詰められたので。でも、(監督と)話せて意味が理解出来て、その窮地が脱せられたので良かったです。

アララト,行平あい佳,画像

―― スクリーンに映るサキは強いけど、何かふさぎ込んでいるような姿も観えました。

行平あい佳さん
それが出過ぎてしまったらマズイと思っていて。暗くなろうと思えばなれる役だったから。そのさじ加減が難しくて、いくらでも落ち込める役だったので切り替えが難しかったです。

―― ちなみに、スギちゃんとの出会いも描かれず、深夜のファミレスで働いているサキが登場しました。周りに対してどういう人物として演じていけばいいのか悩まれたのかなとも思いますが、裏設定になるのかもしれませんが監督とはその辺りの設定についての会話はありましたか?

越川道夫監督
別に裏も表もなくてそのままでしたよね!?(笑)

行平あい佳さん
細かく埋まってないところ、脚本上にないところでちょっとどうしようかなと思うところは決めるんですけど、完全に年表を作ったかといえばそうではないです。例えば、ファミレスで働く選択に至るのはどういう経緯だったのかなとか、(監督には)言っていないですけど(笑)そういうところは埋めていきました。

―― お風呂場でスギちゃんに「私、気にしてないよ。大丈夫だよ」って話す時の表情が、無理のない、内面の強さが出ている凄くいいシーンでした。こうした行平さんの演技を観ていく中で、エンディングが変わったなど変更点はあったのでしょうか?

越川道夫監督
多分、やってることは脚本のままだと思います。だけど、予想外なことが多かったんだよね。例えば、荻田さんは左半身が不自由で、どう動いて、動くのにどのくらい時間がかかるか、その所作に芝居をしようと思ってもどのくらい時間がかかるのか僕たちには結局のところ分からない。そういう状態の人がどういう在り方をするのかも、どんなに想像してもギャップがあるんです。

僕もそうだったし、行平さんもそれに付き合っていく。荻田さんが、レンジでカレーを温めて椅子に座るまでにどのくらい時間がかかるか、どういうプロセスでいくのか分からない。

「アララト」誰でもない恋人たちの風景 vol.3,画像

行平あい佳さん
普通は台本を読んでいれば絶対に動きも埋まるし、台詞も埋まるのにそれが埋まらないというか、全然足りないんですよね。

越川道夫監督
だから、その間も役者は芝居をしていかないといけないし、その時のサキの在り方があるから、それを短い撮影期間の中で関係を作って探していって、その場で考えて埋めていく。

行平あい佳さん
だから動きはほとんどト書きにないです(笑)

越川道夫監督
その限りにおいて、現場で有機的に育っていくものがあるわけです。僕の青写真通りにパチッと収まったって大体がつまらないから。一応は考えますけど、撮影に入ったら僕が考えているサキと行平さんが考えているサキは違うわけじゃない。行平あい佳は僕ではないから違うことを考える。

「こっちの方がいいよ」とか「これは止めて、こうしようよ」とかいっぱい言いますけど、それで行平さんがどうするのかを撮っていった時に作品が有機的に伸び始めるわけです。最終的には脚本を元にしてやっているけど、僕の予想してないサキと予想してないスギちゃんが映画の中にいるわけです。そうじゃないと映画ってつまんないと思います。僕の想像通りのものが出来ても「それはさあ…」って。俳優は僕のロボットじゃないので。

カレーを持って歩くスギちゃんが月の地図を横切っていくのは偶然なんです。映画としては必然なんだけど偶然そうなったものです。面白いなって思うじゃないですか。そういうことを積み重ねて有機的に映画が伸びていって、行平さんも想像してないサキに辿りつけたら良かったな、面白かったなという事だと思います。実際にそうなったと思います。

―― ベッドの上で、重さに耐えられず「ウッ」と辛そうなシーンがありますが、あれも偶然ですか?

「アララト」誰でもない恋人たちの風景 vol.3,画像

行平あい佳さん
あのシーンも1回動いてみて、重たすぎてどうにも息が出来なくなって、壁を蹴って「OK!」って(笑)

越川道夫監督
「それ面白いね」って(笑)

行平あい佳さん
でも、あれをやらなかったら死んでいたから(笑)

越川道夫監督
スギちゃんも自分で支えられない。そういう風になったことがないから自分でも分からない。

行平あい佳さん
壁を蹴ったら(監督が)大爆笑してました(笑)

越川道夫監督
それは脚本を机の上で書いても絶対に思いつかない。

行平あい佳さん
私も身体ってああやって動くんだなって思いました。起き上がるために壁を蹴るなんてしないじゃないですか。

越川道夫監督
170cm以上ある男の体重が支えなしに全部いくんだもん。

行平あい佳さん
(あの動きが)生まれました!

越川道夫監督
そうやって仕草の一つ一つを現場でやりながら行平さんが積み上げているんだと思います。

―― ありがとうございます。動画インタビューでは、さらに行平あい佳さんの魅力に迫ります!!

【動画】行平あい佳さん&越川道夫監督インタビュー


アララト,行平あい佳,画像

公式HP

ararato-movie.com
Twitter

キャスト

行平あい佳
荻田忠利
春風亭㐂いち
後藤ユウミ
鈴木博文
鈴木晋介

脚本・監督

越川道夫

製作:キングレコード株式会社
制作:スローラーナー
配給:キングレコード株式会社
2021 年/120 分/日本/カラー1/1:1.85/5.1ch/DCP
©2021 キングレコード

2021年5月15日(土)よりK’ s cinema にて 2 週間限定ロードショー