若手俳優が明かす、映画監督・山田孝之の独特なオーディションスタイル

映画『ゾッキ』『裏ゾッキ』の交互上映トークイベント「秘密の集会 今こそ愛だ」が5月15日、東京・渋谷にあるミニシアター・アップリンク渋谷で行われ、『ゾッキ』監督・プロデューサーの山田孝之、出演者の小林拓司糸瀬七葉大倉空人、清水大登が参加した。それぞれ山田監督の演出パート『Winter Love』に登場する学生役。この日の“生徒役トークショー”は、山田監督たっての希望で実現した。

山田監督がオーディションの狙い解説

オーディション時を振り返り、山田監督は「皆さん緊張していましたねえ」とニヤリ。山田監督はオーディションに際して若手俳優たちの緊張を取り除くため、台本を読んで演じるなどの通常スタイルを廃止。参加者同士のフリートーク形式でオーディションを進めたという。

糸瀬が「みんなで丸になって、面白かったことや楽しかったことを自由に話すような感じだった」と独特な雰囲気を回想すると、山田監督は「その時に僕は、喋っている人よりもその話を聞いている人たちの顔を見ていました。参加者はそれぞれがライバル同士ですから、話を聞いている表情は素。その顔を見たかった」と狙いを解説した。

退室時も独自のルールが設けられていたそうで、糸瀬が「失礼しましたと言って退室するのが普通ですが、山田監督は『僕のことを嫌いな人だと思って怒りをぶつけて』と言われた」と明かすと、小林も「なにを言ったらいいのかと、かなり帰りづらかった」と困惑した様子。これに山田監督は「退室時に言われたとおりに怒る人もいれば、逆に笑いをとろうとする人もいた。僕としては瞬間的にパッと感情が出せるかどうか、それが見たかった」と退室時の反応も審査の対象だったと打ち明けた。

一方、清水と大倉について山田監督は「二人は決まるのが早かった。ほかの人と喋るときの表情を見て、他人の話に乗っていく感じが男子生徒っぽかった」と抜擢理由を語り、「この性格で良かった!」(大倉)、「山田さんファンなので嬉しい」(清水)と若手も大喜び。

スターダストには魔法がある!?

生徒役はオーディションで決めたものの、小林、大倉、清水の3人は山田と同じ事務所スターダストプロモーションの後輩。山田監督は「オーディションで決めたのに、結果的に男性全員がスターダストという…。できレースみたいに思われそう」と苦笑いも「でも実際に『この人だ!』という人たちを選んでいるので、どう思われたっていいやと。(スターダストには)いい未来があるというか、こんなにいい俳優さんがいるんだと知れて良かった」と後輩たちの今後に期待していた。

俳優・山田孝之ファンの清水は、憧れの人に演出された撮影を振り返るも「山田さんの低い声が凄く良かった…」と緊張ゆえか間が抜けた返答。それに山田監督は「緊張しているの?」と目を細めつつ「こんなに可愛いのに、20年もしないうちに俺みたいになるよ。スターダストには魔法があるんだよ」と自虐で笑いをとって後輩たちをリラックスさせていた。

イベント中、山田監督は「ここにいるお客さん全員をファンにして、自分たちの今後の作品を観てもらえるようにしなきゃ」と後輩たちにアドバイスを送るなど兄貴肌な一面を見せて「共演できることを楽しみにしています!」と役者同士での再会を心待ちにしていた。

映画『裏ゾッキ』予告動画

イベントスケジュール(予定)

期間:5月14日(金)〜27日(木) ⠀
時間:「ゾッキ」または「裏ゾッキ」最終回上映後⠀
会場:〜20日(木) アップリンク渋谷(20日閉館)/21日〜都内劇場実施予定⠀

チケット販売:⠀
・オンライン予約(アップリンク会員・一般):上映前日の20:00より販売⠀
・劇場窓口:上映当日の9:30より販売⠀
・詳細は劇場HPをご覧ください。 ⠀
https://shibuya.uplink.co.jp/

登壇者(予定)⠀
5/16(日) 山田孝之、牧有太 、伊藤主税⠀
5/17(月)  竹中直人、渡辺佑太朗、輝有子
5/18(火)以降は順次発表⠀

©2020「裏ゾッキ」製作委員会
©️ 2020「ゾッキ」製作委員会 

『裏ゾッキ』5月14日(金)より
アップリンク渋谷・伏見ミリオン座・刈谷日劇ほか 全国順次公開