いざ、ベルリンの地へ!

瀧内公美(『火口のふたり』、『裏アカ』)を主演に迎えた春本雄二郎監督(『かぞくへ』)最新作『由宇子の天秤』が9月より渋谷ユーロスペースほかにて公開いたします。
この度、第 71 回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品されたことを受け、春本雄二郎監督、本作のプロデューサー・片渕須直さん(『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』監督)、出演・梅田誠弘さんが、会場へ現地入りすることが決定いたしました。
ベルリン国際映画祭は、カンヌ・ヴェネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつで、国内外が注目する歴史ある映画祭。今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止の影響で 3 月と 6 月の2回に分散して開催。3 月はオンラインでの実施となったが、6月は、16 の屋外会場で 126 作品を上映することが正式に決定。本作はこれまでに11 の海外映画祭に出品されてきたが、本映画祭でようやく念願の現地入りを果たすこととなる。
今回選ばれた<パノラマ部門>は、世界各国から集められた良作かつ現代社会を独自の視点で切り取った作品を数多く選出することで有名で、近年の日本映画では『予兆/散歩する侵略者 劇場版』(17/黑沢清監督)、『リバーズ・エッジ』(18/行定勲監督)、『37seconds』(20/HIKARI 監督)などの話題作が選ばれている。ベルリン国際映画祭は、6月9日から 20 日(現地時間)の期間で開催。『由宇子の天秤』は、6/17(木)21:45〜(現地時間)ハーゼンハイデ国立公園にあるFreiluftkino Hasenheide にて上映される。
主演は、『火口のふたり』(19)で第 93 回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞に輝き、本作でスペインのラス・パルマス国際映画祭で最優秀女優賞に輝いた瀧内公美。脇を固めるのは『佐々木、イン、マイマイン』(20)の河合優実、『かぞくへ』(16)の梅田誠弘、さらに日本映画屈指のバイプレイヤー 光石研ら。監督・脚本は、日本の片隅で生きる若者たちの葛藤と不器用な優しさを描き、約 1 万人を動員する異例のロングランヒットとなった『かぞくへ』の春本雄二郎。そして、⻑編アニメーション『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の片渕須直がプロデューサーとして参加している。

現地入りに向けて、春本監督、片渕さん、梅田さんよりそれぞれコメントが到着した。

春本雄二郎監督 コメント
由宇子の天秤,画像

コロナ禍により、昨年から幾度も日本から見守ることしかできなかった海外国際映画祭。今作初の現地参加が、世界三大映画祭の1つであるベルリナーレで叶うことに深い喜びを感じています。この幸運に、スタッフ、キャスト、協力して下さった全ての皆様に、改めて感謝をしたいと思います。ご自身の新作を制作されている中、貴重なご助言を下さっている片渕須直プロデューサー、長年苦楽を共にして来た梅田誠弘とともに、作品の代表として、映画が国境、文化、社会を超える瞬間にしっかりと立ち会い、また、全作品野外上映、全観客の24時間以内の陰性証明もしくはワクチン接種完了という形で映画祭を実現した運営の方々の想い、日本のいまと比較して、この映画祭の意味を見つめてきたいと思います。

プロデューサー 片渕須直さん
由宇子の天秤,画像

私にとって初プロデュース作品です。そして、春本監督の活躍で各国映画祭での上映・受賞が続いている映画であるのに、コロナ下にあってこれまでどの映画祭にも出向くことが出来ませんでした。今回こそは、ベルリンの空の下、野外スクリーンに映る『由宇子の天秤』の姿を見守って来たいと思います。

梅田誠弘さん
由宇子の天秤,画像

ベルリン国際映画祭に選出されたことを知らされてから『由宇子の天秤』が上映される姿をずっと想像してきました。映画祭へ参加できること、本当に嬉しく思います。『由宇子の天秤』の勇姿を見届けると共に、ベルリン国際映画祭という世界屈指のイベントが映画というものに持つ価値を学んで来たいと思います。

あらすじ

女子高生いじめ自殺事件を追っていたドキュメンタリーディレクターの由宇子は、テレビ局の方針と対立を繰返しながらも事件の真相に迫りつつあった。そんな時、由宇子は学習塾を経営する父が起こした”ある行動”を知り、衝撃を受ける。「”正しさ”とは何なのか?」ドキュメンタリー作家として常に真実を明らかにしたいという信念に突き動かされてきた由宇子は、究極の選択を迫られる…。

由宇子の天秤,画像

キャスト

瀧内公美  河合優実  梅田誠弘
松浦祐也  和田光沙  池田良  木村知貴
前原滉  永瀬未留  河野宏紀  根矢涼香
川瀬陽太  丘みつ子  光石研

作品情報

脚本・監督・編集:春本雄二郎
プロデューサー:春本雄二郎、松島哲也、片渕須直
キャスティング:藤村駿  ラインプロデューサー:深澤知
撮影:野口健司  照明:根本伸一  録音・整音:小黒健太郎  音響効果:松浦大樹
美術:相馬直樹  装飾:中島明日香  小道具:福田弥生  衣裳:星野和美  ヘアメイク:原田ゆかり
製作:映画「由宇子の天秤」製作委員会
製作協力:高崎フィルム・コミッション
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
配給:ビターズ・エンド
2020/日本/152 分/カラー/5.1ch/1:2.35/DCP
©2020 映画工房春組

9 月、渋谷ユーロスペース他全国順次ロードショー!

由宇子の天秤,画像