数字に運命を賭けろ!―――
ベトナム社会のタブーに切り込んだ衝撃作‼
映画『走れロム』

賑わうサイゴンの裏町を舞台に、孤児の少年ロムが夢を叶えるため、巨額の当選金が手に入る「闇くじ」に挑む姿を、疾走感溢れるスタイリッシュな映像とリアリズムを追求したタッチで描く話題作。監督は、本作が長編デビュー作にして第 24 回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門(新人監督コンペティション部門)最優秀作品賞、第 24 回ファンタジア国際映画祭 最優秀新人作品賞の受賞はじめ世界各国の映画祭で熱い視線が注がれる期待の新鋭チャン・タン・フイ。
『走れロム』の出発点は、大学の卒業制作でもあった短編『16:30』。“闇くじ”をテーマにした長編の構想を持ちつつ、実験的に撮った短編『16:30』が、ベトナム国内の映画祭で短編映画賞を総なめにし、カンヌ国際映画祭 2013 ショートフィルムコーナーに入選するなど好評を博す。短編が高評価を得て始動した長編の企画は、オータムミーティング 2014(※若手映画人のためのワークショップ)プロデューサー賞、アメリカ映画協会(MPA)のハノイ 2015 春コースで傑出企画賞を受賞するなど更なる話題を集める。実力を認められたチャン・タン・フイ監督の元には、『青いパパイヤの香り』『ノルウェイの森』のトラン・アン・ユン、『どこでもないところで羽ばたいて』グエン・ホアン・ディエップら世界的名声を持つ監督がプロデューサーとして名を連ね、アピチャッポン・ウィーラセタクン作品の編集者として世界的に知られるリー・チャータメーティクンがタイから迎えられた。 短編『16:30』を企画してから長編『走れロム』完成に至るまでの期間は、2011 年 6 月〜2019 年 2月となる。
釜山国際映画祭で、輝かしい世界デビューを飾った本作だったが、凱旋帰国した監督や製作人を待っていたのは、ベトナム当局の検閲を通さずに国際映画祭に出品したことに対する罰金だった。海外の映画祭に出品するだけでも中国と同様に国の検閲を通さなければならないベトナム。本作は、社会問題となっている”闇くじ”を描いたことから、審査に引っかかり通過しなかったと思われる。結局、監督サイドは当局の要求を受け入れ、一部のシーンをカット、新しいシーンを追加し、釜山でのワールドプレミアと同じ上映時間 79 分に再編集した。そうした苦境を経て商業公開に漕ぎつけた本国ベトナムでは、映画業界内での国際的な期待と評判、そして、検閲によって余儀なくされた内容の修正といった話題性が相まって、ロングランヒット中だったクリストファー・ノーラン監督の超大作『TENET テネット』を興行成績で圧勝する奇跡の大ヒットを記録、一大センセーションを巻き起こした。

あらすじ・ストーリー

サイゴンの裏町の古い集合住宅。投資家を装う詐欺師でもある債権者から住民の誰もが多額の借金を背負い、住居を維持するため大金が当たる”闇くじ(デー)”に熱中している。14 歳の少年ロムは幼い頃に両親と別れ、このアパートの屋上に住みながら、宝くじの当選番号の予想屋として生計を立てている。
走れロム,画像
孤児のロムは、地方にいると聞いた両親を捜すための資金を稼ぐことを心の拠り所にしていた。 ライバルの予想屋フックは野心家で、当選の確立も高く、アパートの人々は予想がハズれ続けるロムよりもフックを信頼している。
走れロム,画像
賭ける側も予想屋もどちらも迷信深く、毎日の生活の中でラッキーナンバーを選ぶサインになるようなことに細心の注意を払っている。より多くの顧客を獲得することを狙って、都合のいい迷信でだます予想屋もいるが、ロムは路上で学んだあらゆる戦術やトリックを駆使しフックと競い合うも、決してお客をだましたりはしない。そんな中、債権者が完済されない借金の代わりにアパートの引渡しを住民たちに要求し大騒ぎとなる。アパートの住民たちは、ひたむきに予想と向き合うロムを信じ、借金をすべて返すために大金を賭ける。ロムは彼らを救うことができるのか──?!
走れロム,画像

『走れロム』予告動画

公式HP

rom-movie.jp

キャスト

チャン・アン・コア
アン・トゥー・ウィルソン

映画『走れロム』作品情報

監督:チャン・タン・フイ
プロデューサー:トラン・アン・ユン/グエン・チン・ホアン/ニャット・ティエン
エグゼクティブプロデューサー:グエン・ヌー・ニュー・クエ/ホー・ティ・アン・ガー/ヴー・フーン
アソシエイトプロデューサー:グエン・ホアン・ディエップ
撮影監督:グエン・ヴィン・フック
編集:リー・チャータメーティクン/チャン・タン・フイ/ダット・チャン
音楽:トン・タット・アン
2019年/ベトナム/ベトナム語/カラー/DCP/2.39:1/79分
日本語字幕:秋葉亜子
原題:ROM
提供:キングレコード
配給・宣伝:マジックアワー
(C)2019 HK FILM All Rights Reserved.

2021年7月9日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー