東日本大震災で被災した少女に手を差し伸べる
鹿沼のほうき職人、そしてその娘の葛藤を描く物語

桃果主演映画『ほうきに願いを』は、緊急事態宣言の延長を受け、公開が延期しておりましたが、本日、6月25日(金)より高円寺シアターバッカスほかにて全国順次公開!
ほうきに願いを

ほうきに願いを

ほうきに願いを
栃木県鹿沼市で江戸時代から伝わる鹿沼箒を受け継いできた卸問屋の男性が、数年前に前立腺がんを患って人生を振り返った時、自分のこれまでを記録として残したいと考えておりました。そんな時、宇都宮で演技レッスンのワークショップを開催していた五藤監督の記事が目に留まり、映画製作を依頼したことから企画がスタート。
人の絆を感じるヒューマンドラマが誕生しました。

W主演を果たすのは、『人狼ゲーム デスゲームの運営人』『ビブリア古書堂の事件手帖』など人気映画に出演している桃果と、映画『ばぁちゃんロード』出演や舞台にて活躍している和泉 詩。
ほうきに願いを

ほうきに願いを

ほうきに願いを

ほうきに願いを
鹿沼でほうき職人として伝統を守ってきた男を演じるのは『キッズ・リターン』で東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞し、映画『あゝ、荒野』『私の男』などで癖のある役を演じ確実なインパクトを残す実力派俳優・モロ師岡。ほか岩瀬晶子、三坂知絵子、伊嵜充則などが脇を固めます。

監督・脚本を手がけるのは、2017年に脚本・監督を手がけた『レミングスの夏』で函館港イルミナシオン映画祭にて観客賞グランプリを受賞し、2020年には「日本映画復興奨励賞」を受賞した五藤利弘。
ほうきに願いを

ほうきに願いを

ほうきに願いを

ほうきに願いを

ほうきに願いを

ほうきに願いを

『ほうきに願いを』予告編映像

あらすじ

2011年。東日本大震災で未曽有の被害を受けたたくさんの人たち。 その中で、被災した宮城県から栃木県鹿沼市に引っ越して来た母娘がいた。 鹿沼でほうき職人として伝統を守ってきた男は、家業だけでは生活が出来ないため副業として塾を経営している。 男は宮城から鹿沼にやって来たその母子家庭の娘を支えてやろうと月謝を取らずに塾に通わせていた。

高校受験を控えたその娘はしかし、心に負った震災の傷が癒えずに塾を休みがちになる。 どうにかしてやりたいと思うが不器用な男は何もできない。 さらに自分には実の娘がいて、娘としては他人の娘にばかり優しくする父が面白くない。 見かねた妻がたしなめるが男はわかっていない。 やりきれない心と心がすれ違い交わりそうで交わらない。 息苦しい暮らしの中で娘たちは何かを見つけるのか ――

キャスト

桃果 和泉詩 モロ師岡

製作:「ほうきに願いを」製作委員会 
名誉会長:佐藤 信鹿沼市長
大川伸介 小田部敏也 小西 勝 増田真樹 中留信洋 プロデューサー:伍藤斗吾 大川伸介 
協力プロデューサー:中留信洋 宮下 昇 狩野善則 
原案:鈴木 隆 
撮影:藍河兼一 録音/整音:西山秀明 助監督:藤原里歩 編集:五藤利弘 ヘアメイク:戸澤奈月  ほうき監修:伏木徳一 制作進行:須田洋史 制作応援:門間真実 車両:西村信彦 キャスティング協力:Breath 演技事務:鈴木利明

制作・配給宣伝:One Scene
©2021「ほうきに願いを」製作委員会

6月25日(金)より高円寺シアターバッカスにて公開 他全国順次公開

ほうきに願いを