上西雄大「おじさん二人が暴れ回る痛快作品」
映画『ねばぎば 新世界』公式インタビュー

国内外で話題を呼んだ児童虐待を題材にした映画「ひとくず」の上西雄大監督の最新作「ねばぎば 新世界」は、大阪・新世界を舞台に、かつての大映映画、勝新太郎・田宮二郎の「悪名」シリーズを彷彿とさせる痛快アクションドラマ。新世界・西成に棲む人間味溢れる個性と、今も残る浪速の人情を織り交ぜ、社会の明と暗、善と悪、表と裏の世界観の中、展開する。
ねばぎば 新世界,画像
主演は「どついたるねん」の赤井英和と、上西雄大のW主演。その他、小沢仁志、西岡德馬、有森也実、菅田俊、田中要次、堀田眞三、徳竹未夏、古川藍、神戸浩、坂田聡など豪華キャストが集結。
ねばぎば 新世界,画像
本作は、2020年ニース国際映画祭で外国語部門最優秀作品賞(グランプリ)と最優秀脚本賞(上西雄大)、2021年WICA(ワールド・インディペンデント・シネマ・アワード)で外国映画部門 最優主演男優賞(赤井英和・上西雄大)を受賞した。

ねばぎば 新世界,画像

この度、公開を前に、監督・主演の上西雄大のオフィシャルインタビューが届いた。

Q.タイトルがただの「ねばぎば」でなく、「新世界」と大阪の地名を入れた理由をお教えください。

新世界というのは大阪人にとって特別な場所です。僕は人情を作品の中で描きたいんですけれど、「新世界」からは「大阪、人情」という言葉が連想されるので、タイトルにも「新世界」と入れました。

Q.本作W主演の勝吉役の赤井英和さんとコオロギ役の上西さんは、ワールド・インディペンデント・シネマ・アワードで外国映画部門 最優秀主演男優賞を受賞しましたが、受賞した感想はいかがですか?

当然すごく嬉しかったです。何よりも嬉しかったのは、赤井さんと並んでいただけたということです。僕も大阪人ですが、大阪人にとって赤井さんはヒーローなので、その赤井さんと一緒に獲れたということは大変な名誉です。ワールド・インディペンデント・シネマ・アワードでは同時に僕の前作『ひとくず』がグランプリをいただいたんですが、その時は赤井さんと一緒にいただいたこちらの賞の方にすごく喜びを感じました。

Q.赤井さんが、小沢仁志さんと、「おっさんになったな」と言い合うシーンが微笑ましかったですが、あのシーンはアドリブもあったのでしょうか?

スイカの種を飛ばし合うところだとか、後半はほとんどアドリブです。二人の後ろに歴史が見えるいいシーンで、アドリブが始まってもなかなか「カット」と言えなかったです。

Q.有森也実さんは、クライマックスでの演技が素晴らしかったですが、撮影のエピソードはありますか?

素晴らしい女優さんなので、有森さんの気持ちをどのように作品に落としこむかを念頭におきました。あえてこちらからはリクエストはせずに、有森さんが構築されるものをいかに作品と融合させるかということを考えました。

Q.西岡德馬さんも、セリフは少ないながらも説得力のある存在感でしたが、現場ではいかがでしたか?

尊敬する俳優さんです。アクションが素晴らしかったです。ボクシング元チャンプという設定に説得力の出るアクションを見せていただいて、素晴らしいなと思いました。存在感はセリフで構築するものではないので、作品にとって大きな核になっていただいたと思います。

Q.菅田俊さんの白衣のままスクーターでやってくる姿が面白かったですが、キャスティングの理由を教えてください。

菅田さんも大好きな尊敬する俳優のお一人なんですけれど、「新世界にいる赤ひげ先生」を想像した時に、僕には菅田さんしかなかったんです。

Q.『ひとくず』ではすごくいい人の役だった田中要次さんが、本作ではいやな精神科医役を演じていますが、田中要次さんにこの役を演じてもらいたかった理由はありますか?

あの役は嫌な役というか、人を救う立場の人間が、価値観をずらしてあそこ(刑務所)に行ってしまっているだけで、本質としては、カメレオンという役は悪者ではないです。

Q.かなりのお金を要求しますよね?

彼に何かが起こって、価値観がずれちゃったんですけれど、それをいずれ描ければなと思っています。カメレオンという精神科医は、僕の別の作品にも出ているんです。

Q.金子昇さん演じる刑事など、情に厚いキャラクターが何人か登場しますが、上西さんの理想が入っているのでしょうか?

舞台作品にしろ、映画作品にしろ、人情が一番描きたいものなので、それが投影される人間も登場させたいと思います。

Q.読者の方にメッセージをお願いします。

「この時代にもう一度『昭和たる作品を』」と思って作りました。おじさん二人が暴れ回る痛快作品となっています。笑ってホロっとなって、最後はすかっとして映画館を出られる作品となっていると思うので、ぜひ映画館でご覧ください。

『ねばぎば 新世界』予告動画

あらすじ・ストーリー

舞台は大阪新世界。かつてヤクザの組を潰して廻っていた村上勝太郎(通称・勝吉=赤井英和)は、自身のボクシングジムを営んでいたが、練習生がジムで覚醒剤取り引きをし逮捕されたことでジムを畳む。その後、元犯罪者の更生プロジェクトを運営している幼馴染み・沢村源蔵の経営する串カツ屋で働き出す。ある日、勝吉は刑務所の慰問に誘われて訪れた刑務所で、かつて、共にヤクザを潰して廻った弟分・神木雄司(通称・コオロギ=上西雄大)と再会する。コオロギは悪い女に引っかかり、覚醒剤所持で服役していたが、間もなく沢村の協力で出所し、勝吉と共に串カツ屋で働き出す。勝吉はある日、少年・徳永武が逃げ出した宗教団体に捕まるところに居合わせ、武を助けるが、武は洗脳されており、また、母親が入信し、父親と別れさせられたショックから、口がきけなくなっていた。失読症で文字が読めないコオロギは、筆談で会話をしようとする武が書く文字が読めず、悔しい思いをする。また、その宗教団体には、かつて勝吉にボクシングと”Never give up(ねばぎば)”という言葉を教えた恩師・須賀田元(西岡德馬)の娘・琴音(有森也実)も入信していた。武と恩師の娘を助ける為、見返りを求めない人情の男・勝吉とコオロギは再びコンビで立ち上がる。
ねばぎば 新世界,画像
ねばぎば 新世界,画像

キャスト

赤井英和 上西雄大
田中要次
菅田俊
有森也実
小沢仁志
西岡徳馬
坂田聡
徳竹未夏
古川藍
金子昇
神戸浩
長原成樹
リー村山
堀田眞三
伴大介
谷しげる
持直明
國本鍾建
上山勝也
柴山勝也
草刈健太郎

監督・脚本・プロデューサー

上西雄大

スタッフ

撮影:前田智弘、下元哲、川路哲也
照明:小山田勝治
録音:廣木邦人
編集・音楽:ナ・スンチョル
制作:徳竹未夏、中村秀哉
助監督:山中太郎、上林大地
題字:小林良二
アクション監修:リー村山
ヘアメイク:山畑里奈、南原彩
衣装:中谷昌代、西川莉子

主題歌

吉村ビソー「comme ca de大阪」
2020/JAPAN/Stereo/DCP/118min
制作:10ANTS
配給:10ANTS 渋谷プロダクション
公式HP:http://nebagiba-shinsekai.com/
(c) YUDAI UENISHI

7月10日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開