“元気ハツラツ!” 7月10日(土)に初日舞台挨拶を開催

実在のロボット修理⼈・乗松伸幸さんをモデルに、ロボット修理の天才的な技術を持つ少年が、依頼品のAIBOをめぐり過去と向き合い、新しい絆を育んでいく感動の物語『ロボット修理人のAi(愛)』

7月10日からの全国公開にあたり、大切な人や日々に想いを馳せた、大林恭子さん、篠原哲雄さん、今関あきよしさんによる“再生の物語”への絶賛コメントが到着しました!
 
また、今年で90歳を迎える現役喜劇俳優・大村崑さんの”元気ハツラツ!”なパワーが溢れる初日舞台挨拶が決定。
ロボット修理⼈のAi(愛),画像

大林恭子(映画プロデューサー)コメント

私の愛する人を、甦らせてくれた「ロボット修理人のAi(愛)」 。愛する人と共に過ごした映画の時間。でも、人は誰しも別れがある。美しい湖の映像が映し出された時、私の側でこの作品を一緒に見てる彼を感じ、信じる事ができました。

彼に会いたい時、きっと又、この映画を観ることになりそうです!美しい湖の映像に涙しながら……。ありがとうございました。田中じゅうこう監督そしてスタッフの皆さん ありがとう……。

篠原哲雄(映画監督)コメント

この映画は犬のロボットが失いかけた人間関係を修復してくれるという物語の中に、伏線とも言えるいくつもの綾が丁寧に織りなされ、感動の瞬間を紡いでくれる。何より美しい湖の辺りで出会う少年と少女が愛しく、この二人の秘密が解き明かされていく過程に感涙。少年を遠くから見つめるあるお婆さんの眼差しも何か失ってはならないものを思い出させてくれる。

その大空眞弓さんは35年ほど前、田中監督が若かりし助監督の頃にお世話になって以来の再会。監督を見守る視線が役そのものと重なったように感じた。その作品で田中さんに導かれて見習い助監督を経験した私は、この映画そのものに人と人が繋がっていくことの豊かさを感じ、涙なしには見れなかった。

今関あきよし(映画監督)コメント

榛名湖の静かな時間の流れに浸りながらスクリーンを見つめる。
それは、劇場の静かさとリンクする。スクリーンには、様々な物語が交差し、それらの物語は榛名湖の湖面に映る風景のように大小の波紋を描きながら拡がっていく……。


ロボット修理⼈のAi(愛),画像

舞台挨拶&トークショースケジュール

※新宿K’s cinemaにて朝10時〜回の上映終了後
 
[7月10日(土)]土師野隆之介、緒川佳波、大村崑、金谷ヒデユキ、田中じゅうこう監督
[7月11日(日)]岡村洋一、野口大輔、水沢有美、丸山ひでみ、亜湖、 田中じゅうこう監督
[7月12日(月)] 今関あきよし(映画監督)、田中じゅうこう監督
[7月13日(火)] 亮王、丸山ひでみ、田中じゅうこう監督
[7月14日(水)] 加藤祐司(脚本家)、田中じゅうこう監督
[7月15日(木)] 萩原朔美(映像作家・多摩美術大学名誉教授)、田中じゅうこう監督
[7月16日(金)] 乗松伸幸(ア・ファン代表)、中村明(プロデューサー)

『ロボット修理⼈のAi(愛)』予告編映像

キャスト

⼟師野隆之介 緒川佳波
⾦⾕ヒデユキ 亮王 岡村洋⼀ 堀⼝聡 野⼝⼤輔 ⽔沢有美 丸⼭ひでみ 亜湖 ぴろき
⼤村崑 ⼤空眞⼸

監督

⽥中じゅうこう

脚本

⼤隅充

エグゼクティブ・プロデューサー

中村明

2020/日本/108分

配給:トラヴィス
公式HP:roboshu.com
©2021 GENYA PRODUCTION ROBOT REPAIRBOY 

2021年7月10日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開!

ロボット修理⼈のAi(愛),画像