宇宙の声入り・宇宙告知映像解禁!

7月30日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となります、カナダ発のSFゴアスプラッターヒーローアドベンチャー『サイコ・ゴアマン』の宇宙告知映像が、急きょ到着しましたので、写真とともにお知らせします。

子ども向けテイスト+スプラッターというありえない組み合わせで再現した作品

冒険心を描いた子ども映画の名作『E.T.』(82)や『グーニーズ』(85)などを彷彿とさせつつ、『死霊のはらわた』(81)や『マスターズ 超空の覇者』(87)といったジャンル映画愛に溢れた80年代的懐かしさ満載で描くSFゴアスプラッターヒーローアドベンチャー『サイコ・ゴアマン』が、7月30日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開される。

本作は、カナダが誇る天才過激映像集団<アストロン6>のメンバーで、単独監督作である『マンボーグ』(11)、『ザ・ヴォイド 変異世界』(16)などで確かなVFX技術を証明、『バイオハザードV リトリビューション』(12)、『パシフィック・リム』(13)ほか数々の大作に特殊効果としても参加するなど、目覚ましい活躍を見せるクリエイター、スティーヴン・コスタンスキ監督の最新作。コスタンスキ監督が「もし自分にコントロールできるモンスターがいたら?」という自身が幼少期に思い描いた夢を、子ども向けテイスト+スプラッターというありえない組み合わせで再現した作品だ。
【宇宙怪人登場シーン!】『サイコ・ゴアマン』本編映像解禁!7月30日よりシネマート新宿ほか全国順次公開

「サイコ・ゴアマン…サイコ・ゴアマン…」と連呼される宇宙の声が入った宇宙映像

4:3の画面サイズに静止画が劣悪な画質でつながっており、80年代のVHSクオリティを彷彿とさせる。壮大な宇宙のカットから始まり、宇宙怪人たちが会議をしている画像にはちゃんと「宇宙会議」のテロップが入れられ、揺れに揺れるノイズまみれの映像ながらも映画のあらすじがしっかりと把握できる内容となっている。

この映像は『サイコ・ゴアマン』の世界を表現するべく一人の担当者によってすべてスマートフォンで自宅制作された。画像は1枚づつ出力した紙を撮影して紙芝居風につなげ、宇宙の声を作り上げるべく抑揚のないナレーションを然るべき環境で録音。エフェクトをかさねながら理想の声を追求した結果、妙な催眠効果を発揮するまさに<宇宙の声>となった。

「サイコ・ゴアマン・・・」の言葉は1分18秒のなかに7回、約11秒に1回登場。「宇宙会議・・・」の発音、声質、音質もまさに宇宙感に溢れたものとなっている。そしてこの<宇宙の声>に映画のサウンドトラックで大人気、“銀河系最大の悲劇はこの曲が短すぎることだ!”と海外騒然のBlitz//Berlinによる「Two Hands, One Heart」がミックスされた。

この映像を見た『サイコ・ゴアマン』のスティーヴン・コスタンスキ監督は、「これは面白い!最高だ!この歪んだ画質、質感が大好きだ。ジョン・カーペンター監督の映画『パラダイム』(87)を思い出した。人々が夢の中で未来を警告するひずんだビデオ信号を傍受する場面だ」と歓喜のコメントを寄せた。日本語ながらも<宇宙の声>の催眠作用が効いた可能性もある。

愛すべきB級感を醸し出しながらも、喧嘩が絶えなかった兄妹の成長や残虐宇宙人に芽生えた新たな感情なども描かれており、鑑賞後には忘れかけていた“大切なもの”が胸に響くストーリー。全ての災厄を宇宙規模で吹き飛ばす勢いでこの夏一番の注目作になるに違いない!『サイコ・ゴアマン』は7月30日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。

『サイコ・ゴアマン』”宇宙の声入り”宇宙告知映像

あらすじ

ある日、庭で遊んでいた勝ち気な少女ミミ(8歳)と兄ルーク(10歳)は、ひょんなことから地底に太古から埋められ、銀河で恐れられていた名前のない悪魔<残虐宇宙人>をよみがえらせてしまう。怒りと憎しみの感情しか持たず、計り知れない特殊能力を持った残虐宇宙人の復活により、地球は絶体絶命の危機に! しかし、光る謎の宝石をミミが手にしたとき、残虐宇宙人はミミに絶対服従せざるを得なくなる。暗黒の覇者でありながら1人の少女に逆らえない残虐宇宙人は、サイコ・ゴアマンと名付けられ、子どものいたずらに付き合うはめに。その頃、銀河系の怪人たちが残虐宇宙人の復活を察知、宇宙会議を開き、サイコ・ゴアマン抹殺のため地球に向かおうとしていた……。

キャスト

ニタ=ジョゼ・ハンナ
オーウェン・マイヤー
アダム・ブルックス
アレクシス・ハンシー
マシュー・ニネバー

監督・脚本

スティーヴン・コスタンスキ

製作総指揮:ジェシー・クリステンセン 
製作:スチュアート・F・アンドリューズ、シャノン・ハンマー、スティーヴン・コスタンスキ
撮影:アンドリュー・アペル 
編集:アンドリュー・アペル、スティーヴン・コスタンスキ 
音楽:ブリッツ//ベルリン

2020 年|カナダ映画|95分|スコープ|5.1ch|DCP
原題:PG(PSYCHO GOREMAN)
レイティング:PG12
提供:キングレコード
配給:アンプラグド
公式HP:pg-jp.com
© 2020 Crazy Ball Inc.

7月30日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開