イリヤ・クブシノブによる劇場版ティザービジュアルも公開!!
監督:神山健治 × 荒牧伸志によるコメントも到着!!

1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。

最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、制作はProduction I.G × SOLA DIGITAL ARTSによるアニメシリーズで、Netflixにおいて、2020年4月よりシーズン1全12話が全世界独占配信されており、その鮮烈なSFアクションと、時代を予見した先鋭的なドラマにより、新たなファンを獲得し続けています。

Netflixにてシーズン1が全世界独占配信中、続編となるシーズン2の制作が決定

この度、現在配信中となる本作のシーズン1を新たなシーンを加えて再構成した劇場版が、2021年に劇場公開されることを発表しました。

これに合わせ、本作のキャラクターデザインを手掛けるイリヤ・クブシノブの描き下ろしによる、電脳空間内で笑みを見せる全身義体のサイボーグである主人公・草薙素子の劇場版ティザービジュアルを公開するとともに、シーズン1にて監督を務める神山健治、荒牧伸志によるコメントも到着しました。

さらに、シーズン1を収録したBlu-ray BOXの発売も2021年11月26日(金)に決定しました。

シーズン1監督の神山健治、荒牧伸志からのコメント到着

神山健治(共同監督)コメント
今まで自分の作品の総集編は必ず自分で編集してきたが、今回初めて総集編を別のクリエーターに委ねてみた。他者の視点からSAC_2045がどう見えているのか知りたかったからだ。すでにシーズン1を視聴している人にも、別の解釈が見えてくるかもしれない。公開が待ち遠しい。

荒牧伸志(共同監督)コメント
昨年、シーズン1の配信が始まり、現在神山監督とシーズン2を鋭意製作中の荒牧です。このたび、シーズン1を劇場総集編として公開していただける運びとなり、喜んでおります。一体あのストーリーがどういう総集編になるのか?私も実はまだ知りません。(笑)楽しみにしてください。私も楽しみです!

監督

神山健治 × 荒牧伸志

原作

士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)

制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
製作:攻殻機動隊2045製作委員会
配給:バンダイナムコアーツ
©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

2021年劇場公開