丸山ゴンザレスら著名人コメント解禁!

これまで映画化されてこなかった知られざる史実を基に、ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画を描く衝撃のサスペンス『復讐者たち』(7/23(金)より全国公開)に著名人からコメントが到着しました。

ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画とは

1945年、敗戦直後のドイツ。ホロコーストを生き延びたユダヤ人マックス(アウグスト・ディール)は収容所で離ればなれになった妻子がナチスに殺された事実を知り、絶望のどん底に突き落とされた。復讐心を煮えたぎらせ、ナチス残党を密かに処刑しているユダヤ旅団と行動を共にすることになったマックスは、より過激な報復活動をしていたユダヤ人組織“ナカム”に参加したことで、“プランA”と呼ばれる計画が進行中であることを知る。それは、ドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画だった…。
復讐者たち,画像
テレンス・マリック監督作『名もなき生涯』(20)での名演技が記憶に新しい実力派俳優アウグスト・ディールが、埋めようのない喪失感と憎しみを内に秘めたマックスを渾身の演技で体現。さらに、気鋭監督自ら当時の生存者へ取材を敢行。“プランA”の真相と組織間の諜報戦、そして衝撃のクライマックスを驚くべき正確さで見事に作り上げた。ヒトラーやナチス・ドイツを扱った映画はこれまでにも数多く作られてきたが、本作は初めてホロコーストの被害者たちによる大規模な復讐計画を描き切っている。
復讐者たち,画像
監督・脚本を共同で務めたドロン・パズとヨアヴ・パズの兄弟「私たちは「プランA」をようやく映画化できた最初の世代として、最終的に復讐と破壊ではない人生を選んだ、勇気ある人々のストーリーを語れたことを心から光栄だと考えている。このテーマは今日の私たちの世界における社会的、政治的風潮に対してもなぞらえることができるはずだ。」とメッセージを寄せている。

著名人からのコメント解禁

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)
復讐する権利をどのように行使するのか。善悪で物事を見ると混乱する。
正義とは必ずしも絶対的な善ではない。
究極の選択をする前に想像力を巡らせなければならない。
本作は、内なる復讐心を想像力で抑え、建設的な未来につなげることは、
我々が誰でもできると教えてくれた。

ラサール石井(俳優・演出家)
俳優の極限まで痩せた迫真の演技や、美術・衣装・メイクも、まるでドキュメントのような臨場感。
しかし小難しい哲学作品ではない。映画的驚きに満ち満ちた極上のサスペンスだ!!

古舘寛治(俳優)
歴史を何度も掘り起こし、振り返ることをやめない人たちがいる。
歴史を修正したり軽んじる人たちがいるからだろうか。
我々は果たして歴史を忘れないでいるだろうか?

松尾貴史(タレント)
諸悪の根源「戦争」が生む復讐心という負の連鎖は人生の意味をさらに壊し続けるだけだ。
反語的に、平和を維持することによってのみ、戦争への「復讐」ができると気づかせてくれる。

佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)
歴史上もっとも巨大な「憎悪」だったホロコースト。
それでも、憎悪に憎悪で返すことは正義なのかという重いテーマがえぐられている。
劇中の「いい人生を送ることこそが復讐だ」という言葉が強く刺さった。

『復讐者たち』本予告編映像

キャスト

アウグスト・ディール(『名もなき生涯』『マルクス・エンゲルス』『イングロリアス・バスターズ』)
シルヴィア・フークス(『ブレードランナー2049』)

監督・脚本

ドロン・パズ
ヨアヴ・パズ

2020年/ドイツ、イスラエル/英語/110分/シネスコ/5.1ch
原題:PLAN A
日本語字幕:吉川美奈子
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
公式HP:fukushu0723.com
© 2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

7月23日(金)より
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネクイントほか全国公開!

復讐者たち,画像