ミニシアター、映画にまつわる特別対談

ミニシアター、映画好きのためのオンライン・コミュニティ「ミニシアタークラブ」では毎回様々なゲストをお迎えして映画、映画館にまつわる様々なお話をしていただいております。

今回のゲストは、俳優の渡辺真起子さん。俳優業とともに、2020年のコロナ禍発生時から、<俳優によるミニシアターの支援ユニット「ミニシアターパーク」>の中心として、井浦新さん、斎藤工さんらと活動されています。
ミニシアタークラブ

現在は、「ミニシアターパーク」で製作されたオリジナルTシャツを希望を受けた映画館に卸し、その売上げを映画館の収益としてもらい、映画館を支援するという活動を行なってます。

ユーロスペースの北條誠人支配人との対談では、そのミニシアターパークの活動から、映画、映画館、など様々な話題について語っていただきました。

命名に込めた想い

―― ミニシアターパーク設立について

渡辺「昨年、コロナが広がりはじめ、SAVEtheCINEMAやミニシアターエイド基金の活動が立ち上がる中で俳優として自分でも何かできないかと思っていた時に、井浦新さんから電話をいただきました。井浦さんも同じ想いをお持ちでした。すぐに斎藤工さんとも一緒に何ができるか模索が始まりました。俳優主体で何かできることがないかと。それからオンラインによるトークショー参加などをいろいろな方と一緒に実施し始めていきました。

北條「ミニシアターパークの<パーク>という命名の経緯は?」
渡辺「一般の方から公募させていただきながらも、パークという言葉がいいなと思ってました。公園のように誰でも気軽に来てもらって、そこで出会いがあったり学びのある場所をイメージしました。最近、名古屋のシネマスコーレさんのイベントに参加する機会がありまして調べていたら、スコーレを作られた若松孝二監督の想いも公園のような場所をイメージされていたと聞いて同じようなことを考えていた人がいたんだと思いました。」

―― ミニシアターパークオリジナルTシャツ・グッズによる映画館支援について

ミニシアタークラブ
渡辺「現在の映画館への支援活動の一つとしては、ミニシアターパークで得た資金からTシャツなどのグッズを制作して、販売を希望される劇場に納品させていただきその収益を劇場に納めていただく、という活動をしています。アイテムとしては、劇場でしか買えないマスクケースやマスク、ステッカー、Tシャツがあります。もちろんミニシアターパークのグッズ以外に全国の各劇場で販売されているオリジナルグッズもあると思いますので、そういった商品も購入いただくことも劇場の支援になりますのでぜひ。まるで商人のようですが(笑)」
北條「ユーロスペースでも2種類Tシャツ販売してます。SやMサイズがよく出ています。Mは売り切れました。」
渡辺「大きいサイズを可愛く着るのもアリかと思います。私は袖を落としてノースリーブにして着てたりします。カワイイですよ。」
(※受注生産になりますので品切れの場合は、時間がかかります。)
北條「デザインはどなたが?」
渡辺「井浦さんのお知り合いのデザイナーさんです。」

渡辺、「居場所」を映画館に見つけました

―― 4度目の緊急事態宣言について

北條「またか、、という気持ちです。あとは、どのような規制の依頼が来るのか。いつも本当に突然なので対応が非常に難しいです…。準備ができない。7月10日(土)から篠田正浩監督の『夜叉ヶ池』の4kリマスターの上映が始まるんですが、舞台挨拶で篠田正浩監督、坂東玉三郎さんが舞台挨拶でいらっしゃってその司会をするんですが、そちらで頭がいっぱいです。そうゆう毎日の事についての運営とジャッジがある中で大変です。」

―― 渡辺真起子、北條誠人、ユーロスペース

渡辺「私は、舞台挨拶は、ユーロスペースが一番多いかもしれません。」
北條「最初の作品は?」
渡辺「『M/OTHER』(99)です。カンヌ映画祭にも初めて参加できる機会をいただいて。帰ってきてから自分を保つためにお弁当屋さんのアルバイトを始めました(笑)。映画祭の熱気とそこにいる人たちにあてられて。。あと映画祭と日常生活の落差もあってそれを解消するために。」
北條「私も初めて参加した時は、ギラギラとした大勢の人たちに圧倒されてクラクラしました(笑)」
渡辺「あと、思い出深いのは『愛のむきだし』(09)のユーロスペース上映の時に、北條さんがすごく心配されてたんですが、公開されてお客様がすごく入って北條さんがパァ!と明るくなったのが印象的でした。」
北條「すごい作品でした。R18にもかかわらず多くの方が劇場に詰めかけました。」
渡辺「仕事じゃなくても、ふらっと、何かとユーロスペースに来ちゃいます。なんででしょう?(笑)」

―― ミニシアター、映画館への想い

渡辺「子供の頃から自分の居場所を見つけられずに生きてきて、社会との接点もみいだしにくかったんですが、映画館で映画を見るという「体験」が自分にとってマッチする事に気がつきました。他のお客さんと同じ映画を見る事を通じて世界や社会を知ったり考えたりする「居場所」を映画館に見つけました。自分の居場所だと今でも思ってます。それと同時に俳優としての私自身を見つけてもらえる大切な場所です。」
ミニシアタークラブ

ミニシアタークラブ

ミニシアタークラブ
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い変化を余儀なくされている映画業界において、全国のミニシアター文化の盛り上げを、映画を届ける側と観客の相互コミュニケーションによって推進するオンラインコミュニティとして設立された。月額継続支援型のクラウドファンディング・プラットフォーム「BASIC by MOTION GALLERY」から入会手続きを行い、承認後、限定Facebookページ内にて映画、映画館を通じて様々な発見や共有を楽しむコミュニティ。
公式HP:https://basic.motion-gallery.net/community/minitheater/