18 歳のオザンと 19 歳のラマザン、青春を生きる二人の物語

2021 年 5 月、入管の収容者に対する非人道的な行為や環境を問題視する世論の高まりを背景に、入管法改正案は事実上、廃案となった。しかし「難民条約」を批准しながら難民認定率が1%にも満たないという日本の現状に変わりはない。故郷での迫害を逃れ、小学生のころに日本へやってきたオザン(18 歳)とラマザン(19 歳)は、難民申請を続けるトルコ国籍のクルド人。

入管の収容を一旦解除される「仮放免許可書」を持つものの、立場は“非正規滞在者”だ。いつ収容されるか分からない不安を常に感じながら夢を抱き、将来を思い描く。しかし、住民票もなく、自由に移動することも、働くこともできない。また社会の無理解によって教育の機会からも遠ざけられている。


東京入管で事件が起きた。長期収容されていたラマザンの叔父メメット(38 歳)が極度の体調不良を訴えたが、入管は家族らが呼んだ救急車を2度にわたり拒否。彼が病院に搬送されたのは 30 時間後のことだった。在留資格を求める声に、ある入管職員が嘲笑混じりに吐き捨てた。“帰ればいいんだよ。他の国行ってよ”5 年以上の取材を経て描かれる二人の若者の青春と「日常」。
東京クルド,画像
そこから浮かび上がるのは、救いを求め懸命に生きようとする人びとに対するこの国の差別的な仕打ちだ。かれらの希望を奪っているのは誰か? 救えるのは誰か? 問われているのは、スクリーンを見つめる私たちだ。
東京クルド,画像

『東京クルド』劇場予告編映像


まだ若いオザンに入管職員は「他国へ行ってよ。帰ってよ」と平然と刃を突きつける。これが彼らの日常であり、入管対応の現実であることに怒りと絶望しかない。現在を生きる全ての日本人が観るべきドキュメンタリーだ。
望月衣塑子 「東京新聞」記者

帰ればいいんだよ。他の国行ってよ。入管職員が彼らに浴びせる言葉を聞きながら、僕はこの国に生まれたことが本当に恥ずかしい。苦しい。腹立たしい。観終えて思う。日本国民の半分が、いや 10 分の一が、いや 100 分の 1 でもいい、とにかくこの映画を観てオザンとラマザンの夢と希望を打ち砕く冷酷さを目撃したのなら、きっと気づくはずだ。入管職員は日本国籍を持つ自分たち自身でもあるのだと。
森達也 映画監督・作家

監督

日向史有

撮影:松村敏行 金沢裕司 鈴木克彦
編集:秦岳志
カラーグレーディング:織山臨太郎
サウンドデザイン:増子彰
MA:富永憲一
プロデューサー:牧哲雄 植山英美 本木敦子

製作:ドキュメンタリージャパン
2021 年|日本|103 分
協力:日本クルド文化協会
技術協力:104 co Ltd
クルド語翻訳:チョラク・ワッカス
助成:文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
配給:東風
公式HP:https://tokyokurds.jp/
(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

映画【東京クルド】予告編解禁+コメント到着!

7 月 10 日(土)より渋谷 シアター・イメージフォーラム、大阪・第七藝術劇場にて緊急公開決定!ほか全国順次公開