パーティサウンドとは異なるジャンルレスのバレリアックミュージック
小さな海小屋で伝説の DJ は今日も気ままに音楽を奏でる

台南生まれ新宿歌舞伎町育ちで、TV 局や広告代理店に勤めながらも日本社会での自らの立ち位置に窮屈さを感じていた映像作家リリー・リナエは、旅行中に出会った、物語と色彩に溢れる DJ ジョン・サ・トリンサの音楽に衝撃を受け、居ても立っても居られずイビサとジョンの懐に飛び込んだ。

ジョンの誠実で自由な生きざま、イビサの包み込むような風土、流れるバレアリックな音楽。20 代の貯金と日米のクラウドファンディングで集めたお金、そして 3 年間の月日をつぎ込みリナエ監督が全力で作り上げた初めての長編ドキュメンタリー。
イビサ島のDJを追ったドキュメンタリー『太陽と踊らせて』公開決定!

あらすじ

バレアリック・ミュージックとはイビザで生まれたどんな音楽ジャンルにも限定されないジャンルレスの DJ スタイル。スペインの東、地中海に浮かぶ世界遺産イビサ島は、世界一のパーティアイランド。夏場はヨーロッパの有名ナイトクラブが店を開け、世界中からスターDJ が集まる。しかし、イギリスから移住した DJ ジョン・サ・トリンサは、島の最南端サリナスビーチで 25 年間、パーティサウンドとは異なる音楽を紡いでいる。それが、ジャンルレスで物語にあふれたバレアリック・ミュージック。

あまりにも自由で垣根のない生き方をする彼の精神そのもの。映画は、そんな風のような伝説的おじさん DJ の生きざまを、島に息づく多彩な、しかし時代の波の中で変容もする文化とともに、息をのむような映像とバレリアックな音楽にのせて描き出す。

『太陽と踊らせて』予告編映像

プロフィール

ジョン・サ・トリンサ
太陽と踊らせて,画像
ホセ・パディーヤやアルフレッドなど世界に名を轟かせるクラブ DJ とは一線を画し、毎日一畳半ほどの海小屋から音楽を奏でるイビサのローカル DJ。アジア・アフリカ音楽好きにも愛されヨーロッパを中心に多くの熱狂的なファンをもつ伝説的な DJ アーティスト。1987 年ロンドンで DJ のキャリアをスタート、1994 年イビサ 島へ移住。 以来四半世紀、サリナスビーチにあるサ・トリンサというレストランに併設された小さなチリンギート(海小屋)で正午から夕日が落ちるまでの 8 時間あまり DJ をする。昼食と夕飯はレストランからウェイターが持ってきてくれ、お気に入りはバジルパスタ。サリナスビーチは世界各地からジョンの音楽を求めにやってくる人々で埋まり、ジョンは気ままに極上の時間を届けている。イビサの繁忙期である夏が終わると、世界中を旅しながら当地の海辺で DJ を続ける。

監督:リリー・リナエ
太陽と踊らせて,画像
1986 年台南生まれ新宿歌舞伎町育ち。大学でジャーナリズムを専攻後、テレビ局でディレクター兼キャスター。
後に大手広告代理店に転職、クリエイティブ・プロデューサーを務め、30 歳手前で単独渡米。独立後は NYブルックリンに映像プロダクションを設立。米国フジテレビでのオリジナルコンテンツや、ドキュメンタリー、広告映像まで制作に没頭。コロナ禍により 2020 年拠点を東京に戻し、NHK などの硬派な番組やロックバンドのドキュメンタリーを制作。本作は、2017 年にプロジェクトを開始し 3 年間をかけて完成させた長編映画初監督作。

監督

リリー・リナエ

公式HP:http://bornbalearic.movie.onlyhearts.co.jp/

2020 年/日本/カラー/1.90:1/71 分/5,1ch/英語・スペイン語・日本語・フランス語
字幕:リリー・リナエ
後援:スペイン大使館/インスティトゥト・セルバンテス東京/スペイン政府観光局
協賛:KEY pro/Image Studio 109
応援:AlphaTheta 株式会社/株式会社アンド・コスメ/bar bonobo/HAVANA CLUB/itoma CBD/PULPlism/Sea’ds mara/The Sunrise Shack Japan
配給:オンリー・ハーツ
© Pure in the Moon

公開日

2021 年 7 月 24 日(土)より新宿 K’s cinema、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
太陽と踊らせて,画像