沖縄史に埋もれた伝説のサンマ裁判
を描き出す
ノンストップドキュメンタリー

統治者アメリカを相手に人々が訴えたのは、「民主主義とは」なんだ?という単純な問いかけだった。
米軍の占領下にあった沖縄で、ひとりのおばぁが起こしたサンマの関税に関する裁判を入口に、自治権をかけて統治者アメリカに挑んだ沖縄の人々ドキュメンタリー。
市民と政府の民主主義を巡る闘いに迫ったのは沖縄テレビ。監督は『ちむぐりさ菜の花の沖縄日記』のプロデューサー、山里孫存。ナビゲーターは、うちな〜噺家志ぃさー、ナレーションを川平慈英が務める。

サンマ デモクラシー,画像

あらすじ・ストーリー

1963 年沖縄。祖国復帰を願う沖縄の人々が、日本の味として食べていたサンマ。サンマには輸入関税がかけられていたが、その根拠は琉球列島米国民政府の高等弁務官布令、物品税法を定めた高等弁務官布令十七号(1958 年公布)。だが、関税がかかると指定された魚の項目に、サンマの文字はなかった。そこで「関税がかかっているのはおかしい!」と、魚卸業の女将・玉城ウシが、琉球政府を相手に徴収された税金の還付訴訟を起こした。求めた額は、現代の貨幣換算でなんと 7000 万円。このウシおばぁが起こした“サンマ裁判”は、いつしか統治者アメリカを追い詰める、民主主義を巡る闘いとなった。
裁判を展開した人々の視線の先には、帝王と恐れられた 1961 年初めから 1964 年夏まで第 3 代高等弁務官を務めたポール・W・キャラウェイがいた。
キャラウェイ高等弁務官は、沖縄経済の改革に尽力したが、布令を何度も発令して民衆を縛り付け、本土復帰運動をも弾圧した施政を展開。沖縄のメディアはその猛威をキャラウェイ旋風と名付けた。
キャラウェイ高等弁務官に挑んだウシおばぁのサンマ裁判をきっかけに、その裁判を支えた弁護士であり、大きなことを言うことからラッパと呼ばれた政治家・下里恵良、“米軍(アメリカ)が最も恐れた政治家”・瀬長亀次郎らの行動をたどり、統治者アメリカ
と自治権をかけて闘った人々の姿を伝える。

サンマ デモクラシー,画像

主要人物

玉城ウシ
サンマ デモクラシー,画像

1899年(明治32年)沖縄一の漁師町・糸満に生れる。幼い頃から母に 仕込まれ、魚屋となる。那覇に進出した後も豪快な性格で商いを拡大 していき、ウシの冷凍サンマの輸入額は、当時の沖縄全体の輸入額の 15%を占めていたほどだった。1963年に琉球政府を相手取り 「サンマ裁判」を起こし、キャラウェイ高等弁務官と闘うことになっ た伝説の魚屋女将。1980年(昭和55年)4月12日没、享年80。

下里恵良
サンマ デモクラシー,画像

1911 年(明治 44 年)宮古島、城辺に生まれる。県立一中を経て、日 本大学法学科 を卒業した後、中央大学経済学部に再入学。就職は 蒙古政府という、波乱万丈の青春を送った。戦時中は陸軍省専任嘱託 奏任官としてシンガポール、スマトラを転戦。終戦後は沖縄に戻り、 1952 年から弁護士になり、その一方で政治家としても活動。口八丁 手八丁の弁護士であり、保守系の大物議員としても名をはせた。ビッ グマウスで有名だった下里恵良は、いつしか「下里ラッパ」と呼ばれ た。

瀬長亀次郎
サンマ デモクラシー,画像

沖縄人民党の結成に参加し、書記長、委員長を歴任。1954 年米軍 による沖縄人民党弾圧事件で懲役 2 年の刑で投獄される。出獄後 の 1956 年那覇市長選挙に当選するが翌年の米軍布令により追放、 その後も県民とともに闘いつづける。1970 年の国政参加選挙で衆 議院議員に当選(以後 1986 年衆院選まで 7 期連続当選)。1973 年日本共産党中央委員会幹部会副委員長。1990 年名誉幹部会員。 2001 年没。『沖縄からの報告』(岩波新書)、『民族の怒り』 『民族の未来』(新日本新書)など。

ポール・W・キャラウェイ
サンマ デモクラシー,画像

1961 年2月から 64 年7月まで、ポール・W・キャラウェイ中将の高 等弁務官在任中は、個性もあって最も強硬な直接統治が行われた。彼 は琉球にとって「自治は神話である」との〈自治神話論〉のスピーチ で知られた。金融機関や琉球農業協同組合連合会などの粛正に乗り出 し、経済人を震え上がらせたほか、琉球政府や立法院への圧力も強め、例えば立法院で可決された法案を次々に闇にほうむるなど、キャラウェイ旋風といわれた。

公式HP

www.sanmademocracy.com

キャスト

ナビゲーター/うちな〜噺家・志ぃさー
ナレーター/川平 慈英

監督

監督・プロデューサー/山里 孫存
1964 年、那覇市生まれ。琉球大学社会学科でマスコミを専攻。学生時代は、琉大映研で8ミリ映画製作に明け暮れた。1989年、沖縄テレビ入社。以後、バラエティーや音楽・情報番組などの企画・演出を手がけ、数多くの番組を制作する。沖縄アクターズスクールと共に制作した音楽番組「BOOMBOOM」は、県内だけでなく、全国各地で放送され話題となった。その後、報道部に異動。これを機に「沖縄戦」に関する取材を始め、戦後60年という節目をむかえた2005年には、米軍が撮影したフィルムの検証と調査を続け「むかし むかし この島で」を制作し多くの賞を受賞。2006年に制作したドキュメンタリー「戦争を笑え 命ぬ御祝事さびら!沖縄・伝説の芸人ブーテン」が、放送文化基金賞ドキュメンタリー番組賞・企画制作賞を受賞した。2010年にはドキュメンタリー「カントクは中学生」を手掛け「ギャラクシー賞・選奨」を受賞。2018年にはドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」を製作し、現在、全国で公開中の映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」でもプロデューサーを務めた。ディレクターとしての最新作は民教協SP「サンマ デモクラシー」。

作品情報

音楽 巻く音/Jujumo 撮影・編集 祝 三志郎
製作協力 公益財団法人 民間放送教育協会
製作 沖縄テレビ放送  配給 太秦
©沖縄テレビ放送
【2021/日本/DCP/カラー/99分】

7 月 17 日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開
7月3日(土)より沖縄・桜坂劇場にて先行公開!

サンマ デモクラシー,画像サンマ デモクラシー,画像