特集上映の面白さについて対談!!
「過去の作品と新しい観客との出会いの創出」

ミニシアター、映画好きのためのオンライン・コミュニティ「ミニシアタークラブ」では毎回様々なゲストをお迎えして映画、映画館にまつわる様々なお話をしていただいています。
今回のゲストは、現在、ユーロスペースで特集上映されている「篠田正浩監督生誕90年祭『夜叉ケ池』への道 モダニズム ポップアート そしてニッポン」を企画された松竹株式会社メディア事業本部の藤井宏美氏をゲストに迎え北條誠人支配人と対談を実施。
対談では、現在上映中の『夜叉ヶ池』の話から特集上映に対する考え方などトークしていただきました。

対談レポート

はじめに藤井さんの業務内容をお教えください。
藤井「松竹のメディア事業部という部署に所属しています。劇場公開後のパッケージ、配信、TV、海外などいわゆる2次利用と言われるものの権利窓口を扱う部署です。その中で私は知財事業室というところにいるのですが、松竹の過去の作品をいかに多くの人に見ていただくかを考えて企画、推進していく仕事をしています。」

特集上映開催までの経緯
藤井「篠田正浩監督と坂東玉三郎さんが登壇された初日舞台挨拶でもおっしゃってたんですが、昨年7月に、お二人が再会された時に、今の人たちにもう一度『夜叉ヶ池』を見てもらいたいですね、というお話になりその翌日には松竹に連絡をいただきました。『夜叉ヶ池』を多くの方に見ていただくには、現存のフィルムの状態やフィルム映写機がない劇場も多いことを考慮して4Kデジタルリマスター版を制作しようということになりました。デジタル化にあたってはいろんな方法があるんですが『夜叉ヶ池』ではフィルムの1コマ1コマを4Kでスキャンしリマスターしました。さらにそこから二次利用の素材も劇場上映用素材も作り、さらに篠田監督は海外でも非常に人気が高いので海外の映画祭でもかけられないか、など動き始めました。初日の舞台挨拶は北條さんに司会もしていただき本当に好評でした。」
北條「客層も幅広くて、盛況でした。」
※ユーロスペースでの『夜叉ヶ池 4Kデジタルリマスター』の上映は4Kデジタル上映マスター版をもとにした2K上映となります

リマスターについて
北條「リマスターされる作品の条件というか基準などは何かあるんでしょうか?」
藤井「リマスターは、公開当時(の上映プリント)の状況を復元することなので、監修についていただける方、例えば当時を知るキャメラマンの方などに立ち会っていただけるかどうか、ということも重要な要素です。例えば小津監督作品でも『東京物語』からやったんですが、当時撮影助手でつかれていた川又昂キャメラマンに見ていただきました。あと『青春残酷物語』や『砂の器』なども。」

特集上映の面白さ
北條「篠田監督が今年90歳ということで、そのお祝いになるような企画ができないか?とはじめにお話をいただきました。その時、篠田監督の作品本数は非常に多いのでどうセレクトしていこうか?ということが頭をよぎりました。(笑)結果的に企画コンセプトとしては落ち着いたのは『夜叉ヶ池』に至るまでの10本を篠田監督に選んでいただくということで、上映作品を決定しました。」
司会「ユーロスペースの特集上映のジャンルを見るとかなり幅広く、バラエティーに富んでいると思うんですが狙いはあるんでしょうか?今年ですとイスラーム映画祭、相米慎二監督特集、タルコフスキー特集など。」
北條「日本映画に関して言いますと、全ての世代に向けて満遍なく、というのを意識しております。」
藤井「私たちは過去の作品や監督、俳優に新しいお客さんが出会って欲しいと思っているので、いろんな年代の客層がいらっしゃるユーロスペースさんは本当にありがたいです。『夜叉ヶ池』は玉三郎さんのファンと特撮ファンという要素があるので、まずは北條さんにご相談しました。」

次の企画は?
北條「次は小津120周年ですか?」
藤井「そうですね、2022年頃から準備に入ります。「周年」の企画というのは企画を立てやすいんですが、それ以外の企画も考えていきたいです。例えば、今を生きている私たちに考えるきっかけを与えてくれるような作品や監督、人物に焦点をあてたような。」

ミニシアタークラブ
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い変化を余儀なくされている映画業界において、全国のミニシアター文化の盛り上げを、映画を届ける側と観客の相互コミュニケーションによって推進するオンラインコミュニティとして設立された。、映画に携わる様々な人たちによるリアルな現場の話題を提供し、ミニシアター支配人によるおすすめ作品トーク、ミニシアターの歴史講座、国内外映画祭事情・買付け、邦画製作秘話、配給宣伝、ポスターデザイントークなどを予定している。
HP:https://basic.motion-gallery.net/community/minitheater/

上映情報

「篠田正浩監督生誕90年祭『夜叉ケ池』への道 
モダニズム ポップアート そしてニッポン」

ミニシアタークラブ対談,画像
■上映劇場:ユーロスペース
■期間:7月30日(金)まで
■HP: http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000532
■トークショー情報
7月17日(土) 13:00『夜叉ヶ池』上映後
ゲスト:樋口真嗣さん(映画監督)、聞き手:樋口尚文さん(映画評論家/映画監督)
※オンライントークになる場合もございます。ご了承ください。

ブルーレイ情報
『夜叉ヶ池 4Kデジタルリマスター版』Blu-ray 好評発売中 
6,380円(税込)
発売・販売元:松竹
©1979/2021 松竹株式会社

ユーロスペース限定購入者特典
【海外向けポスタービジュアル特製ポストカード】
ミニシアタークラブ対談,画像

あらすじ

三国嶽のふもとの琴弾谷に、夜叉ヶ池の伝説の調査に来た学者の山沢(山﨑努)は、迷いこんだ池のほとりで、息を呑むほど美しい女性と出会う。 百合(坂東玉三郎)というその女性は、夫と二人で鐘楼守をしているという。 家に招かれた山沢は、かつての親友で、夜叉ヶ池の調査に出たまま帰らぬ晃(加藤剛)が百合の夫であることを知り驚愕する。 夜叉ヶ池には竜神が封じ込められていて、一日に三度鐘を撞かなければ竜神が再び暴れて洪水を引き起こし、村が流されてしまうため、鐘楼守をすることになったのだという。 しかし、ある出来事がきっかけとなり、平穏な日々が破られることになるのだった――。

キャスト

坂東玉三郎
加藤剛
山﨑努

監督

篠田正浩