好きなことで駆け回って
大切なことは遠くなった

人々の“生きづらさ”を描き続けてきた野本梢監督(のもとこずえ)、第 14 回田辺・弁慶映画祭“弁慶グランプリ”受賞作『愛のくだらない』が 8 月 27 日(金)より[田辺・弁慶映画祭セレクション 2021]にてテアトル新宿にて 1 週間限定公開、9 月 24 日(金)よりシネ・リーブル梅田にて3日間公開、他全国順次公開!

『愛のくだらない』予告編映像

新人監督の登竜門「田辺・弁慶映画祭」にて弁慶グランプリ・映画.com 賞 ダブル受賞!

『横道世之介』の沖田修一監督や『あのこは貴族』の岨手由貴子監督ら、これからの映画界を切り拓いていく才能を輩出する田辺・弁慶映画祭にて異例の弁慶グランプリと映画.com 賞をダブル受賞した期待作。
映画愛のくだらない,画像

炎上したら人生おしまいですか?

本作は”女性のキャリアと出産”という話では、ない。ひとりの 30 代の人間が、忙しさや意地の張り合いから、仕事でもプライベートでも失敗しながら成長する姿を描く。キャストでは、監督の処女作から共にする藤原麻希に加え、お笑いトリオ・ななめ 45°の岡安章介が、誰にも言えない秘密を抱えた恋人役を好演。「生きづらさ」を感じている人々を描き続けてきた新鋭・野本梢監督が、自身のリアルな体験を元に描いた渾身の一作である。

一度炎上したら「厄介者」のレッテルを貼られてしまう今、見るべき話題作。

映画愛のくだらない,画像

監督 野本梢(のもとこずえ) プロフィール

映画愛のくだらない,画像
山形生まれ埼玉育ち。 学習院大学文学部卒。 シナリオセンター、映画 24 区で脚本について学び、2012 年よりニューシネマワークショップにて映像制作について学ぶ。 人を羨み生きてきた為、奥歯を噛み締めて生きる人たちにスポットを当てながら短編映画を中心に制作を続けている。2020 年、初長編『透明花火』にて劇場デビュー。第 14 回 田辺・弁慶映画祭にて、『愛のくだらない』が弁慶グランプリと映画.com 賞を映画祭初の W 受賞。

「田辺・弁慶映画祭セレクション 2021」

日程:8 月 27 日〜9 月 16 日 テアトル新宿
9 月 24 日〜9 月 30 日 シネ・リーブル梅田
【上映作品】
『愛のくだらない』(監督:野本梢) ★弁慶グランプリ、映画.com 賞
『偽神』(監督:小川深彩) ★キネマイスター賞
『マイライフ、ママライフ』(監督:亀山睦実) ★観客賞
『親鳥よ、静かに泣け』(監督:三浦克巳) ★TBS ラジオ賞
『いる』(監督:礒部泰宏) ★俳優賞

あらすじ

誰かの恋人で 友達で 上司で 部下で
テレビ局で働く玉井景(藤原麻希)は、芸人を辞めてスーパーで働く彼氏のヨシ(岡安章介)と同棲している。体調不良で仕事をすぐ休み 、結婚に対してはっきりしない。そんな頼りないヨシを置いて景はついにある嘘を隠したまま家を出る。
番組制作に意気込む景だったが、出演をオファーしたトランスジェンダーの金井(村上由規乃)を取り巻くトラブル、やけに気になるヨシの存在…。と、多忙を極める中で次第に周囲と歯車が狂い始める。 そんな時、ヨシからある事実を告げられる。
映画愛のくだらない,画像

映画愛のくだらない,画像

映画愛のくだらない,画像

映画愛のくだらない,画像

映画愛のくだらない,画像

キャスト

藤原麻希/岡安章介(ななめ 45°) 村上由規乃/橋本紗也加/長尾卓磨/手島実優/根矢涼香

脚本・監督・編集

野本梢

(2020/日本/95 分)

配給:『愛のくだらない』製作チーム
©︎2020『愛のくだらない』製作チーム

公開日:
2021.8.27 (金)より[田辺・弁慶映画祭セレクション 2021]にてテアトル新宿にて 1 週間限定公開!
2021.9.24(金)よりシネ・リーブル梅田にて 3 日間限定公開!他全国順次公開!