これは、ゲームであっても遊びではない――

第15 回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(「電撃文庫」刊)。次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語は、2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、2021年現在、全世界での累計発行部数は2,600万部を超える大ヒットとなっている。そして、原作者・川原礫がアスナ視点で描く新たな《アインクラッド編》となる『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』は2021年10月30日(土)公開となります!

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア,画像

この度、本作の新規カットを追加した特報第3弾が解禁!新たな映像には“ゲームオーバー=現実での死”に繋がってしまうゲームの世界で、絶望に打ちひしがれて涙を流すアスナ、そんな彼女を抱きしめるミトの姿が描かれている。ともに現実世界へ帰るため、“絶望”へ打ち勝つために剣を取り、立ち向かうアスナたち。前回の特報には描かれていなかった、死への恐怖に苦しみながらも、世界に抗うキャラクターたちの姿が印象的な映像に仕上がっている。

合わせて、それぞれゲームの世界の衣装をまとい、凛々しく剣を握る姿が描かれたキャラクター別ビジュアルも公開!さらに7月10日(土)より全国の劇場にて第2弾ムビチケカードの発売中!そして“史上初”となるデジタル映画鑑賞券「ムビチケ」新機能サービス「ムビチケデジタルカード」がSAOで展開中となります!公開に向けて『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』にぜひご期待ください。

◆特報第3弾

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』予告編映像


◆キャラクター別ビジュアル

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア,画像

キリト

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア,画像

アスナ

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア,画像

ミト

◆第2弾ムビチケカード

発売日:7月10日(土)
価格(税込):1,500円購入特典:A4クリアファイル
▶数量限定
※特典は数に限りがございます。なくなり次第、ムビチケカードのみの販売となります。
※ムビチケカードは全国のムビチケ対応劇場でご使用いただける前売券です。

◆ムビチケオンライン

ムビチケデジタルカードとは、ムビチケ前売券(オンライン)またはムビチケ当日券でのご鑑賞後に、映画の絵柄と鑑賞記録を組み合わせたメモリアル画像を、鑑賞者全員にプレゼントするサービスです。
タイトル・映画館・鑑賞日・上映回・スクリーン・座席番号が記載された、あなただけの映画の思い出をお届けします。
【特設サイト】
https://mvtk.jp/campaign/sao-p/

◆「ソードアート・オンライン」シリーズ 劇伴楽曲のストリーミング配信中!

「ソードアート・オンライン」シリーズTVアニメ1期・2期・劇場版 オーディナル・スケールの劇伴楽曲が各ストリーミングサイトにて配信開始!
作曲家・梶浦由記による壮大な音楽を作品とともにぜひお楽しみください!
・ソードアート・オンライン ミュージックコレクション: https://anxmusic.lnk.to/Aac5YL1m
・劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- Original Soundtrack:https://anxmusic.lnk.to/5eHrypHq

【INTRODUCTION】

第15 回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(「電撃文庫」刊)。
次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語は、2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、2021年現在、全世界での累計発行部数は2,600万部を突破。TVアニメは2012年に第1期が放送され、現在までに4シリーズ(全97話※1)が放送されている他、ゲーム、コミカライズなど、幅広いメディアミックス展開がなされている。2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開。興行収入25億円を突破する大ヒットを記録した。
『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、《SAO》物語のすべての始まり、アインクラッド第一層からの軌跡を、深く掘り下げながら詳細に描く作者自身によるリブート・シリーズ。原作者・川原礫がアスナ視点で描く新たな《アインクラッド》編を、完全新作アニメーションで映画化。
これは、ゲームであっても遊びではない――。ゲームオーバーは現実の死に直結する。全ての原点であるデスゲーム『ソードアート・オンライン』が、劇場のスクリーンで新たに幕を開ける。
※1総集編および、「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」を除く。

あらすじ

これは、《閃光》と《黒の剣士》が、その名で呼ばれる前の物語――
あの日、 《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。
2022年11月6日、世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が始動した。
ところが、ログインの熱狂冷めやらぬプレイヤーたちが、突如ゲームマスターによってログアウトの手段を奪われ、ゲームの世界に閉じ込められてしまう。
ゲームマスターは告げた。
《これはゲームであっても遊びではない。》
ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。
それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。そのうちの一人であったアスナだが、彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。
死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。そして、《別れ》――。
《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった――。

キャスト

キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松遥
ミト:水瀬いのり

作品情報

原作・ストーリー原案:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:河野亜矢子
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
サブキャラクターデザイン:秋月 彩・石川智美・渡邊敬介
プロップデザイン:東島久志
美術監督:伊藤友沙
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:中野尚美
撮影監督:大島由貴
CGディレクター:織田健吾・中島 宏
2Dワークス:宮原洋平・関 香織
編集:廣瀬清志
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
プロデュース:EGG FIRM・ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO-P Project
■公式HP:https://sao-p.net/
■公式ツイッターアカウント:https://twitter.com/sao_anime
©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

2021年10月30日(土)公開!