シニカルな鋭い視点で日本政治の現在を映しだす
政治バラエティ映画が誕生!

世界が未曾有のコロナ禍に陥る中、国民の命と激動の時代の舵取りは、この男に託された。日本アカデミー賞作品「新聞記者」や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)「i-新聞記者ドキュメント-」で官邸政治の闇や、菅首相(当時官房長官)をウォッチしてきたスターサンズが、“今、一番日本人が知りたいこと”菅政権の正体に迫ったドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』が7月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開します。この度、映画本編でも取り上げられている日本の現状を示す世界ランキングなどのデータから、今、日本が置かれている状況を紐解きます。

たたき上げ?権力志向?勝負師?菅首相の素顔(スガオ)に迫る!

世間では、官房長官時代の「令和おじさん」や東京新聞記者・望月衣塑子氏との会見でのバトルが有名だが、政治家として彼がこれまでどのようなことを行い、何を考えているのかというのは意外に知られていない。安倍政権のナンバー2を長く務め、ついにトップの座に就いた菅義偉とはどんな人物なのか?彼の姿の向こうに、報道からは決して見えてこないニッポンの真実が浮かび上がってくる。果たして日本の将来はどうなっていくのか?

本作に登場するのは、自由民主党の石破茂や村上誠一郎、立憲民主党の江田憲司、日本共産党の小池晃といった現役の国会議員、経済産業省出身・古賀茂明、元文部科学事務次官・前川喜平ら元官僚、そして、菅首相をよく知るジャーナリストの森功、元朝日新聞記者・鮫島浩といった人たち。それぞれの立場から、菅義偉の人間像や菅政権の目指すもの、日本の現状とその危うい将来を語り尽くす。さらに、菅首相がこれまで国会で行なった答弁も徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に隠されているものを探っていく。ナレーターには俳優の古舘寛治を迎え、証言の合間には、日本の“変なところ”を風刺するブラックなアニメーションを挿入。ユニークな政治バラエティ映画として完成している。

世界ランキングでG7最下位 続出!日本の現状とは…?

映画本編でも提示されている世界ランキングでは、これまで先進国として世界を牽引しているという従来の日本のイメージが覆され、現実ではG7最下位の指標が増えていることが明らかになった。

具体的には、
平均賃金(年収)では、日本は約423万円でG7最下位。(2019年には韓国に抜かれている。)
・世界 幸福度ランキング2020年では、62位でG7最下位。
相対貧困率(2017年)では、6人に1人が貧困となり、G7でもアメリカに次ぐ2番目の貧困率の高さ。
男女平等ランキング 2021年では120位で、G7でダントツの最下位。(ちなみに韓国は102位、中国は107位。)
自殺死亡率は10万人あたりの自殺者数が18.5人となり、G7中、最も多かった。
将来への希望があるか?という問いには、「ある」と答えたのは日本では僅か61.6%に留まり、G7の他の国々が
80%、90%台なのに比べると異様に低い。
新型コロナPCR検査件数はG7中ダントツに低い。次に低かったドイツが71万8909人だったのに比べ、日本は11万3648人と、かなり差があることがわかる。
・G7の国政選挙 投票率は日本が52.7%しかなく、G7ではフランスに続いて低い投票率だった。

このように、以前は世界ランキングでも上位に位置していた日本がいつの間にか気が付けば、G7最下位の項目が増えている状況が明らかとなった。この現状を立て直すためにも政治の力が重要となってくる。そんな今こそ、現政権を描いた政治バラエティ映画を観て、今後の日本について考えるきっかけにしてみてはいかがだろうか?

映画『パンケーキを毒見する』は7月30日(金)より全国公開。

『パンケーキを毒見する』予告動画

企画・製作・エグゼクティブプロデューサー

河村光庸

監督

内山雄人

音楽:三浦良明 大山純(ストレイテナー) 
アニメーション:べんぴねこ 
ナレーター:古舘寛治

制作:テレビマンユニオン
配給:スターサンズ
配給協力:KADOKAWA
公式HP:https://www.pancake-movie.com
©2021『パンケーキを毒見する』製作委員会

7月30日(金)より
新宿ピカデリー他、全国順次公開

パンケーキを毒見する,画像